花粉症は薬じゃなくて食べ物で解消!花粉症に良い食べ物、良くない食べ物!


branches-93717_1280
花粉症は、花粉が原因でおこるアレルギー反応なんです。

具体的には、身体が、花粉を異物が入ってきたと思って、身体はヒスタミンなどの化学伝達物質を放出します。これらの物質が、くしゃみ・鼻水・鼻づまり、目のかゆみなどの症状(異常反応)を引き起こすのです。

この異常反応を抑える薬として、市販薬にアレグラとかアレジオンとかの抗ヒスタミン薬(ヒスタミンを抑える薬ということ)なんてものもありますよね。

実は、ヒスタミンを抑えるのは薬だけなくて、ヒスタミンを抑える食品なんてものもあるんです。

特殊な食べ物じゃなくて、実は、誰もが食べている普通の食べ物なんです。そんな食べ物をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

花粉症に良い食べ物とは?

花粉症に良い食べ物とは、花粉症の原因である花粉による過剰なアレルギー反応を抑えてくれる。つまり、ヒスタミンの放出を抑えてくれる食べ物なんです。そんな食べ物をご紹介しますね。

・玉ねぎ
onion-bulbs-84722_1280
玉ねぎには、抗酸化作用をもつポリフェノールのフラボノイド系フラボノールに分類される成分の「ケルセチン」を多く含む食べ物なんです。
ケルセチンは、非常に高いヒスタミン抑制によって、ヨーロッパでは抗ヒスタミン剤として医薬品認定されているくらいヒスタミン抑制によいようです。

・生姜
ginger-1388002_1280
生姜には、独特の辛味成分があると思うのですが、あの辛味成分は「ショウガオール」と呼ばれる抗酸化物質で、ヒスタミンの生成を抑える効果があるといわれています。

・梅干し
pickled-plum-410338_1280
動物実験でヒスタミン抑制率を調べたところによると、アレグラやアレジオンといった抗ヒスタミン薬が87.9%で、梅肉エキスが57.3%ということで、副作用が心配な薬に比べると効果は劣りますが、花粉症の原因であるヒスタミンを抑制する一定の効果が期待できる

・大根おろし
radish-1887049_1280
ヒスタミンは代謝酵素によって分解されるんですが、大根おろしはこの代謝酵素のかわりとなってくれるんです。魚や肉に「大根おろし」をつけるのは、ヒスタミンが多い食品の代謝酵素となって、過剰なヒスタミン摂取を抑えているんです。
ただ、ジアスターゼは熱に弱いんで、大根は生のおろしで摂取することが必要です。

・ヨーグルト
yogurt-2035323_1280
ヨーグルトは、腸内細菌を変化させると体内の環境がアレルギーを抑えるようになると考えられています。しかし、ヨーグルトを毎日食べるブルガリアの人でもアレルギーの病気はありますので、花粉症を完全に治すことは難しいかもしれませんし、実際の効果の程度は不明なんです。
ただ、最近の研究によると特殊な乳酸菌は、免疫をつかさどる細胞に働きかけ、抗アレルギー作用を引き出してくれることがいくつもの研究から明らかにされていて、ヨーグルトなどの乳酸菌を含む食品で、一定の効果があるとの実証実験結果があります。
また、花粉症などのアレルギーは免疫バランスのくずれによって発症するんですが、ヒトの免疫システムには、司令塔の役目をするTh1(主として感染に働くT細胞)とTh2(主としてアレルギーに働くT細胞)、Treg(主として免疫調節に働くT細胞)が関わっているといわれています。これらのT細胞はお互いにバランスをとりながら免疫をコントロールしているんですが、環境や生活習慣によって、Th2が過剰になったり、Tregが弱まったりすると、免疫バランスがくずれ、アレルギーの症状が発症するんです。
それなので、この3つのT細胞のバランスを整え、正常な状態に整えてあげれば、アレルギーは発症しないとの考え方もあるんです。
Th2細胞が強く働くとIgE抗体が多量に生成されてしまいアレルギー反応を起こしてしまうんです。
それなので、Th1細胞を優位な状態にすることによって、免疫機能がバランスよく働き、アレルギー反応が起きないようになる。
乳酸菌は、このTh1細胞を優位にする働きが確認されていて、T細胞のバランスが保たれると考えられているんです。

スポンサードリンク

花粉症に良くない食べ物とは?

花粉症は、ヒスタミンが異常に放出されて起こっている症状です。実は、食品の中には、ヒスタミンを含む食べ物があるんです。

ヒスタミンを食べ物でとってしまうと身体のヒスタミン量が過剰になってしまって、花粉症はさらにひどくなってしまうということが容易に想像できますよね。

そんな花粉症を悪化させてしまうであろうヒスタミンを多く含む食べ物をご紹介しますね。花粉症の時期は、これから紹介する食品の摂取を控えるということも花粉症を悪化させないひとつの方法でもあります。

それでは、ヒスタミンを多く含む食材をご紹介します。

・チョコレート
chocolate-567234_1280
スギの花粉症の方は、バレンタインのチョコレートはほどほどにしておかないとひどくなってしまいますね。

・コーヒー
coffee-563797_1280
私はついつい仕事の合間に飲んでしまうんですが、ほどほどにしないといけないですね。

・いわし
sardines-1576207_1280
いわしだけでなくて、あじ・さんま・さばといった青魚もヒスタミンを多く含んでいるんですね。

・えび
skewers-1284558_1280
えびだけじゃなくて、同じ甲殻類のカニのヒスタミンが多いんです。

・バナナ
bananas-652497_1280
小腹が減ったときのお供ですけど、これもダメなんです。

まとめ

花粉症には薬で対処するのが手っ取り早くて、効果もあるんでしょうけど、薬も飲み過ぎると効果がだんだん薄れてきてしまいますよね。

食事を改善すれば、根本的な原因の改善にもなりますし、食べ物をコントロールして花粉症を改善した方が体への負担も少ないですよね。

抗ヒスタミンを含む食材を多く取り入れて、ヒスタミンを含む食材を抑えるっていう方法も花粉症の症状改善のひとつの方法として検討されてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする