二人目も女の子のときにひな人形を買う?こんなプレゼントはどうですか?


japan-616246_640
子供の身代わりとして災いを引き受けるひな人形は、姉妹でも1人に1つずつ用意したいものですが、二つのひな人形を飾るスペースありますか?飾れても、しまっておくところないじゃないですか?

我が家の子供は、娘ふたりなんですが、二人目にもひな人形を用意してあげた方がよいか迷い、いろいろと調べた結果、二人目には、市松人形を選ぶ人が多いらしいです。

でも、子供が大きくなったときに、「お姉ちゃんはひな人形なのに、なんで私は市松人形なの?」ってきっと妹はいうだろうと思い、ほかによいプレゼントはないか夫婦で悩みました。

そんな悩んだ結果、私たち夫婦が選んだ娘たちへの桃の節句のプレゼントはこちらです。

  

スポンサーリンク

二人目も女の子ならひな人形は姉妹のもの!

二人目も女の子のとき、初節句を迎える妹のひな人形ってどうすればいいのってなりますよね。

本当は、ひとりひとりにひな人形はあった方がいいのはわかっている、でも、ふたつのひな人形をかざるスペースもないし、しまっておくところない。

そんな状況だったら、無理して、妹の分といって、もう一つひな人形を用意しなくてもよいのではないと私たち夫婦は考えました。

時代が変われば、文化も変わる。

だから、ひな人形は、姉のものではなく、二人の物と考えればいいんじゃないないかって思ったんです。

でも、今まで、お姉ちゃんのものだったのに、妹ちゃんが産まれて、
「ひな人形は、これからは、二人の物だよ」って、お姉ちゃんに言ったら、
お姉ちゃんはきっと嬉しくないと思うんです。

そんなお姉ちゃんも納得させて、ひな人形を二人のモノって思ってもらうために、お姉ちゃんと妹ちゃんにこんなプレゼントを贈ってはどうかって考えました。

お姉ちゃんにもひな人形にかざる旗をプレゼント

これは、私たち夫婦が実際に、二人目の娘の初節句の時に、二人の目の娘と一緒にお姉ちゃんの分も用意したプレゼントの2つの「旗」がこれです。

「旗」には、名前と生年月日が入ります。

お姉ちゃんが自分で漢字で書かれた名前を読めなくても、親がここに、「〇〇ちゃんの名前と生まれた日が書かれているんだよ」って教えてあげれば、自分のために、プレゼントをもらえたということは理解できますよね。

もう一つ注文した旗には、二人目の妹の名前が書いてある。
お姉ちゃんには、「こっちの旗には〇〇ちゃんの名前が書いてあるんだよ」って、妹の名前が書いてあるってことを教えてあげるんです。

この二つの旗をひな人形に添えて飾るんです。これで、いつの間にか、ひな人形は二人の物っていう感じになると思いますよ。

お姉ちゃんは自分にもプレゼントがあるんで、なんの疑いもなく、喜びますよね。

お姉ちゃんは嫌な思いもなく、「ひな人形は、二人のモノだからね」っていうことを受け入れてくれると思いますよ。

一人だけにプレゼントだったら、お姉ちゃん・妹が大きくなった時に不公平感を感じるようになると思いますが、二人へのプレゼントだし、ひな人形を二人の物と思わせるプレゼントなので、
姉にとっても、妹にとっても不公平感はないのではないでしょうか。

スポンサーリンク

初節句にはつるしびなもいいですよ

とはいっても、やっぱりお雛様を贈りたい!って思う方がいるかもしれないので、そんな方へのおススメなものとしては、「つるしびな」をなんてとはどうですか。

親王飾りや段飾りのひな人形にように場所もとりませんが、ひな人形と同じように、お子さんの災いをよけて元気に育っていくようにという思いが込められています。

私たち夫婦も「つるしびな」もいいな~って思っていろいろと検索してみましたよ。

まとめ

お姉ちゃんと妹ちゃんへの旗のプレゼントで、ひな人形はすんなり二人のモノって、お子さんにも思ってもえると思いますよ。

つるしびなっていう選択肢もありだと思いますよ。

おじいちゃんおばあちゃんの二人目のお孫さんの初節句のプレゼントとしてもいいんじゃないですかね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする