バーベキューの肉ってどのぐらいの量準備したらいいの?安くて柔らかいお肉の調達方法をご紹介!

meat-1440105_640
会社の有志でのバーベキューで、お肉準備担当を任されてしまった。

どのぐらいお肉を準備すればよいのか迷いますよね。

限られた予算の中で、お肉・野菜・飲み物などを準備するので、余ってしまってはもったいない。

だからといって、少なすぎてもよくはないですよね。

ほどよい量って難しい。目安が知りたいところだと思います。

それに、予算的に高いお肉は準備できない。安いお肉なので、硬いかも、、、

お肉準備担当としては、安くてもやわらかいいいお肉を準備したい!
ほどよい量をお手頃価格で美味しいお肉を準備する方法をご案内いたします。

スポンサードリンク
  

バーベキューの肉はどのぐらいの量準備したらいいの?

お肉を量はどうしたらよいのかって悩むところだと思うんです。

あんまり多く肉を用意して、余ってしまったらもったいない。

だからといって、あんまり少ない肉の量ではさびしいですよね。

どのぐらいを目安にすればよいと思いますか。

大人男子:300g 大人女子:200g 子供:100g

で準備しておけばよっぽど食べる方がいない限りは大丈夫です。

お肉だけでなく、野菜の準備もあるし、
ソーセージや焼きそばなども一緒に準備しておけば、十分に足りる量です。

一人あたりだと量はそんなに多くないですが、会社の有志10人で、その家族も含めてバーベキューをやったとしましょう。
男性10人だけで、お肉は3キロ。奥さん、お子さんも合わせると5キロ以上のお肉が必要になります。

ちょっといいお肉ですと、100g300円~400円はします。
そうすると、お肉代だけで、15000円~20000円はしてしまいます。

予算が限られている中で、15000円~20000円はかなりの負担ですよね。

これが、例えば、100g200円だと、10000円で済むことになりますよね。

安いからどうしてもお肉のクオリティは下がると思うのですが、クオリティをできる限り下げずに、品質を一定以上に保った上でお肉を安い価格で調達できる方法を次にご紹介しますね。

バーベキューの肉を安く手に入れる方法は?

いいお肉を安く調達する方法を2つほど、ご紹介いたします。

いいお肉を安く調達する方法1

お近くに「コストコ」があれば、ぜひコストコでのお肉の購入をおすすめします。

100gで300円以上するお肉もコストコであれば、100g200円台で牛肉を準備できます。
それに、私がおススメするお肉として、プルコギの味付けお肉があります。

プルコギの味付けのお肉は、100g150円~170円ぐらいで販売していて、
これは、安くて美味しいです。

いいお肉を安く調達する方法2

「ニュークイック」などのお肉専門店で購入するという方法があります。
スーパーで購入するよりも比較的お安く手に入りますし、また、量り売りなので、好きな量だけ買えるので、無駄がなくてよいです。

でも、コストコやお肉専門店がお近くにない場合もあり、あと、時間がなくて、買いにいく暇がない。
近くのスーパーの安いお肉でも美味しく食べれる方法があったらいいとおもいませんか?
ちょっとひと手間で、実は安いお肉でも美味しくできるんです。

スポンサードリンク

バーベキューで安いお肉でも柔らかく食べる方法

ひと手間っていっても、本当は、ひと手間じゃなくて、結構面倒なんでしょって?って思うかもしませんが、ここで紹介する作業は本当に、一瞬のひと手間です。

ある食材とジップロックか厚手のビール袋を用意するだけ。

パイナップルやキウイを用意して一緒に付け込みますといったように、食材を準備して、それを包丁で切ってといったような手間のかかる方法ではなく、単にできる方法のみ紹介します!!!

しかも、お近くのコンビニでも調達できる食材ばかりです。

1、牛乳

ジップロックにお肉を入れます。そして、牛乳を入れて2時間ぐらいにお肉をつけておけばよいだけ。

牛乳には、肉の繊維をやわかくしてくれる効果あるため、つけておくだけで効果があります。

但し、つけておく時間が、2時間ぐらいは必要です。

そのため、ある程度、事前に仕込んでおく必要があります。

2、ヨーグルト

ヨーグルトも牛乳と同じように、ジップロックにお肉を入れ、そして、ヨーグルトを加えて、袋の上からちょっとモミモミして、ヨーグルトをなじませてあげれば大丈夫です。

このヨーグルトについても、漬け置き時間として、2時間ぐらいは必要となるので、牛乳と同じように事前に仕込みをしておく必要があります。

3、調味オイル

これは、牛乳・ヨーグルトと比べるとちょっと手間がかかるかもしれません。
ただ、お肉をジューシーにするという意味では、牛乳やヨーグルトよりもよい方法です。

それは、肉をたたき、、「調味オイル」※に漬けこむと焼いたときにオイルが肉汁を逃さないよう膜になります。安いお肉でもびっくりするぐらい柔らかくてジューシーなお肉ができあがります。

調味料を工夫すると焼肉のタレなども要らないくらい美味しくできますよ。よかったら、試してみてください。

※調味オイル

オイル・・・ お好みで(サラダ油・オリーブオイル・ごま油など)
調味料… こちらもお好みで(塩・こしょう・ハーブ・ニンニクなど)

これを適量まぜて ジッパーバックなどに入れてお肉を漬けこみます。

4、炭酸(ビール、コーラ、炭酸水)

これが、一番、手間のかからない方法です。しかも、本当に時間がない人向けの方法です。
なぜなら、漬け込み時間は、10分程度で大丈夫だからです。

炭酸なので、事前に準備しておかなくとも、バーベキュー会場に向かう途中のコンビニで購入できますよね。

それでは、具体的な、仕込みの方法ですが、これは、本当に簡単です。

ジップロックにお肉と炭酸飲料を一緒にいれて、10分程度つけたら、終わりです。

ちなみに炭酸については、あけたてのものでなくても大丈夫なので、飲み残しのビールなどでも大丈夫です。

ビールなどのアルコールが苦手な方やコーラの味が残ってしまうのではないと心配な方は、炭酸水でお肉を漬けるのをおすすめします。

まとめ

一人あたりの準備するお肉の量はほどほどだと思いますが、5人、10人と人数が揃うと結構な量のお肉を準備しなくてはいけないですよね。

限らた予算の中でおいしいお肉を準備する方法として、コストコやニュークイックといったお安くお肉を調達できる場所があればよいですが、お近くにこういったお店がない方がおおいのでは?

安いお肉でもご紹介した方法で美味しく柔らかく食べることができますので、ぜひ、試してみてください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする