入学祝いのお返しはいらないって本当?お返しした方がよい場合ってあるの?

a1130_000205
お子さんが幼稚園、小学校、、、節目節目の入園、入学のタイミングでおじいちゃん、おばあちゃんや親せきの方から入学祝いを頂くことがあると思うんです。
入学お祝いについては、「お返しをしなくてもいい」って聞いたことないでしょうか?
例えば、結婚式でお祝い(ご祝儀)を頂いたら、お返し(引き出物)をするのが普通でよね。
じゃあ、なんで入学祝いについてはお返し不要なんてことが言われるんでしょうか?本当に不要なの?って疑問に感じるはずですよね。
そんな疑問にズバッとお応えしますね!

スポンサードリンク
  

入学祝いのお返しがいらないって本当?

なにかお祝いを頂いたらお返しするのって、普通だと思うんです。
でも、入学祝いについては、基本的には、お返ししなくていいです。

これって、なんでだと思いますか?

入学祝いって、子供がもらうお祝いですよね。収入がない子供からお祝いのお返しをもらうことはできないですよね。だから、お返ししなくてもいいんです。
じゃあ、なんにも、返さなくてもいいんだ~って思ってしまいますが、それは違いますよ~!

だって、お祝いにお返しの品を用意しなくてもいいけど、頂いたお祝いにお礼を伝えるっていうお返しは、収入がない子供でもできますよね。なにか、もらったら、「ありがとうございます」って子供に言おうねって「しつけ」していますよね。

だから、頂いたお祝いにお礼の品を返すことはないです。でも、お礼をちゃんとする必要あります!

おじいちゃん、おばあちゃんからお祝いの品をもらったのであれば、
1、会いにいける環境なら、必ず、会いに行ってお礼をいいましょう!
2、おじいちゃん、おばあちゃんが遠方にお住いの方であれば、電話してお礼を伝えましょう!

プラス、私の家では、こんなことをしてお祝いのお返しをしました。
それは、入学式の写真をはがきに印刷して、そこに、子供にお礼を書かせておじいちゃん、おばあちゃん宛に送ってあげました。
おじいちゃん、おばあちゃんは、お返しの品をもらうより、孫からの手紙をもらった方がうれしいはずですよ!うちのおじいちゃん、おばあちゃんはとっても喜んでいました。

入学祝いのお返しをする場合ってどんな時?

入学祝いをくれるのって、おじいちゃん・おばあちゃんや近しい親戚だけじゃないことってあると思うんです。
私の家の場合、妻の小さいころからお世話になっている方からお祝いを頂きました。
いくら、入学祝いについて、お返しが不要だといっても身内や近しい親戚以外から頂いたお祝いに対して、まったくお返しをしないというのは、親として、失礼にあたるのではないかと考えますよね。
じゃあ、お返ししなくてはってなると思うのですが、どのぐらいの相場の品を返せばいいんだろうって悩むところだと思うんです。

日ごろお世話になっているんだから、頂いたものと同じぐらいの値段の品を返した方がいいのかも?いや、高ければ、高いほどいいんじゃないかな~?と考える方もいるかもしれませんが、頂いたお祝いと同額、それ以上の金額のものを返すのはかえって失礼なんです。
なぜかといいますと、頂いたお祝い以上のものを返すということは、頂いたお礼をそっくりそのままお返しします。ということを意味してしまうからです。
つまりは、お祝いを頂きましたが、そのお祝いはいりませんでした!ということと同じ意味になってしまうのです。

じゃあ、どのぐらいの相場のものをお返しすればよいの?となるのですが、
明確なラインはないのですが、頂いたお祝いの3分の1~半分の間でお返しの品を選ぶのが一般的ですね。

スポンサードリンク

入学祝いのお返しにはどんなのしをつけるの?

お返ししようとなると、お返しの品につける「のし」ってどうすればいいんだろうってなりますよね。
入学祝いについては、蝶結びの「のし」に『入学祝い』が書かれたのしがついていますよね。

それと同じように、お返しの品についてもちゃんと「のし」をつけなくちゃいけないんです。

じゃあ、どんな「のし」をつければいいかといいますと、
蝶結びの「のし」で上に『入学内祝い』下に『こどもの名前』を書いた「のし」をつけてあげれば大丈夫です。

入学祝いのお返しにはどんな品物がよい?

「のし」はわかったけど、入学祝いのお返しって、どんなものを贈ればよいか悩むところだと思うんです。
一番、一般的なのは、お菓子を用意して、お返しの品とすることが多いです。

だけど、高額なお祝いを頂いてしまった時、お菓子だけでは足りないなと思うこともあるはずです。
そんな悩みにお応えするのが、「カタログギフト」です。
「カタログギフト」だとあまり大したことないんじゃないかという印象を受けると思いますが、まったく、そんなことはなくて、お菓子などのお返しの品だけでなくて、体験ギフト(東京湾クルージングなど)やレストランでの食事など、もらった側が楽しめる範囲が広がっていて、もらった人が本当に喜べるものを選べるという意味で、お返しには最適な品じゃないかと思いますよ!

まとめ

入学祝いのお返しについては、基本的に、お返しの品を準備する必要はありません。ですが、頂いたお祝いにお子さんからお祝いを送ってくれた方にお礼の気持ちを伝えることは必須です。
身内や近しい親戚でない方からお祝いを頂いたような時は、やっぱりお返しの品は用意した方がよいです。お菓子などをご準備すれば無難だと思います。お祝いが高額だった場合には、頂いたお祝いの値段に応じて選択肢の幅が広いカタログギフトを検討されてもよいと思いますよ!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする