ひな祭りには白酒と甘酒のどっちなの?違いは?子供は飲んでいい?

japan-616246_640
ひな祭りには白酒を飲みますか?それとも、甘酒を飲みますか?
もしくは、それって、同じもので、時期によって呼び方が違うだけでしょ?って思う方もいるのではないかと思います。
ひな祭りって、どっちを準備すればいいんでしょうか?白酒と甘酒って何が違うの?酒って名前がつくぐらいだから子供は飲んじゃダメなんだよね~?
そんな疑問への回答をご説明できればと思います。

スポンサードリンク
  

ひな祭りには白酒と甘酒のどっちを用意するの?

ひな祭りって、「桃の節句」といいますよね。
この「桃の節句」の起源は、平安時代の京の貴族階級の子女が、天皇の御所を模した御殿や飾り付けで遊んで健康と厄除けを願った「上巳(じょうし)の節句」が始まりなんです。それが、やがて武家社会でも行われるようになり、江戸時代には、庶民の人形遊びと結び付けられて、ひな祭りとなったんです。
節分などの季節の変わり目やひな祭りなどの節句の行事では、「お清め」や「おはらい」の意味で、お酒を飲む習慣があるんです。初詣に神社に行くとお神酒がふるまわれることからも、お酒には、「お清め」「おはらい」といった意味があるのはうかがえますよね。
ひな祭りの3月3日には、古来、中国では桃の花に清酒を浸した「桃花酒(とうかしゅ)」を飲む風習があって、それが由来となって、江戸時代にひな祭りで甘酒ではなく「白酒」を飲む風習が広まったんです。
この白酒を飲む風習が広まったのは、現在での東京都千代田区にある「豊島屋(としまや)」が元祖で販売を開始し、江戸時代には、「山なれば富士、白酒なれば豊島屋」と詠われる人気だったそうです。

白酒と甘酒の違いは?

白酒と甘酒って同じものなんじゃない?って思われている方の方が多いと思います。
見た目だけだとそっくりな白酒と甘酒なんですが、実は、かなり違うものなんです。
根本的な違いとして、
白酒=お酒
甘酒=清涼飲料
なんです。
これについて、具体的に、違いをご説明しますね。
白酒は、みりんや焼酎などに、蒸したもち米や麹を仕込んで、数週間後に臼で引きおろしたものなんです。白く粘りと甘みがある点は甘酒と似ているんですが、アルコール分は約9%、糖質は約45%含まれており、酒税法ではリキュール類に分類されるお酒なんです。
一方、甘酒は酒粕をお湯に溶かして砂糖やしょうがのしぼり汁などを加えたもの・米麹をご飯などに混ぜて保温し、コメのでんぷんを糖化させたものなどで、酒粕を利用したものは少量のアルコール分は含むもののアルコール分は1%未満の清涼飲料なんです。

スポンサードリンク

白酒と甘酒を子供に飲ませてもいいの?

白酒と甘酒の違いでご説明したように、白酒はお酒です。
それなので、お子さんに白酒を飲ませてはダメです!!!
お父さん、お母さん注意してくださいね。
でも、逆に、甘酒は清涼飲料なので、お子さんが飲んでもまったく問題ありません。
ただし、甘酒は、酒粕をベースに作るものと米と米麹をベースに作るものがあり、酒粕をベースにしているものは少量のアルコール分は含まれているし、砂糖もいっぱい入っているので、その点がご心配な方は、米と米麹をベースとした甘酒を白酒の代わりにお子さんに与えてあげるとよいと思います。
また、同じ白い飲みなので、カルピスは、白酒の色に似た白い「カルピス」でカンパイしたら子供たちが喜んでくれるとアイデアから、50年以上わたって幼稚園・保育園に「カルピス」をプレゼントしています。

(カルピスホームページ)
http://www.calpis.info/peace/hinamatsuri/present/

まとめ

ひな祭りには甘酒ではなく、白酒を準備するんです。でも、白酒はお酒なので、いくら子供のためのひな祭りといってもお子さんに白酒を飲ませてはダメですよ。
同じ白い飲み物の「カルピス」でカンパイなんてはいいじゃないでしょうか。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする