春のお彼岸はぼたもちとおはぎのどっちを供えるの?なにが違うの?

red-beans-587592_640
お彼岸になると仏壇があるおうちでは、もち米やうるち米をすりこ木でつぶして丸めたものに、あんこをつけたものをお供えしますよね。

春のお彼岸にも、秋のお彼岸にも同じようなものをお供えしていると思うんですが、この食べ物の呼び名、わかりますか?おはぎですか?それとも、ぼたもちですか?

意外とわかっているようでちゃんと区別できていないものではないでしょうか。

春のお彼岸には、「おはぎ」と「ぼたもち」のどっちを供えるの?「おはぎ」と「ぼたもち」の違いってなに?お彼岸の時に、仏壇に「おはぎ」or「ぼたもち」を供える理由をご説明できればと思います。

スポンサードリンク
  

春のお彼岸にはぼたもちとおはぎのどっちを供えるの?

ぼたもちは、牡丹の季節、春のお彼岸に食べるものの事で、あずきの粒をその季節に咲く牡丹に見立てたものなのです。一方、おはぎは、萩の季節、秋のお彼岸に食べるものの事で、あずきの粒をその季節に咲く萩にに見立てたものなのです。

だから、春のお彼岸には、「ぼたもち」をお供えしているんです。

ですが、最近では年中「おはぎ」という名称として販売されることを多いんです。

そのため、春のお彼岸も「おはぎ」と勘違いすること多くなってしまっている。

余談なんですが、ことわざで「努力もしないで、思いもよらない幸運が舞い込んでくること」って、棚から「おはぎ」とは言わないで、棚から「ぼたもち」っていいますよね。同じたべものなのに不思議ですよね。

「棚からぼたもち」のことわざなんですが、こんなできごとがあってできたそうです。それは、棚の下に口をあけて寝転がっている男がいたそうです。それを見た人が、その男に向かって、「なんでそんなところで口を開けているんだ?」と聞いたところ、その寝転がっている男は、「棚からぼたもちが落ちてくるのを待っているんだ!」と答えたんだそうです。まっていたのが、「おはぎ」だったら、「棚からおはぎ」になっていたかもしれないですね。

ぼたもちとおはぎは時期によって呼び名が違うだけ?

季節によって呼び名が違うという説のほかに、ぼたもちとおはぎの呼び名が決まったのは諸説あります。

そんな諸説をご紹介いたします。

食べる時期の違い

春はぼたもち、秋はおはぎ。だとすると、夏と冬にはぼたもちorおはぎってなんて呼べばいいの?

最近は、1年中、おはぎが一般的ですが、夏と冬に呼び方があるんです。

ぼたもちとかおはぎとかのおもちは、普通、お餅がうすと杵でぺったんぺったんやりながら作るのに対して、すりこ木でつぶして餅状にするのが普通。

すりこ木でつぶしてお餅を作るので、隣の住人にはお餅をついたかどうかわからない。

夏は、「つき知らず」が「着き知らず」と転じて、夜は暗くて船が着いたのが分からないことから、夏のぼたもちを「夜船(よふね)」というんです。

スポンサードリンク

冬は、「つき知らず」が「月知らず」と転じて、月を知らない→月が見えないは北側の窓ということから、冬のおはぎを「北窓(きたまど)」というんです。

このような形で、言葉遊びで、ぼたもちorおはぎの夏と冬の呼び名が決まっていたんですが、今では一般的でなくなってしまっています。

おもちの原料の違い

ぼたもちやおはぎはお餅と違って、もち米だけで作られていないことがほとんどです。もち米にうるち米をまぜて作ります。

そのため、もち米を主とするものが「ぼたもち」、うるち米を主とするものが「おはぎ」という地域もあります。

餡の違い

ぼたもちやおはぎって、こし餡のイメージですか?それとも、つぶ餡のイメージですか?私は、つぶ餡のイメージなんですが、最近、スーパーではどちらのタイプも売っていますよね。

この餡の違いで、ぼたもちとおはぎを分けている地域もあるようです。

こし餡を使ったものが「ぼたもち」、つぶ餡を使ったものが「おはぎ」という地域と地方によっては、逆のところもあります。

なかのお米の状況の違い

餅の状態になるまでついたものを「ぼたもち」、つぶが残った状態(半殺し)までしかついていないもの「おはぎ」といった形で分けている地域もあります。

ぼたもちやおはぎをお供えする理由は?

春のお彼岸には牡丹の花が咲くころ、秋のお彼岸には萩の花が咲くころなんで、ぼたもち、おはぎが区別されるはわかったけど、それをなんで仏壇に供えるのかって意外と知られていないと思うんです。

そもそも、お彼岸の時期に、ぼたもちやおはぎを食べるようになったのは江戸時代なんです。

あずきの赤い色には、災難よけの効果があると古くから信じられてきて、悪い気を払う食べ物としての信仰が、先祖の供養と結びついたんです。

また、「暑さも寒さも彼岸まで」と言われるように、春のお彼岸の時期には、ちょうど農作業が始まる時期あたりなんです。、秋の彼岸の時期には、ちょうど農作業が終わる時期=収穫の時期あたりなんです。そのため、春のお彼岸の時期に収穫をもたらす神、山の神を迎えるためぼたもちを、秋のお彼岸の時期には収穫を感謝しておはぎを作ったとも言われているんです。

ちなみに、
春のお彼岸は、春分の日(3月20日)を中日(ちゅうにち:真ん中の日)として、その前後3日間の1週間をいいます(3月17日~3月23日)
秋のお彼岸は、秋分の日(9月23日)を中日(ちゅうにち:真ん中の日)として、その前後3日間の1週間をいいます(9月20日~9月26日)

まとめ

地域によって多少の差はあるかもしれませんが、「ぼたもち」も「おはぎ」も同じものなんです。でも、春のお彼岸は、牡丹から「ぼたもち」、秋のお彼岸は、萩から「おはぎ」といった季節を現した表現の違いなんです。

ぜひ、春のお彼岸には、「ぼたもち」、秋のお彼岸には、「おはぎ」を仏壇に供えて先祖の供養をしてください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする