北海道スキーツアーの早朝フライトの飛行機にお得に乗る方法をご紹介!

plane-50893_640
北海道スキーなど飛行機でスキー・スノーボードに格安ツアーで行こうとするとどうしても出発が早い飛行機になることって多いと思うんです。

そんな早朝フライトの飛行機にお得に乗る方法をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

早朝フライトでも間に合う方法

新幹線やバスツアーであれば出発時間のぎりぎりまでに、集合場所まで間に合えばいいですが、飛行機だと30分~1時間前までには空港に到着しておかないといけないですよね。

特に格安ツアーだと、羽田空港からのフライトが7時とか6時とかの時間に設定されていることも多く、5時~6時に羽田空港に到着しておくってほとんど無理ですよね。

結果として、空港近くのホテルをとって移動したり、家からタクシーで移動してみたりとせっかく格安ツアーだったはずが、宿泊代や移動代で割高になってしまったという経験の方って多いと思うんです。

おすすめの方法1-近くにファミレスを利用する

これは私が羽田空港6時発のフライトの飛行機に間に合わせるためにとった方法です。

6時発の飛行機ということは、5時半前には羽田空港の出発カウンターに到着していないといけないということです。

羽田空港近くに住んでいたら、なんとか電車で間に合う時間だと思うんです。でも、そんな羽田空港の近くの駅にお住いの方ってほとんどいないですよね。むしろ、少数派だと思うんです。

大多数の方は、羽田空港に5時半に着くのは難しいです。

ここで私は発想の転換をしまして、羽田空港近くには住んでいないけど、羽田空港近くで朝まで過ごすことができたら、5時半に羽田空港に行くってこともできるのではないかと思ったんです。

そこで、ひらめいた方法が、羽田空港近くのファミレスで朝まで過ごす方法です。

どうせ、朝早くのフライトのために羽田空港に向かうためには深夜に目を覚まして行動しなてくはいけないだから、眠気との戦いはありますが、朝までスキーに一緒に行く友人とファミレスで楽しく過ごしてしまえばよいとひらめいたのです。

終電で羽田空港近くまで移動して、始発近くまで友達と話しながら過ごせば過ごせない時間ではないと思います。4時間くらいですからね。
色々と羽田空港周辺のファミレスで検索してみて、私がいいな~っと思ったのはここです。

(デニーズ大森中店)

なんでいいかと思ったのかといいますと、まずは、羽田空港から近いこと。羽田空港から近いということは、仮に、始発電車で間に合わなくとも金額的にタクシーを利用していいかな~って思えるところ。スキーの板・スノーボードやウェア・着替えなどを入れておくバックなど手荷物がいっぱいあるのに、いくら空港から近くとも、駅からの移動距離が長いところはいやですよね。

そんな条件を満たしてくれるファミレスはここです。

おすすめの方法2-フライト時間を変更する

ある程度お金がかかってもツアーを申し込む段階で、追加料金がかかってもフライト時間を変更することをおすすめします。

スポンサードリンク

おすすめの方法1の空港近くのファミレスで過ごす方法はスキーツアー代も含めた費用をお安くすますことができます。ですが、朝まで寝ないという体力は必要です。

そのため、やっぱり睡眠を確保してから、スキーツアーに行きたいと思う人は、自宅から電車やバスで羽田空港に到着できる時間帯でフライト時間を指定した方がよいです。

これは追加料金を取られるケースがほとんどだと思いますが、無理して、6時とか7時のフライトに合わせてタクシーやホテルを利用するよりは安上がりですからね。

おすすめの方法3-JAL系やANA系の旅行会社のツアーを利用する

他のツアー会社さんのツアーよりも若干お高めのケースが多いです。

ですが、ツアー会社が航空会社系ですと、優先的にいいフライトを追加料金なしで選べるケースが多いです。

それに、フライトを追加料金なしで選べるだけでなく、それ以外の特典(昼食が無料になるなど)も盛りだくさんなので、航空会社系のツアーが若干お高めでもよいかもしれませんね。

まとめ

北海道スキーツアーでは、同じツアーでもツアー会社によって値段が大きく違うことがあるんです。その違いって、普段、飛行機があまり利用されない時間のフライトだと航空券代が相対的に安くなる。結果として、スキーツアー価格に差がでてくるということなんです。

そのため、ツアーを安いと思った時は、フライト時間も意識してみてください。意識しないと余計なコスト(ホテル代、タクシー代など)がかかる可能性があります。

でも、眠いのをガマンできる方は、私がおすすめしたファミレスで時間をつぶすという方法で早朝のフライトの飛行機に対処してみてはどうでしょうかね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする