くきのうみ花火の祭典2019の穴場3選!日程・時間・駐車場情報は?


引用:https://www.city.kitakyushu.lg.jp/

1986年にスタートした「くきのうみ花火の祭典」は今年で34回目を迎える歴史ある花火大会です。

洞海湾に浮かぶ台船から打ち上げられる迫力ある尺玉や音楽花火、長さ260mのナイアガラなど魅力的な花火プログラムが盛りだくさんです。

例年、多くの方で賑わう人気ある花火大会なんです。

そんなくきのうみ花火の祭典の内容、2019年の日程・時間、見どころ、穴場、チケット情報、駐車場情報などをご紹介いたします。

スポンサーリンク

くきのうみ花火の祭典の日程・時間・概要

くきのうみ花火の祭典の日程は以下の通り開催されます。

【日程】2019年7月20日(土)
※荒天時は中止となります。

【時間】花火打ち上げの時間-20:00~20:40

【場所】
〒808-0034 福岡県北九州市若松区本町1丁目11−21

【有料席】
設定なし

【アクセス】
JR福北ゆたか線若松駅から徒歩3分、JR鹿児島本線戸畑駅から徒歩5分

くきのうみ花火の祭典の見どころ

1、迫力ある花火を堪能

花火の打ち上げ時間はわずか40分ですが、その40分間で4000発もの花火を楽しむことができます。

海上から打ち上げですので、市街地にもかかわらず、尺玉の花火を堪能できます。

2、壮大なナイアガラの滝

若戸大橋に仕掛けられる名物花火のナイアガラの滝。

260mのナイアガラの滝は迫力満点です。

3、音楽のコラボ花火

全国各地で人気の音楽花火。

くきのうみ花火の祭典では、ジャズの”生”演奏に合わせて花火が打ち上げられます。

ムーディーな花火を楽しめますよ♪

くきのうみ花火の祭典の穴場はこちら

若戸渡船に乗りながら花火の楽しむのもいいですが、のんびりと夜景と一緒に花火を堪能できるスポットもあります。

そんな穴場スポットをご紹介しますね。

無料穴場1:高塔山公園

会場から近くて迫力ある花火堪能できると思います。

北九州の夜景と一緒に楽しむ花火はいいですよね~

スポンサーリンク

住所:〒808-0053 福岡県北九州市若松区修多羅802−9

無料穴場2:火野葦平文学碑付近の広場

先ほどご紹介した高塔山公園の敷地内ではあるのですが、駐車場からちょっと離れているということもあって、穴場の夜景スポット&花火鑑賞スポットです。

住所:〒808-0053 福岡県北九州市若松区修多羅

無料穴場3:南二島4丁目

工場夜景のスポットにもなっている南二島4丁目。

福北ゆたか線「奥洞海駅」から徒歩でも行ける距離ですし、会場からはちょっと離れていますので、ゆったりと花火鑑賞できると思いますよ。

住所:〒808-0109 福岡県北九州市若松区南二島4丁目

くきのうみ花火の祭典の駐車場情報

くきのうみ花火の祭典では、専用の駐車場が用意されていません。

とはいえ、混雑する電車よりものんびり車で移動したいですね。

そんな方のために、周辺の駐車場をご紹介します。

なお、花火大会打ち上げ会場付近は、18時ぐらいから交通規制がありますので、現地には早めに到着されておく方がよいですね。

交通規制の詳細情報はこちらからご覧ください。

くきのうみ花火の祭典の会場付近の駐車場

1、タイムズ若松本町3丁目

駐車台数:41台

営業時間:24時間

駐車料金:
8:00~20:00 30分 100円
20:00~8:00 60分 100円
(24時間最大料金400円)

住所:福岡県北九州市若松区本町3-5

2、タイムズ若松中川通り

駐車台数:8台

営業時間:24時間

駐車料金:
0:00~24:00 60分 200円
(24時間最大料金500円)

住所:〒808-0025 福岡県北九州市若松区中川町1−10

3、タイムズイオン戸畑ショッピングセンター

駐車台数:1943台

営業時間:24時間営業

駐車料金:
最初の60分は無料、以降60分毎 100円
(24時間最大料金400円)

住所:福岡県北九州市戸畑区汐井町2

くきのうみ花火の祭典のまとめ

わずか40分の花火大会に、例年30万人以上の来場者のある人気のある花火大会なんです。

洞海湾の台船から打ち上げられる迫力ある花火、若戸大橋のナイアガラの滝、生のジャズ演奏とコラボする音楽花火など見どころ盛りだくさんです。

ご紹介した穴場情報などを参考に花火大会を楽しんできてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする