佐原の大祭夏祭り2019の日程・時間・見どころ・交通規制の情報をご紹介!


約300年の歴史のある関東三大山車祭りの一つとされる「佐原の大祭」(残り2つは『石岡のお祭』と『川越祭』)。
(石岡のおまつりの情報はこちら)
石岡のおまつり2018の日程・時間・見どころ・周辺ホテル情報をご紹介!
(川越まつりの情報はこちら)
川越まつり2018の日程・時間・見どころ・交通規制の情報をご紹介!

この佐原の大祭は、夏祭りの「八坂神社祇園祭」と秋祭りの「諏訪神社秋祭り」の2つの祭りの総称をいうんです。

このうち、夏に開催される「八坂神社祇園祭」は、佐原市街地の分断するように流れる小野川の東側の地域(本宿地区)の例祭なんです。

10台の山車が曳き廻され、あちこちで勇壮にして華やかな曲曳き「のの字廻し」などが披露されます。

せっかく佐原に行くのですから、まつりの見どころなどを知っていれば佐原の大祭夏祭りを堪能できますよね。

そんな方のために、佐原の大祭夏祭りの見どころを中心に、内容、2019年の日程・時間、交通規制の情報などをご紹介いたします。

[佐原の大祭秋祭り]

スポンサーリンク

佐原の大祭夏祭り2019の日程・時間・概要

【日程】
2019年7月12日(金)~7月14日(日)
※例年、7月10日以降の金曜・土曜・日曜日の3日間で開催されます。

【場所】
八坂神社 他

【各日の行事】
7月12日(金)
10:00~   山車乱曳き(山車10台) 【各町内】
随時     「のの字廻し」     【山村会館前交差点等】
随時     佐原囃子と手踊りの披露 【お祭りステージ広場・随所】

7月13日(土)
10:00~   山車乱曳き(山車10台) 【各町内】
17:00頃   山車10台整列完了    【寺宿通り】
18:00~   提灯へ灯入れ・各町総踊り【各山車前】
18:20~   通し砂切~「のの字廻し」【山村会館前交差点】
随時     佐原囃子と手踊りの披露 【お祭りステージ広場・随所】

7月14日(日)
10:00~   山車乱曳き(山車10台) 【各町内】
11:00~   お神輿の神幸      【八坂神社~各町内】
随時     「のの字廻し」     【山村会館前交差点等】
随時     佐原囃子と手踊りの披露 【お祭りステージ広場・随所】

詳細なお祭り案内はこちらをご覧ください
佐原の大祭夏祭り案内マップ

【駐車場】

佐原駅北駐車場

駐車台数:220台

営業時間:24時間

駐車料金:
1日1回300円

住所:〒287-0003 千葉県香取市佐原イ224-1

スポンサーリンク

交通規制もありますので、佐原駅北側の駐車場がおすすめです。

交通規制-詳細はこちらをご覧ください
佐原の大祭夏祭り案内マップ

★その他の臨時駐車場もあります。臨時駐車場の詳細な場所はこちらをご覧ください
佐原の大祭夏祭り案内マップ

佐原の大祭の見どころ

2016年11月に「山・鉾・屋台行事(佐原の山車行事含む)」がユネスコ無形文化遺産に登録されました。

佐原の山車行事は、佐原の市街地を南北に流れる小野川を境に、東岸を本宿、西岸を新宿と総称します。

佐原の山車行事は、それぞれの鎮守祭礼の「つけ祭り」として行われてきた行事で、本宿では7月中旬に八坂神社の祇園祭、新宿では10月中旬に諏訪神社の大祭が行われます。

各町内が大人形などで飾りつけた豪華な山車を、佐原囃子の調べにのせて、勇壮に、時には厳かに曳き廻します。現在は本宿では10台の山車が、新宿では14台の山車が曳き廻されています。

佐原の山車の大きな特徴の一つに、身の丈5メートル近くある大人形が山車の最上部に飾り付けられている点があります。

これらの人形は、江戸時代後期から昭和初期にかけて、江戸、東京で活躍した名工、鼠屋福田万吉、原舟月、安本亀八、大柴護豊などの人形師たちによって制作されたものです。

現在では、このような大首人形をつくれる職人はいないと言われ、貴重な文化遺産となっています。

このように「佐原の大祭」というと大人形が注目されがちですが、山車彫刻のすばらしさも「佐原の大祭」の見どころの一つです。

佐原の山車の周囲には欅(けやき)材で制作された関東彫りの重厚で豪華な彫刻が飾り付けられています。

制作は、後藤、石川、立川などの江戸の名工といわれた彫刻師により手掛けられ、構図は一般的な龍や花鳥、獅子だけでなく、日本神話や軍記物、伝承もの、中国の故事など様々なものがあり、登場する人物は表情豊かで躍動的に彫られているという特徴があるんです。

佐原の大祭夏祭りの交通規制

祭り期間中は、「佐原の大祭夏祭り」が開催されている小野川東側の新宿地区だけでなく、小野川西側の新宿地区の一部も交通規制が実施されます。

交通規制の詳細はこちらをご覧ください。
佐原の大祭夏祭り案内マップ

佐原の大祭秋祭りの穴場情報

佐原の大祭秋祭りは、3日間の開催期間で累計35万人ぐらいの来場者で賑わう人気のお祭りです。

混雑必至のお祭りですので、のんびりと山車見物を堪能できないかもしれません。

せっかく、佐原に行くのですから、「山車見物」を楽しみたいですよね。

そんな方のために、佐原の山車見物の穴場スポットをご紹介致します。

水郷佐原山車会館

7月の夏祭り、10月の秋祭りに行われる祭礼を華麗に彩る24台の山車のうち、2台が交替で展示されています。

【開館時間】
・通年    9:00~16:30
・夏祭り期間 9:00~20:30

【休館日】
月曜日(国民の祝日は開館)、年末年始

【入館料】
大人 400円、小・中学生 200円(15名以上の団体は50円引き)

まとめ

佐原の大祭は、7月の夏祭り、10月の秋祭りと年2回開催されていますが、夏祭りと秋祭りで見学できる山車の種類が異なります。。

また、2016年11月にはユネスコ世界遺産に登録された「山・鉾・屋台行事」のひとつの佐原の大祭は注目のお祭りだと思いますよ。

夏の佐原の大祭をぜひご堪能ください。

(佐原の秋祭りの情報はこちら)
佐原の大祭秋祭り2018の日程・時間・見どころ・交通規制の情報をご紹介!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする