子供に教えたい!節分の鬼の由来って?なんで夜に鬼はくるの?鬼は外?

お子さんから節分には、豆まきをして鬼を退治するんでしょ?あの鬼さんってなんでくるの?鬼って誰なの?いつくるの?豆まきのときに「鬼は外、福は内」っていうのはなんで?って鬼のことを聞かれても、
「えっと、全身、赤い色をしていて、、、こわい顔で、、、角があって、、、虎柄のパンツをはいていて、、、」って、鬼のイメージはわかると思いますけど、なんで退治しているのかちゃんと理解できていますか?
これこれ、こういった理由で豆まきをして鬼退治しているってお子さんに説明できたらいいな~って思いませんか。
お子さんにちゃんとなんで節分で鬼を退治しているか、「鬼は外、福は内」っていいながら豆をまいているのかっていうのを説明できるように、ここで、節分にくる鬼はなんで夜にくるのかっていうの含めた鬼の由来、豆まきをするとに「鬼は外、福は内」っていうのをここで学んでみましょう!
(節分の由来についてはこちら)
子供に教えたい!節分の由来って?なんで節分に豆まきするの?

スポンサードリンク
  

子供に教えたい!節分にくる鬼の由来

日本に古くからある色々な文化や言葉って、中国に由来する文化や言葉って多いです。日本にある漢字はまさに、中国の言葉に由来するものですよね。
「鬼(おに)」という言葉についても、中国の「陰(おん)」という言葉に由来します。
日本で、「陰」というと、一般的に「いん」という呼び方をしています。
1、日のあたらないところ。かげ。
2、かくれたところ。
との意味合いで使われ方をすると思いますが、中国の「陰(おん)」という言葉の意味は、目に見えない気、特に悪い気である邪気のことをさしています。
これが、変化して、「おん」が「おに」となりました。
また、隠れているこわいものとして「隠人(おんにん)」という言葉あって、これが変化したという説もあり、災害、病、飢饉といった、人間の力ではどうにもならない災いすべての出来事が、鬼のしわざと考えられていました。
「鬼(おに)って、苦しいとか、つらいとかって、思うよなことをする悪いやつ」ってことなんです。

スポンサードリンク

子供に教えたい!節分に鬼がくる時間はなんで夜?

じゃあ、その鬼(おに)ってどこから、いつやってくるんでしょうか?
鬼は「鬼門(きもん)」と呼ばれる北東の方位からやってくるとされているんです。
旧暦では、十二支が使われていまして、北東は、十二支の「丑」と「寅」の中間に位置することから、「丑寅(うしとら)」と呼ばれていました。
この「丑寅(うしとら)」と呼ばれる鬼門から鬼はやってくるので、鬼は、ウシの角とトラのきばを持ち、トラの皮でできたパンツや服を着ている生き物とイメージされているんです。余談ですが、鬼門は昔から忌み嫌われていたので、北東にあたる鬼門に、平安京の都では、比叡山延暦寺が建てられ、江戸では、上野寛永寺が建てられたんです。
また、昔々は、時間も十二支で表現されていました。丑は「1時~3時」、寅は「3時~5時」までの時間をさしているんです。そうすると、丑寅は、丑と寅の間の3時ということで、まさに、真夜中ですよね。その方位から、鬼(おに)はやってくると考えられていたために、鬼は夜にやってくるものとなっているんです。
「鬼(おに)って、みんなが活動しなくなった夜にやってきて、悪さをしていくんですね。しっかり、夜に家族で豆まきをして鬼退治しないとダメ」ってことなんです。
setubun01_b_01

子供に教えたい!節分に鬼は外 福は内っていう理由

鬼(おに)って、「夜にやってくるみんなが嫌がる悪さをするやつ」ってお伝えしてきたと思うのですが、こんな考え方もあるんですよ!それは、人の心に住んでいる悪い気持ちのこと。
お友達よりも自分の方がよく見られたい、お友達のおもちゃがほしいから横取りしちゃう、お友達にいじわるをしてしまう、パパやママから言われたことはやりたくないから守らないといった心、怒ったりや、欲張ったり、わるいことをしてしまう心をさしているという考え方もあるんですよ!
そんな悪い心を外に出すために、「鬼は外」と言いい、明日の立春から始まる1年間を病気などの災いにならずに、無事に過ごせることを願って、「福は内」というんです。
「鬼(おに)って、見えない何かじゃなくて、本当は自分の悪い心なんじゃないでしょうか。そんな悪い心を外に出すから、鬼は外。明日からは、いい1年になるために福は内」っていう、自分へのいましめでもあるんです。

まとめ

鬼(おに)って、目に見えない悪いものをいうんですよ。それは、病気だったり、災害だったりするんですよ。そんな鬼は、みんなから気が付かれないように、夜にこっそりやってきて、悪さをしていくものっていわれているんです。でも、鬼って、本当は、みんなの心の中に住んでいる、「怒ったり、欲張ったり、悪いことをしてしまう心」のことなんじゃないでしょうか。そんな悪い心を追い出すために、「鬼は外」っていって豆をまいているんです。そして、明日から始まる1年間をよい年になるように「福は内」といって豆まきをしているんですよ。
こんな感じにお子さんに説明できたら、理解してもらえるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする