医療費控除の対象となる医薬品に漢方薬は含まれるの?市販薬は?


医療費控除の対象となる医療費には、病院での診察・治療費のほかに、医薬品の購入費用も含まれるんです。

病院で処方される医薬品については、基本的に、この医療費に含まれる医薬品です。

じゃあ、西洋のお薬ではなく、東洋医学の漢方薬は医療費控除の対象となる医療費に含まれるの?

病院で処方されるお薬ではなく、マツキヨなどの薬局で売って市販薬は医療費控除の対象となる医療費に含まれるの?

医療費控除の対象となる医薬品をまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

漢方薬は医療費控除の対象となる医療費に含まれるの?

医薬品の購入費用で医療費控除の対象となるものは、治療又は療養に必要なものであることが必要って決まっています。

漢方薬については、治療又は療養のために効能があるほか、疾病の予防や健康の増進にも効能があるものもあるんですが、『疾病の予防や健康の増進』のための漢方薬ですと、医療費控除の対象となる医薬品にはならないんです。

その漢方薬が医薬品であることに加えて、その費用が治療又は療養に必要なものであることが必要っていうことが重要なんです。

治療や療養に必要なものの線引きって難しいですよね。

この線引きが明確にできる方っているのでしょうか?

いますよね!!!

お医者さんです。

つまり、お医者さんが処方した漢方薬は、治療又は療養に必要であるっていうことは明確ですから、処方箋で処方された漢方薬は医療費控除の対象となる医療品となります。

逆に、市販の漢方薬については、それが治療又は療養に必要であるっていうことを確認することは難しいと思いますので、医療費控除の対象となる医療品として考えることは難しいと思います。

薬局で売っている市販薬は医療費控除の対象となる医療品に含まれるの?

いわゆる医薬品といわれるものであっても、疾病の予防又は健康増進のために供される医薬品については、医療費控除の対象となる医薬品から除外されます。

スポンサーリンク

例えば、『乗り物の酔い止め薬』は乗り物酔いによる吐き気などを防止するために服用する医薬品で、治療や療養のための服用するものではないですよね。

漢方薬と同様に、その費用が治療又は療養に必要なものであることが必要とされているんです。

ですが、市販薬は漢方薬と異なり、その効果効能が確認せれ、治療又は療養のために開発されているため、市販薬は先ほど示した『乗り物の酔い止め薬』など予防薬を除き、基本的に、医療費控除の対象となる医薬品に該当します。

例えば、薬局で売っている「ニキビ薬」は、ニキビに塗ることによって、その症状が改善される治療薬ですよね。

そのため、「ニキビ薬」購入のための費用は、医療費控除の対象となる医療費の額に含まれることになるんです。

その他医薬品としてわかりにくいもの

10月~12月ぐらいになるとインフルエンザの本格的流行に向けて、インフルエンザの予防接種をする人って多いと思うんです。

インフルエンザの予防する、もしくは、症状が軽減される効果を期待して接種するインフルエンザの予防接種は、『治療・療養のための医薬品』ではありません。

そのため、インフルエンザの予防接種代金は医療費控除の対象外となります。

また、医師から処方されるものであっても、医療費控除の対象とならないものがありまして、その典型的なものが「近視や乱視等のメガネ購入のための検眼費用・処方箋費用など」です。

ただ、弱視や斜視の治療のための処方されるメガネの検眼費用や処方箋費用は、治療のためにかかる費用であるため、これらは、医療費控除の対象となる費用となるんです。

つまり、そもそも、治療や療養のための費用でないと医療費控除の対象となると医療費とはなりませんし、医療品として必要であって医師が処方したとしても、治療のためでない場合は医療費控除の対象となる医療費とはならないんです。

医療費控除の対象となる医療品のまとめ

医療費控除の対象となる医療品に該当するかどうかは、

1、医薬品として効果・効能がある
2、治療や療養に必要なものである

っていうことが満たされていることが必要になります。

漢方薬であったとしても、薬局で処方箋なく買える市販薬であったとしても、両方の要件が満たされる場合には、医療費控除の対象となる医薬品に該当することになります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする