子供に教えたい!節分の由来って?なんで節分に豆まきするの?

お子さんから節分ってなに?って聞かれた時に、お子さんが理解できるようにちゃんと説明できますか?
お子さんでも理解できるようにちゃんと説明するためには、大人の私たちがちゃんと節分ってどんな意味があるか、なぜ節分には豆まきをするかっていうことをちゃんとわかっていないダメですよね。
お子さんにちゃんと節分を伝えてあげられるように、節分の由来、節分になんで豆まきをするのかここで学んでみましょう!

スポンサードリンク
  

子供に教えたい!節分の由来って?

毎年、2月3日を「節分(せつぶん)」といいますよね。
この節分の由来を理解するためには、この節分っていう漢字を分解してみるとわかりやすいです。「節」と「分」にわけます。
一つ目の漢字、「節」は「季節」を意味します。日本には、春夏秋冬の四季がありますが、この節とは、その春夏秋冬の四季を意味しています。
もう一つの漢字、「分」は「分ける」を意味します。
それなので、「節分」=「季節を分ける」という意味があるのです。
ここで、各季節の始まりはなんていうかわかりますか。春・夏・秋・冬の始まりは、「立春・立夏・立秋・立冬」と呼ばれています。
立春以降は、春。
立夏以降は、夏。
立秋以降は、秋。
立冬以降は、冬。
なんです。
つまり、節分は季節を分けるもの⇒季節と季節(四季)の境目⇒季節の始まり「立春・立夏・立秋・立冬」の前日を意味しているんです。
そのため、本来、節分は4つあるはずなんです。
しかし、日本では、立春を1年の始まりとして、とくに重要視されたために、春の節分である2月3日のみが節分と言われるようになったんです。
四季は、春夏秋冬というに「春」が始まりですよね。そこから、立春を1年と始まり=新年とする考え方があります。立春を1年の始まりと考えると、その1日前の節分は大晦日にあたります。平安時代には、節分に、宮中で、大晦日に陰陽師によって旧年の厄払いとして「追儺(ついな)」という行事が行われていました。
これは、旧年の厄を払って、新しい1年はいい年になるようにという思いが込められた行事なんです。

スポンサードリンク

子供に教えたい!なんで節分に豆まきするの?

じゃあ、なんで節分に豆まきをするんでしょうか?厄払いと豆まきって関係あるんでしょうか?って思いますよね。
ここからは、なんで、厄払いとして節分に豆をまくのかっていうことを説明していきますね。
そもそも、穀物や、果実には古来から「邪気を払う霊力」があると信じられていました。そのため、節分に豆をまくことで豆の霊力により邪気を払ってもらって、福を呼び込むと考えたから、節分に豆まきが始まったとされています。
じゃあ、豆じゃなくてもいいじゃないの?って思うかもしれませんが、豆まきで使う大豆には、五穀のひとつで、米に次いで神事に使われてきましたもので、大豆は、米よりも粒が大きいため、悪霊を祓うのには最適だとされいたため、節分の時に厄払いとして大豆がまかれたのです。
これ以外にも、昔話で、京都の鞍馬山に鬼が出た時に、毘沙門天のお告げによって大豆を鬼の目に投げつけて退治したという話もあることから、節分には、大豆をまくという説や魔の目(魔目【まめ】)に豆をぶつけて魔を滅する(魔滅【まめ】)に通じることから、豆まきが行われるという説もあるんです。
いずれにせよ、節分に豆をまいている意味は、「悪いものを追い払うため」だということなんです。
2015_setu_01d_r2_c22

まとめ

節分と節分に豆をまく理由はわかりましたか。
こんな感じでお子さんに説明してみてください。
これだとちょっとわかりずらいな~ってお子さんには、
「節分って、昔々の人たちが使っていたカレンダーだと、1年が始まる前の日だったんだよ」
「節分の次の日(立春)から、楽しい1年になるように、悪い鬼さんに、豆をまいて退治するだよ。だから、節分に豆をまいているんだよ」
って教えてあげたら、きっとお子さんはわかってくれるんじゃないかと思いますよ。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする