シャインマスカットのぶどう狩りを秩父で体験!いっぱい食べるには?


我が家はフルーツ狩りが大好きで、春(いちご狩り)、夏(ぶどう狩り、ブルーベリー狩り)、秋(なし狩り)、冬(みかん狩り)の四季に
季節のフルーツを楽しんでいます。

毎年、決まってここに行くっていう農園もあるんですが、一期一会も大切にいろんな農園にもチャレンジしています。

たまたま、スーパーで見つけた『シャインマスカット』ですが、2,000円ぐらいと普通に買うにはちょっと高いですよね。

そんな私がひらめいたのは「ブドウ狩りがあるんだから、シャインマスカット狩りってあるんでは???」って思ったんです。

ネットでいろいろと検索してみたところ、ぶどうの名産地の山梨あたり、信州方面には結構あるらしい。もしくは、北関東あたり。

とはいえ、我が家は神奈川県。

信州や北関東に行くんだったら、1泊2日ぐらいでいきたいところなんです。ブドウ狩り目的でお泊りはさすがにないな~、やっぱり日帰りでしょって思っていたんです。

そんなこんなで、南関東圏でもシャインマスカットのぶどう狩りができるところがないかを探したところ、埼玉県の秩父に、シャインマスカット狩りができるところを発見!

そんな関東の埼玉秩父で楽しめるシャインマスカットのぶどう狩り情報と途中で飽きてしまうともったいないのでシャインマスカットを思う存分食べる方法はこちらです。

スポンサーリンク

シャインマスカットのぶどう狩りを南関東埼玉秩父で発見

南関東ですと、千葉県は、なし狩りのスポットとしても有名なんですが、合わせて、ぶどうを栽培している農園も多いです。

そういったぶどう園では、普通、ちょっと高級だな~っていうところでも、「巨峰」が食べ放題までなんです。さずに、シャインマスカットのブドウ狩りまでやっているところは見つけられなかったんです。

でも、私は2018年の夏にたまたまネットでいろいろと検索していたところ、最高級のぶどう狩り(ぶどう食べ放題)を関東で発見したんです。

その場所は「秩父」だったんです。

最近では、(関東でのCMだけかもしれませんが)西武鉄道のCMでも登場するので有名ですよね。

わざわざブドウ狩りに行くにはちょっと遠い「秩父」で、春には芝桜の観光が楽しめたり、夏には長瀞のライン下りや阿佐美冷蔵のかき氷なんていうのも有名な場所です。
(長瀞ライン下り)

(阿佐美冷蔵かき氷)

アニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(通称:あの花)」の聖地巡礼の場所としても有名ですよね。

そんな秩父で発見した最高級ブドウ狩りが「シャインマスカット」の食べ放題のぶどう狩りです。

ちょっと遠かったんですが、妻に相談したところふたつ返事でOKだったんで、妻と子供2人と4人で「シャインマスカット狩り」に秩父へ向かったんです。

見つけた「シャインマスカット」食べ放題のぶどう園はこちら

【シャインマスカットのぶどう狩りが楽しめるぶどう園】

【ぶどう園の名前】
ぶどう工房 OIKOS

スポンサーリンク

【営業期間】
9月中旬ぐらい~10月下旬ぐらいまで

【営業時間】
13時~
ぶどう狩りは予約制で、13時~と15時~のコースがあります。

【場所】
ぶどう工房 OIKOS
住所:埼玉県秩父郡長瀞町井戸600

【食べ放題料金】
小学生以上:2,200円
小学生未満:1,200円※
※歩ける子供から料金発生です。

1人2200円だったので、1人1房食べれば十分にもとは取れるので、お得で、シャインマスカットは、普通のブドウ狩りで食べるぶどうは違って上品な香りで、まさに高級ぶどうを食べているっていうのを実感できました。

ぶどうは木になっているものを収穫してきて、用意されているテーブル席で食べることできます。

シャインマスカットのブドウ狩りを思う存分楽しむ方法

せっかくの高級ぶどうなんで、気持ちとしては、3房ぐらいは最低食べておきたいと思うところではあるんです。

では、シャインマスカットをいっぱい食べられるかというと、ほかのぶどうと比べて、酸味がなく甘みが強いので、1房食べると結構、満足してしまうんです。

ブラックオリンピアっていう巨峰のような赤いぶどうや黄玉っていうジャスミンのような香りのするマスカットタイプのぶどうもどうにか食べましたが、本当にお腹いっぱいになってしまいました。

家族4人で、4房で満足っていう感じになってしまいました。

そんな中、私たちが座っている隣の席には、大学生ぐらいの女子4人組がいまして、その子たちは、果物狩りになれているのか、程よく、ぶどうを食べた後に口直しといった感じにベビースターを食べていました。

それをなんとなく聞き耳を立てながら「なるほどな~、それ、賢いね~」って思いました。

これだけ、甘みの強いぶどうなんで、ちょっと塩気があるものを食べるとおいしく食べられるだろうと感心しておりました。

しかも、ベビースター、小袋で全然荷物にならないぐらいの大きさなんで、『シャインマスカットを思う存分食べる』っていうミッションではベストの持ち物だと思いました。

シャインマスカットのぶどう狩りのあとにはこちらに寄ってみては?

私たち家族は、大体、地方に行くと必ず地元の『道の駅』によって、地元の野菜を買って帰るんです。

安くておいしいものが多いですからね。

必ず、地方に行ってみて、ネットで検索すると必ずあります。

今回、秩父で寄ったのこちらの『道の駅みなの』

【シャインマスカットのぶどう狩り後に楽しめる道の駅】

【道の駅の名前】
道の駅 みなの

【営業時間】
8時30分~17時30分

【場所】
住所:〒369-1412 埼玉県秩父郡皆野町大字皆野3236−35

今回は、野菜も買ったんですが、秩父では味噌田楽の味噌みたいに甘辛みそを揚げたじゃがいもにかけた「みそポテト」っていうのが有名みたいなんです。

ちょっとどうかな~って思ったんですが、「意外とうまいじゃん」っていって、さっきまでぶどうでお腹いっぱいだったにも関わらず、4等分に切ったじゃがいもが4つくらい串にささった「みそポテト」ひと串をペロリと食べてしまいました(笑)。

シャインマスカットのぶどう狩りのまとめ

埼玉県秩父で楽しめるシャインマスカットのぶどう狩り。

シャインマスカットを思う存分食べたかったら、ベビースターをもっていきましよう!

秩父名物の味噌ポテトもおいしいですよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする