行ってみた!午後から楽しめる関東の高設栽培いちご狩りスポットはこちら


いちご農園って、基本的に、①事前に予約していくタイプ②まったく予約なしで朝早くから並ぶタイプの2タイプですよね。

特に、予約なしのタイプですと、早いもの勝ちで受付していきますので、ゆっくり行くとすでに受付が終了なんてことを経験されている方もいるんではないでしょうか。

私も子供と一緒に、神奈川の予約なしのいちご農園に朝9時ぐらいに着くように家を7時には出たのですが、現地に到着した時点で、すでに受付は終了していました。8時には受付が終了していたそうです。

では、事前に予約していけばよいかというとかなり前から予約しないと予約いっぱいになってしまっていて、1ヶ月後以降じゃないと空いていないとかよくありますよね。

仮に予約が取れたとしても、現地に、午前中までに到着しなくてはいけないので、朝ゆったりとはいけないところがほとんどですよね。

ですが、いろいろと探してみると、午後からでも楽しめるところがあるんです。

あとうちでは子供も小さいので、「靴が泥んこ=車の座席が泥んこ」になるので、高設栽培で、かつ、午後から楽しめるいちご狩りスポットを見つけました。そのいちご狩りスポットはこちらです。

スポンサーリンク

予約なしで午後からOK高設栽培いちご狩りスポットはこちら

うちの妻は土日も働いているんですが、たまに、お休みになることもあるんです。

その時を狙っていちご狩りに行っているんですけど、シフト制のような感じなので、お休みが1ヶ月ぐらい前にならないとわからないっていうことがありまして、①事前に予約していくタイプって、いちご狩りシーズンが盛り上がる1月~3月あたりって、直前だとなかなか予約ってとりづらいんです。

だから、②まったく予約なしで朝早くから並ぶタイプのいちご園を選ばざるを得ない。

特に、小さい子どもと一緒なので、子どもたちをパジャマのまま、車に乗せ、着替えを持ち、朝早く家を出ていちご園を目指すってやっていたこともありました。

アクアラインを渡って、ちょっといったところあたり10時からオープンするいちご園がありまして、9時に到着したんですが、15分ですぐにいっぱいになり、当日受付終了。もう少し、準備が遅かったら、わざわざアクアラインを渡って千葉まできたのに、いちごを食べられずに帰るところでした。

そんなこともあって、予約なしで、なおかつ、早く行かなくても大丈夫なところなんてところはないかと思っていたんですが、③まったく予約なしだけどそんなに朝早く行かなくとも(極端なところ午後でも)大丈夫なタイプのいちご狩りスポットを発見したんです。

それが、神奈川の平塚にある「ホヤノいちご園」というところです。

【午後からもOK高設栽培のいちご園】

【いちご園の名前】
ホヤノいちご園

【営業期間】
1月上旬ぐらい~5月中旬ぐらいまで

【営業時間】
9時ぐらい~14時半ぐらいまで
朝7時ぐらいでもある程度の車が集まるとオープンします。また、いちごの状況によって午後もオープンします。
ブログでオープン状況を随時更新しているので、こちらもあわせてみていくとよいですね。

【場所】
ホヤノいちご園
住所:〒254-0003 神奈川県平塚市下島614

【入場料金】
1月~4月上旬:小学生以上-1,800円、2歳以上~小学生未満-1,100円
4月中旬以降:小学生以上-1,300円、2歳以上~小学生未満-900円

しかも、こちらのいちご園は、高設栽培ですので、しゃがんでいちご狩りしなくていいので、楽にいちご狩りできるんです。あと、高設栽培のいいところって、地面が土じゃないので、靴が泥んこまみれにならなくていいんです。泥んこ靴で車っていやですよね。

スポンサーリンク

ハウスの数が多いいちご園なので、日によっては午後からでも受付をしています。

そんな感じで、何年かは、③まったく予約なしだけどそんなに朝早く行かなくとも(極端なところ午後でも)大丈夫なタイプの「ホヤノいちご園」っていうところにいっていたんですが、たまたま、いちご狩りシーズンの初めのころ(12月中旬ごろ)に、たまたま、うちの妻が休みだったので、いちご農園を検索していたら、予約必要なところで開いているところを発見!「みのりの郷東金」っていう場所で、道の駅が運営しているいちご園でした。

いちご狩りの相場としては、やや高めだったので、開いていたのかもしれまんが、予約とれる状況だったので、予約をとって、現地に!11時予約で、家を9時ぐらいに出れば余裕でいける時間だったので、よかったですね。

現地に到着したところ、予約で来ている人がちらほらと、、、今まで、予約せずに行っていた農園は、一つのハウスがかなり混雑するっていうことがほとんどだったので、予約で来ている人たちは5組くらい(15人前後ぐらい)の人しかいなくてびっくりしました。

いちごは、千葉県内でしか出回らない「チーバベリー」含めて5種類の食べ比べができるっていうことも驚きでした。いちごって、種類によってこんなにも味の違いがあるんだということも、初めて知りました。

しかも、こちらのいちご農園のいちごですが、うちの6歳の娘のこぶし大ぐらいの大きさのいちごがいっぱい実っていて、あまりの大きさにびっくりしたことを覚えています。スーパーで売っている大きないちごの2倍~3倍ぐらいではないでしょうか。大人でも一口で食べるのは無理なサイズ感でした。

後日、ここのいちごが忘れられずに、何度か予約を試みたのですが、予約がとれませんでした。1月~2月は早めに予約しないとダメなようですね。3月になると、予約も開きがでてくるようなので、妻の休みがあったら、また行ってみたいと思います。

やっぱり確実にいきたい!予約ありで午後からOK高設栽培いちご狩りスポットはこちら

毎年、行っているいちご狩り。去年とは違うところもチャレンジしてみたくなるんです。どうせチャレンジするなら、普通とはどっか違うところないかを探してみたんです。

そんな中、発見したのが、こちらなんです。「大竹いちご園

なにが、ここは普通とは違うかというと、食べ放題のいちご種類が7種類。しかも、食べ放題のいちごの中には高級いちごとして有名な白いちごの「淡雪」が食べられるんです。

ただ、ここのいちご園。場所が千葉県の君津にあるっていうことで、アクアラインを使っても結構時間がかかるんです。しかも、通常は予約受付していないんです。早い者勝ちだと、家を何時にでなくちゃいけないのだろうかと、、、でも、よくよくHPを見ると「ぐるたび」だと予約できるみたいなんです。追加で1人500円払う必要はあるんですけど、、、

早起きに自信があれば、予約料金なしで、朝現地に8時前に到着できればいちごは食べられるのでしょうけども、私には、そんな早起きできない。でも、500円払うのはちょっとな~って思っていました。

ですが、この500円。予約というだけでなく、①いちごは確実食べられるように、(白いちごも含め)いちごを確保しておいてくれるという特典②いちご狩りの開始時間はお昼すぎなので、家をゆっくりでても十分に間に合うということなんです。

せっかく君津に行っても、白いちご食べられなかったら、残念ですよね。もっと近場で、探しておけばよかったってなると思うと、この500円って安いのではないかと思うんです。

2歳の娘は無料だったんですが、大人2名・子ども1名の料金を払っただけのことはありました。白いちごは思う存分食べられましたし、他の種類のいちごも大振りでとっても美味しかったです。ちなみに、こちらも高設栽培なので、靴はどろんこになりました。あと、いちご園のトイレってあまりきれいなイメージじゃなかったんですが、こちらのトイレはとってもきれいでよかったです。プラス500円払うだけの価値はありますね。

いちご狩りのまとめ

午後からでも楽しめるいちご狩りスポットってあるんです。

子供と一緒に、のんびりといちご狩りに行ってみてはどうでしょうか。高設栽培ですので、靴も泥んこにならなくていいですよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする