意外!?佐渡にはこんなおすすめグルメスポットもあるんです


妻の生まれ故郷の「佐渡島」。

2010年ぐらいから、毎年、夏のお盆の時期に「佐渡島」に行っているんですが、ここ5年ぐらいは佐渡のグルメスポット開拓にいそしんでいるんです。

そんな大したところないとたかをくくっていたんですが、「そんなの佐渡にあるの?」っていうのを毎年、妻が発見してきて、いろんなお店に挑戦しているんです。

日本海に囲まれた島ですので、もちろん、美味しい海産物も楽しめるんですが、それだけも飽きるんですよね。

わざわざ佐渡まで行くんですから、佐渡の自然や観光地だけでなく、ここ(佐渡)でしか食べられない美味しいグルメスポットを知りたくないですか。

私たちが実際に行ってみて、また、行きたいと思った佐渡の名店たちはこちらです。

スポンサーリンク

佐渡の超高級ファミレス

『ファミレス』っていう表現だとちょっと安っぽいイメージを受けるかもしれませんが、価格と品ぞろえがファミレスですが、味は料亭クオリティです。

そのお店は、佐渡の新穂にある「長三郎」っていうお店です。

基本は、お寿司屋さんなんですが、佐渡の名物「ぶり」をフライにして、甘辛のたれがかかった『ぶりカツ丼』が食べられます。

それと、ファミレスたるゆえんが、こちら!!!

お寿司と一緒にラーメンまで注文できてしまうところ!

普通、お寿司屋さんでラーメンって食べられないですよね。

透き通ったスープのしょうゆラーメンで美味しいですよ。

〇長三郎
住所:〒952-0116 新潟県佐渡市新穂81−4

幻の佐渡牛が食べれるお店

佐渡牛の定義ですが、

1 佐渡生まれであること。
2 佐渡育ちであること。
3 佐渡で収集した稲わらを飼料とした安全・安心の飼育であること。ぐるたび

っていうことになっています。

しかし、佐渡の子牛は子牛のうちにほとんどは島外に出荷されてしまうんです。

『にいがた和牛』等のブランド牛として育てられるのがほとんどなんです。

そのため、佐渡牛は幻の和牛とされていて、佐渡島内でも、佐渡牛を入手するのって難しいんです。

そんな貴重な佐渡牛を食べれるお店がこちらの「こさど」っていうレストランです。

View this post on Instagram

スポンサーリンク

佐渡牛のステーキ♪ 美味しい! これなら240いけたな〜(笑) #佐渡牛 #佐渡 #佐渡島 #佐渡ヶ島

まゆみさん(@mayumi.c_)がシェアした投稿 –

お目当ての佐渡牛を求めて、私も妻と「こさど」にいったみたんですが、ステーキの値段を見て、正直、『結構、高いな~』っていうのが第一印象でした。

お値段としてはこんな感じです。

佐渡牛のサーロインステーキ120g:4,600円

佐渡牛のサーロインステーキ240g:9,200円

佐渡牛のサーロインステーキ360g:13,800円

一番、安い120gの佐渡牛のサーロインステーキを妻と分けながら食べましたが、とろけるようなやわらかさで、本当においしかったです。

120gですと、ほんとちょっとなので、次は、240gを食べたいと思います。

〇こさど
住所:〒952-0318 新潟県佐渡市真野新町275−2

パン屋さんがブームが佐渡にもやってくる?

まさか、佐渡でこんなおいしい『クロワッサン』に出会えるとは思いませんでした。

それがこちらの「T&M Bread Delivery SADO Island」です。

こちらのお店のパンは人気がありすぎて、お取り寄せだと半年待ちという話もあるようです。

佐渡でも営業も金・土の二日のみでして、イベントなどで、パン屋を経営しているマーカスご夫妻が週末ご不在のときにはお休みになってしまうという幻のパン屋です。

このパン屋、東京にあったら、間違いなく行列必至のパン屋です。

私は妻と一緒に2016年にマーカスさんのパン屋にお伺いして、クロワッサンなどいろいろとパンを買ったんですが、パン屋の外観は田舎にある普通の商店。

東京のパン屋のようにオープン前から行列していることなく、普通にパンを買えるところは、このパンのクオリティを考えると不思議なくらいでした。

「佐渡に行って、なんでパン?」って思うかもしれないですが、ここのパンを食べてみたらわかりますよ。

〇マーカスのパン屋(T&M Bread Delivery SADO Island)
住所:〒952-0504 新潟県佐渡市羽茂本郷634

デザートに佐渡のおいしい果物を

佐渡っていうと金山として有名で「西三川ゴールドパーク」では砂金とりも楽しめますが、「西三川」は佐渡のなかでも美味しい果物が採れる場所として有名なんです。

国道350号線沿いに「西三川くだもの直売センター」っていうところがあって、地元の農家が採った季節の果物や野菜が並びます。

夏ですと、梨・スイカ・ぶどうなどが並びますが、見たこともない種類の果物や野菜も並んでいて、どれもおいしいです。

りんごも並んでいましたが、これもおいしかったです。

私たちが行く夏の時期には、売っていなく、親せきのおじさんに送ってもらってからはまってしまったのですが、西三川で採れる洋ナシ「ル・レクチェ」は全体が緑色の洋ナシとは異なっていて、バナナの皮のような黄色の皮が特徴です。

洋ナシ独特の芳香剤のような強い香りではなく、上品に漂う優しい香りです。

芳醇な甘みも楽しめます。一度、この「ル・レクチェ」を食べてしまったら、普通の洋ナシは食べられないぐらい上品なおいしさです。

〇西三川くだもの直売センター
住所:〒952-0433 新潟県佐渡市田切須295

佐渡のグルメスポットのまとめ

佐渡でしか食べられないグルメスポットはどうでしたでしょうか。

ラーメンも食べられる寿司屋、幻の佐渡牛が食べれるお店、まさかのパンがおいしいお店、果物自慢の場所など、佐渡グルメもぜひとも満喫してきてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする