佐渡のお土産にはなにがいい?佐渡名産をお得に買う方法は?


新潟沖の日本海に浮かぶ日本で2番目に大きな島「佐渡島」。

日本海で育った海産物、佐渡の自然の恵みをつかったお菓子など、色々なお土産物があります。

どのお土産を選ぶのが正解なのか悩むところですよね。

何が名産で、何をお土産で買っていけばよいのかってよくわからないと思うんです。

そんな、どのお土産を買うかっていうお悩みを、妻の生まれ故郷が佐渡で、毎年、お盆の時期には必ず佐渡に行っている私がずばっとお答えします。

スポンサーリンク

佐渡のお土産はやっぱり海産物

四方を日本海に囲まれる佐渡島ですので、日本海の恵みのお土産は外せないところです。

さざえ、南蛮海老、ぶりが美味しいんですけど、お土産物としては、やっぱり加工食品が人気ですね。

我が家でも毎回、買って帰るお土産はこちらです。

いかの塩辛

「いかの塩辛なんて、どこで買っても同じなんじゃない?」って思いますよね。

私も初めて佐渡のいかの塩辛を食べるまではどこの塩辛でも同じだと思っていました。

佐渡に帰ると、お盆の時期でも何隻かイカ釣り船が出ています。

それだけ、イカ漁が盛んなんです。

そのため、佐渡で売っている塩辛は、新鮮なイカを塩辛にしていますので、いかの塩辛に使われているイカの旨味・甘みが違うんです。

この瓶入りの「いかの塩辛」はおすすめです。

すり身

うちの妻がよく実家と電話しながら「すり身」っていう単語を使っているんですが、初めてその単語を聞いた時には、その「すり身」って、なんの「すり身」って思っていました。

佐渡では、「すり身」といえば、「トビウオのすり身」なんです。

私には、長崎の五島列島に出身の知り合いの方がいて、その方も、トビウオの出汁の話をしていましたが、日本海の地域では「とびうお」って一般的なんです。

「すり身」は、トビウオをすり身状にしたものがビニールパックに詰められて販売されているもので、佐渡では味噌汁の具材にするくらいスタンダードな食材なんです。

佐渡から「すり身」を買って帰ると、我が家でも「すり身の味噌汁」が普通にでます。

「あごだし」って聞いたことありますか。この「あごだし」って、高級なだしなんですが、この「あご」とは「とびうお」のことなんです。

「にぼしだし」って魚独特の臭みのようなものがでますが、この「あごだし」は魚の臭みがなく魚のうまみが染み出た出汁になるんです。

そのため、「すり身の味噌汁」はあごの出汁が染み出たお味噌汁なので、上品な魚の旨味が広がるお味噌汁に仕上がるんです。

ちなみに、「すり身」自体に塩気がありますので、「すり身のお味噌汁」を作るときには味噌少な目で作った方がよいです。

一夜干し

先ほど、「いかの塩辛」で『佐渡って、いかが名産なんですよ~』っていったと思うんですが、こちらの「いかの一夜干し」もおすすめなんです。

いかを干したものっていうと、しっかり乾燥した「スルメイカ」がイメージされてしまうと思うのですが、こちらの一夜干しは、まさに一晩干したもの。

いかを干したものなんですが、アジの開きのようにしっとり半生タイプなんです。

一晩干して、余分な水分が飛ぶことによって、いかの旨味が凝縮しているんです。

網であぶって、お醤油とごま油を垂らして食べるのが美味しいですよ。

あとは、5ミリ幅ぐらいに切って、それをフライパンで、醤油とみりんで炒りながら水分を飛ばしたものなんかも美味しいですよ。

海産物以外の佐渡のお土産でおすすめは?

やはり日本海に囲まれる地域ですから、海の恵みが注目されがちですが、それ以外にも美味しい食べものがいっぱいの佐渡です。

そんな海産物以外で私がおすすめのお土産はこちらです。

とちもち

誰かのお土産というよりもいつも自分で食べるように買って帰っています。

それが、「とちもち」です。

私は、佐渡の「とちもち」との出会いが、初めての「とちもち」だったんですが、これを初めて食べた時に本当に美味しくて、一人で一気に5個の「とちもち」を食べてしまったんです。

「とちもち」の餅の部分には、『栃の実』が練り込んであって、この栃の実の香りが香ばしく、中のアンコとの相性がとってもよいんです。

いまだに、自分のために、毎年お盆で佐渡に行くときは必ず帰りに買って帰るんです。

両津港でフェリーの乗船する前の改札口付近に、売店があるんですが、その売店の外で必ず「とちもち」売っています。

ここの「とちもち」が美味しいので、乗船前に見つけたら買ってみてください。

佐渡バター

佐渡の島内でも幻の逸品になりつつある佐渡乳業の「佐渡バター」

佐渡乳業の牛乳、コーヒー牛乳も美味しいので、佐渡に行ったら、ぜひとも飲んで頂きたいのですが、佐渡のスーパーなどももし発見できたらぜひとも買っておいて頂きたいのが「佐渡バター」なんです。

今、「佐渡バター」が全然生産できないような状況になっていて、佐渡島内でもほとんど見かけることができなくなった幻の品なんです。

前には普通に買えたので、何度かパンに塗って食べたことがあるんですが、バター特有のこってり感はなく、牛乳のようなさっぱりとした風合いなんです。

トーストしたパンって、普通だったら、バターを塗ったら、ジャムとかも塗るじゃないですか。

でも、バターが美味しすぎるので、この「佐渡バター」に限っては、バターだけを塗って、バタートーストを楽しんでいました。

お土産ってどこで買います?お土産屋さんですか?

普通、お土産って、お土産屋さんで買うのが普通ですよね。

佐渡の観光名所での観光を存分に楽しもうとすると時間もないですから、両津港のお土産物屋さんに行ってお土産を買うと思うんです。

いっぺんにいろんなお土産物を見れるし、便利ですしね。

でも、もし、時間があったら、私のおすすめするお土産を買う場所としては「佐渡市内のスーパー」をおすすめします。

『いやいや、スーパーって、日常的なものを買うところだから、お土産を買うところじゃないし』って思うじゃないですか。

でも、佐渡の人にとって、日常的なものが、佐渡の島民以外にとっては、非日常的なものですよね。

先ほどお土産としておすすめした「いかの塩辛」も「一夜干し」も「すり身」もお土産用に作られているものなんじゃなくて、佐渡の人たちが日常的に食べるものなんです。

ましてや、「佐渡バター」はお土産物屋さんよりも地域密着のスーパーの方が仕入れられている可能性が高いんです。

何軒かスーパーはあるんですが、おすすめスーパーはこちらの「スーパーマルイ佐渡店」です。

○スーパーマルイ佐渡店
住所:〒952-1325 新潟県佐渡市窪田6−2 佐渡セントラルタウン内

ここに行けば、お目当てのお土産物は揃います。

それに、ここで買うメリットは、価格が両津港のお土産物屋さんで買うより安いってことです。

びっくりしたんですが、地元のスーパーでは同じものでも、お土産物屋さんとは1割から2割ぐらい価格が安いんです。

お土産物をいっぱい買うのであれば、結構の差になりますので、地元のスーパーに立ち寄ってから帰ることをおすすめします。

余談ですが、これと同じ現象(地元スーパーの方が安く買える現象)がほかの地域でも確かめられたあったです。

私が沖縄旅行に行ったときも、地元スーパーを物色してみたんですが、空港で買うよりも全然安く買えたんです。

これ以来、味をしめて、地方に行った地方をスーパーを物色する癖ができてしまいました。皆さんもぜひお試しを!

佐渡のお土産のまとめ

佐渡に行ったら、やっぱり日本海の恵みのお土産を物色してください。

ただ、それ以外にも魅力的なお土産はありますので、私おすすめのお土産も試してみてください。

あと、時間があったら、お土産屋さんじゃなくて、ご案内した方法でお土産物を探してみるとお得にお土産を買えるかもしれませんよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする