2018年府中の酉の市ってどこの場所で、いつ、何時までやっているの?

小判やおかめ、稲穂などで装飾された熊手がお店に飾ってあるって、たまに見かけたりしませんか。

こんな感じのやつですね。

個人で商売している方などは、商売繁盛を願って、浅草・新宿・府中などで開催される酉の市で熊手を買ってきて飾る方って多いんです。

でも、、、府中で酉の市って開催されているって聞いたことあるけど、府中付近で熊手売っているところってどこなんだろ???

酉の市ってどこで開催されているの?今年(2018年)はいつやっているの?何時から何時までだったら買えるの(営業時間で何時から何時まで)?といった府中の酉の市をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

府中の酉の市ってどこの場所でやっているの?

酉の市って、府中にある神社で開催されているんですが、府中の神社ってどこ???

スポンサーリンク

府中っていうと「東京競馬場」っていうイメージですが、府中駅と府中本町駅の間ぐらいにる「大國魂神社(おおくにたまじんじゃ)」があるんですが、酉の市はこの大國魂神社で開催されています。

【大國魂神社(おおくにたまじんじゃ)】
住所:〒183-0023 東京都府中市宮町3丁目1

府中の酉の市っていつやっているの?

酉の市って、11月の酉の日に開催されています。

2018年は酉の日が3回ありまして、2018年は酉の市が3回開催されます。

具体的には、

2018年11月1日(木)一の酉
2018年11月13日(火)二の酉
2018年11月25日(日)三の酉

の3日間で、それぞれ、一の酉(いちのとり)、二の酉(にのとり)、三の酉(さんのとり)といいます。


一の酉(いちのとり):11月の初めての酉の日
二の酉(にのとり) :11月の二番目の酉の日
三の酉(さんのとり):11月の三番目の酉の日

11月以外の他の月にも酉の日ってあるんですが、なんで11月になったのかなっておもいませんか?

これはマメ知識なんですが、昔々、ヤマトタケルノミコト(日本武尊)が戦さに勝利し、神社の前の松の木に武具のひとつであった「熊手」をかけて、勝ち戦を祝ってお参りをしました。その日が11月の酉の日だったのです。これが、起源となって、11月の酉の日が「酉の市」となったのです。

あと、これもマメ知識なんですが、11月の酉の日って毎年3回あるわけじゃないんです。11月の酉の日が2回しかない年ももあるんです。例えば、11月の一の酉が11月7日ですと、二の酉は11月19日となります。次の酉の日は12月1日になってしまいますので、その年は三の酉はないんです。

それで、今年のように三の酉がある年は、「火事が多い」と言われているんです。

その由縁はよく分かっていないのですが、
「江戸は火事が大敵である、空気の乾燥する寒い三の酉の時期に火への戒めを喚起したという説もあり。また酉の市に乗じて吉原へ出かけようとする男達を足止めるために女房達が「三の酉の年には火事が多い、だから夜遊びはほどほどにしなよ」と広めた説もある
また、鷲神社の由緒にも記しているように地方などに宵に鳴かぬ鶏が鳴くと「火事が出る」と言われたことから出たという俗信もある。」

などなど、そんないろいろな説から三の酉の年は「火事が多い」って言われています。

ちなみに、東京で有名な酉の市って、府中以外にも、浅草の「鷲神社(おおとりじんじゃ)」、新宿の「花園神社(はなぞのじんじゃ)」ってところでも開催されているんです。

(浅草の「鷲神社(おおとりじんじゃ)」の酉の市情報はこちら)
2018年浅草の酉の市ってどこの場所で、いつ、何時までやっているの?
(新宿の「花園神社(はなぞのじんじゃ)」の酉の市情報はこちら)
2018年新宿の酉の市ってどこの場所で、いつ、何時までやっているの?

11月23日(金・祝日)、11月24日(土)、11月25日(日)は三連休で特に混雑必至ですので、ご注意ください。

府中の酉の市って何時までやっているの?

開催時間は、各日の朝6時30分ぐらいから、酉の日の24時ぐらいまでの営業なんです。

府中の酉の市のまとめ

府中の酉の市は「大國魂神社(おおくにたまじんじゃ)」で、2018年は11月1日(木)一の酉、11月13日(火)二の酉、11月25日(日)三の酉の3回開催され、各日とも朝6時30分くらい~24時くらいまでの営業です。

ぜひ、今年は、熊手を府中で購入されてみてはいかがでしょうか。

(酉の市での熊手の値段って?買い方、お店選びってどうすればいいの?)
酉の市で買う熊手の相場っていくら?粋な買い方とお店の選び方って?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする