長崎くんち2018の日程・時間・見どころ・周辺ホテル情報をご紹介!


秋祭り=収穫祭のことを九州北部では「くんち」と呼びます。

九州北部では、様々なくんちが10月~11月にかけて開催されていますが、その中でも、特に有名なくんちが「長崎くんち」「博多おくんち」「唐津くんち」で、俗に三大くんちとも称されるほどのお祭りです。

その三大くんちの中でもっとも早く開催されている「長崎くんち」の奉納踊は、独特でダイナミックな演し物(だしもの)で、国の重要無形民俗文化財に指定されています。

そんな三大くんちのひとつである長崎くんちのみどころ情報を中心に、長崎くんちの内容、2018年の日程・時間、ホテル情報などをご紹介いたします。

[長崎くんちの動画]

スポンサーリンク

長崎くんち2018の日程・時間・概要

みどころ情報の前に、まずは、堪能したいって長崎くんちってどんなお祭りか整理したいと思います。

【日程】
2018年10月7日(日)~9日(火)

○前日-10月7日
7:00~12:40 各町が順次(諏訪神社→中央公園→お旅所)で奉納踊り
 ・紺屋町  7:00~9:40
 ・大黒町  7:30~10:10
 ・出島町  8:00~10:40
 ・小川町  8:30~11:10
 ・東古川町 9:00~11:40
 ・本古川町 9:30~12:10
 ・椛島町  10:00~12:40
 ⇒奉納踊終了後、庭先回り(※1)
13:00~ お下り(※2)後に続いて、傘鉾(※3)パレード(市役所前~県庁手前まで)
16:00~20:40 くんちの夕べ 各町が順次(諏訪神社→中央公園)で奉納踊り
 ・紺屋町  16:00~17:40
 ・大黒町  16:30~18:10
 ・出島町  17:00~18:40
 ・小川町  17:30~19:10
 ・東古川町 18:00~19:40
 ・本古川町 18:30~20:10
 ・椛島町  19:00~20:40

(※1)庭先回り
市内 の事業所や官公庁、各家などに敬意を表して演し物を呈上することで福をお裾分けし、お祝いするという趣旨のもの。 踊町は短い踊りやお囃子を玄関先や店先、門前等で演じる。
(※2)お下り
諏訪神社の本宮からお旅所の仮宮まで、諏訪・住吉・森崎の三基の御神輿が下っていくこと
(※3)傘鉾(かさぼこ)
踊町の列の先頭に立つのが「傘鉾」であり、町じるしでプラカードの役目を果たす。傘鉾にはその町名に因み趣向を凝らした様々な装飾が施されており、 ビードロ細工やカラクリ仕掛けなどがある。重さにして130~150kgといわれ、ひとりで担ぐことから、心棒の最下部には一文銭を2,500枚から3,000枚を結わえ付け、上下のバランスをとるようにしている。周囲に下げる布を垂れまたはさがりという。

○中日-10月8日
7:00~11:30 各町が順次(八坂神社→中央公園)で奉納踊り
 ・本古川町 7:00~8:30
 ・出島町  7:30~9:00
 ・椛島町  8:00~9:30
 ・東古河町 8:30~10:00
 ・紺屋町  9:00~10:30
 ・小川町  9:30~11:00
 ・大黒町  10:00~11:30
 ⇒奉納踊終了後、庭先回り

○後日-10月9日
7:00~11:50 各町が順次(お旅所→諏訪神社)で奉納踊り
 ・東古川町 7:00~8:50
 ・大黒町  7:30~9:20
 ・小川町  8:00~9:50
 ・紺屋町  8:30~10:20
 ・椛島町  9:00~10:50
 ・本古川町 9:30~11:20
 ・出島町  10:00~11:50
 ⇒奉納踊終了後、庭先回り
13:00~ お上り(※4)(お旅所仮宮→本宮へ)

(※2)お上り
お旅所の仮宮から諏訪神社の本宮へ、諏訪・住吉・森崎の三基の御神輿が上がっていくこと
県庁坂や諏訪神社の石段を一気に駆け上がるその姿は迫力があり、くんちのフィナーレを勇壮に飾ります。

【有料席】

○諏訪神社
 S席[桝席](4名用) :30,000円
 A席[桝席](4名用) :24,000円
 B席[桝席](4名用) :18,000円
 C席[桝席](4名用) :12,000円
 立見席   (1名用) : 1,500円(当日発売)

○お旅所
 S席[桝席](4名用) :20,000円
 A席[桝席](4名用) :18,000円
 B席[桝席](4名用) :15,000円

○八坂神社 10月8日
 S席[桝席](4名用) :22,000円
 A席[桝席](4名用) :20,000円

○中央公園
 砂かぶりござ席(1名用):5,000円
 スタンドS席(1名用) :5,000円
 スタンドA席(1名用) :3,000円
 車椅子席(介助含む2名):8,000円

【開催場所】
諏訪神社、お旅所、八坂神社、中央公園 他

○諏訪神社
〒850-0006 長崎県長崎市上西山町18−15

○お旅所
〒850-0035 長崎市元船町10-4夢彩都横

○八坂神社
〒850-0831 長崎県長崎市鍛冶屋町8−53

○中央公園
〒850-0876 長崎県長崎市賑町5−100

【アクセス】
○諏訪神社
路面電車「蛍茶屋」行き 諏訪神社 下車

○お旅所
路面電車「赤迫」行き又は「崇福寺」行き
大波止 下車 ゆめタウン夢彩都横

○八坂神社
路面電車「崇福寺」行き 崇福寺 下車

○中央公園
路面電車「崇福寺」行き 新地中華街 のりつぎ
路面電車「蛍茶屋」行き めがね橋 下車

長崎くんちの見どころ

奉納踊(ほうのうおどり)

「長崎くんち」の最大の見どころは、その年に奉納踊(ほうのうおどり)を披露する当番町(踊町:おどっちょう)の演し物(だしもの)です。

スポンサーリンク

一言に、奉納踊といっても、「踊り」「曳物(ひきもの)」「担ぎ物(かつぎもの)」「通り物」の4つに分類されるんです。

【踊り】
各種の踊のうち、「本踊」(ほんおどり)といわれるものがあるが、これは本朝の踊、本手の踊ということで、日本舞踊を指す。他に阿蘭陀万歳など各町によって様々な演目がある。

【曳 物(ひきもの)】
川船、唐人船、龍船、御座船、御朱印船・竜宮船・阿蘭陀船・南蛮船等々の船型に車を付けて、大勢で曳くもの。船ではないが「鯨曳」(鯨の潮吹き)や曳壇尻も曳物に含められる。

【担ぎ物(かつぎもの)】
みこしのようなコッコデショ(太鼓山)や鯱太鼓等、大勢の担ぎ手が担ぐ演し物。前進後退や回しをするが、虚空に放り上げて、手拍子のあと片手で受け止める離れ業をやったりする。

【通り物】
道中を練り歩く行列自体に立派な様式美をもっているもの。例えば大名行列、兵隊さん、山伏道中、、大薩摩、小薩摩など。今はアニオーさんの行列以外多くが廃されている。

奉納踊は、諏訪神社、お旅所、八坂神社、中央公園で披露されるんですが、いずれも有料席からの観覧となります。

有料席での観覧がベストではあるんですが、こちらの有料席は、人気で発売されてもすぐに売り切れになってしまいます。

じゃあ、有料席を購入できなかったら、「演し物(だしもの)」を見学できないかというとそういう訳ではありません。

奉納踊が終わりますと、「庭先回り」といって、市内 の事業所や官公庁、各家などに敬意を表して演し物(だしもの)を呈上します。

踊町(おどっちょう)は短い踊りやお囃子を玄関先や店先、門前等で演じます。

有料席が手に入れられなくとも、「庭先回り」の時間にあわせれば、踊町の演し物を堪能できますよ。

9月末ぐらいに、「庭先回りマップ(スケジュール)」が公表予定ですので、詳細がわかりましたら、こちらでご案内いたします。

傘鉾(かさぼこ)

踊町の列の先頭に、町じるしのプラカードのような役割を果たすのが傘鉾(かさぼこ)です。

傘鉾にはその町名に因み趣向を凝らした様々な装飾が施されており、 ビードロ細工やカラクリ仕掛けなどがあります。また、傘鉾の周りを飾る布として、垂れ(もしくは「さがり」という)が傘鉾を飾っています。

重さにして130~150kgといわれ、ひとりで担ぐことから、心棒の最下部には一文銭を2,500枚から3,000枚を結わえ付け、上下のバランスをとるようにしています。

各町ごとに趣向をこらした「傘鉾(かさぼこ)」が登場します。

10月7日(前日)13時~のお下り後には、市役所前~旧県庁手前まで「傘鉾パレード」も開催されますので、そちらも必見ですよ。

各町の傘鉾の詳細については、こちらをご覧ください。

長崎くんちは「7年」楽しめる

長崎くんちの最大の見どころの「奉納踊」は、奉納踊の披露は当番町が担当しています。

現在、長崎市内に、奉納踊を披露する当番町は全部で59カ町あるんです。

この当番町は、7つの組に分けられていまして、奉納踊を披露する踊町(おどっちょう)が回ってくるのは、「7年に1度」なんです。

ですので、長崎くんちの全ての「演し物(だしもの)」を観覧するためには、7年は通わないといけないんです。

逆にいうと、毎年、新しい「長崎くんち」を楽しめるってことなんです。

7年通って、長崎くんちを満喫してみては如何でしょうか。

長崎くんちの周辺のホテル情報は?

長崎くんちは3日間もありますので、十分に堪能できるように周辺のビジネスホテル情報をご紹介します。

【アパホテル<長崎駅前>】

(ご予約はこちら)
アパホテル<長崎駅前>

【アパホテル<長崎駅南>】

(ご予約はこちら)
アパホテル<長崎駅南>

【ホテルクオーレ長崎駅前】

(ご予約はこちら)
ホテル クオーレ長崎駅前

【長崎オリオンホテル】

(ご予約はこちら)
長崎オリオンホテル

【ホテルウイング・ポート長崎】

(ご予約はこちら)
ホテル ウイング・ポート長崎

まとめ

三大くんちのひとつの長崎くんち。

長崎くんちの奉納踊は、国の重要無形民俗文化財に指定されており、毎年、10月7日~9日の3日間に渡って開催されています。

お休みをとって、長崎くんちを堪能されてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    上の記事で 8日(中日) 諏訪神社 ➡ 中央公園 と表示されてありますが、

    誤りです。正しくは、  八坂神社 ➡ 中央公園 です。