秋の高山祭2018の日程・時間・見どころ・交通規制の情報をご紹介!


飛騨高山の高山祭は、16世紀後半から17世紀が起源とされ、約300年の歴史を誇る伝統あるお祭りです。

この高山祭とは、春の「山王祭(さんのうまつり)」と秋の「八幡祭(はちまんまつり)」の2つの祭りの総称で、飛騨高山の方々に愛され、守り引き継がれてきました。

このうち、秋に開催される「八幡祭」は、旧高山城下町北半分の氏神様である桜山八幡宮(八幡様)の例祭なんです。

この「高山祭」ですが、京都の「祇園祭」、滋賀の「長浜曳山祭」と並ぶ、日本三大曳山祭として、有名なんです。
(曳山とは、祭りの行列に出る山車(だし)のことです)

夏真っ盛りに開催される曳山祭りのひとつである祇園祭は有名ですが、木々も色づき始める気候の中、優雅に曳山を見学する「高山祭(八幡祭)」を楽しみにされている方も多いのではないかと思います。

せっかく飛騨高山に行くのですから、まつりの見どころなどを知っていれば高山祭(八幡祭)を堪能できますよね。

そんな方のために、高山祭(八幡祭)の見どころを中心に、内容、2018年の日程・時間、交通規制の情報などをご紹介いたします。

☆☆春の高山祭(山王祭)の情報はこちら☆☆
春の高山祭2018の日程・時間・見どころ・交通規制の情報をご紹介!

[高山祭(八幡祭)]

スポンサーリンク

高山祭(八幡祭)2018の日程・時間・概要

【日程】
2018年10月9日(火)~10月10日(水)
※毎年、曜日に関係なく、秋の高山祭(八幡祭)は10月9日・10日に開催されます。

【場所】
桜山八幡宮 他

【各日の行事】
御神幸(祭行列)
闘鶏楽(とうけいらく)、裃姿(かみしもすがた)の警固など伝統の衣装に身をつつんだ総勢数百名の大行列が、お囃子や雅楽などを披露しながら町を巡ります。
(1)10/9  13:00~ 八幡宮表参道 出発 
(2)10/10  8:30~ 八幡宮表参道 出発
(3)10/10 13:30~ お旅所 出発
詳細な順路はこちらをご覧ください
御神幸 順路MAP

屋台曳き揃え
昭和54年に国指定重要無形民俗文化財となった屋台行事の屋台11台が勢ぞろいします。

(布袋台)
10/9 9:00~16:00 八幡宮境内
10/10 9:00~16:00 八幡宮境内

(布袋台除く10台)
神楽台・金鳳台・大八台・鳩峯車・神馬台
仙人台・行神台・宝珠台・豊明台・鳳凰台
10/9  9:00~12:00 表参道
10/10 12:00~16:00 表参道、各屋台蔵前、江名子川沿い

秋の高山祭パンフレット

屋台曳き廻し
9日午後に行われる屋台曳き廻しは、秋の高山祭だけの貴重な行事です。4台の屋台が町を巡る姿が眺められます。4台のうち神楽台・鳳凰台は毎年登場。残る2台は布袋台を除く屋台から交代で参加します。平成30年は前述の神楽台・鳳凰台に加え、鳩峯車・仙人台の計4台が登場し動く屋台の美しさや構造の特長をお披露目します。

10/9 13:00~

※詳しい順路についてはパンフレットをご覧ください。
秋の高山祭パンフレット

からくり奉納
八幡宮境内では、布袋台によるからくり奉納が披露されます。
2体の唐子が棒を渡って布袋様に飛び移り、布袋様が軍配を一振りする巧妙なからくりが見どころで、綱さばきによる動きとは思えない、人形たちの演技に魅了されます。
奉納は9日・10日とも1日2回です。

10/9  12時頃及び14時頃
10/10  11時頃及び13時頃

宵祭
高山祭のもう一つの魅力を教えてくれるのが、9日の夕方から始まる宵祭。それぞれ100個もの提灯を灯した屋台が町を巡り、伝統の曳き別れ歌「高い山」を歌いながら、各屋台蔵へと帰っていきます。ゆらゆら揺れる灯りが闇夜に映え、秋の情感をかきたててくれます。

スポンサーリンク

4/14 18:00~21:00 
八幡宮表参道~下一之町~安川通り~下二之町~下三之町~安川通り~下一之町

【駐車場】
次に示している以外にも、国分寺通りや安川通り周辺には、市営・民営駐車場が数か所あります。

1、広小路駐車場(市営)
住所:高山市名田町5-100
利用料:
8時~20時 30分ごと150円
20時~8時 1時間ごと50円
利用時間:終日

2、かじ橋駐車場(市営)
住所:高山市本町3-9
利用料:
8時~20時 30分ごと150円
20時~8時 1時間ごと50円
利用時間:8時30分~20時まで

3、神明駐車場(市営)
住所:高山市神明町4-18
利用料:
8時~20時 30分ごと150円
20時~8時 1時間ごと50円
利用時間:終日

4、えび坂駐車場(市営)
住所:高山市馬場町2-1-1
利用料:
8時~20時 30分ごと150円
20時~8時 1時間ごと50円
利用時間:終日

☆市営など高山市の駐車場情報はこちらをご覧ください
高山市駐車場 MAP

★その他の臨時駐車場もあります。臨時駐車場の詳細な場所はこちらをご覧ください
臨時駐車場 MAP

高山祭(八幡祭)の見どころ

2016年11月に「山・鉾・屋台行事(高山祭の屋台行事含む)」がユネスコ無形文化遺産に登録されました。

毎年10月に飛騨高山で開催される「高山祭(八幡祭)」は、祭行列、飛騨高山の街を華やかに彩る屋台の鎮座、曳き廻し、からくり奉納、宵祭が見どころです。

2日間にわたって開催される間、飛騨高山の街はまったく異なる賑わいを見せます。

日中は、街中に鎮座する11台の屋台が豪華絢爛に街を彩るだけでなく、闘鶏楽(とうけいらく)、裃姿(かみしもすがた)の警固などの伝統の衣装に身をつつんだ総勢数百名が待ちを巡る祭行列を楽しむことができます。

また、八幡宮境内では、祭り両日に1日2回、布袋台によるからくり奉納を見ることができます。

からくり奉納は、熟練の綱方が幾本もの綱を操って、人形を生きているかのように遠隔操作する妙技です。きっと、大胆な演技に圧倒されること間違いなしでしょうから、ここにきて、これを見逃すことはできないですね。

さらに、9日午後から執り行われる「屋台曳き廻し」は、春の高山祭(山王祭)では体験できない秋の高山祭(八幡祭)でしか実施されない貴重な行事です。動く4台の屋台の美しさや構造の特長を堪能できますよ。

高山祭(八幡祭)の交通規制

10/9 6:30~22:00
10/10 6:30~17:00分※車両通行止め

桜山八幡宮を取り囲む宮川、安川通り周辺は、広範囲にわたって9日及び10日で交通規制と一部箇所で車両通行止めとなります。

なお、安川通り、国分寺通りなどは通行できますが、断続的に通行止めとなり、混在必須なので、祭り開催時はお気を付けください。

交通規制の詳細はこちらをご覧ください。
秋の高山祭-交通規制図

まとめ

春にも開催されている高山祭ですが、木々が赤く色づき始めるころの飛騨高山のお祭りの八幡祭も見逃せないですよね。

特に、2016年11月にはユネスコ世界遺産に登録された「山・鉾・屋台行事」のひとつの高山祭は注目のお祭りだと思いますよ。

秋の飛騨高山をぜひご堪能ください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする