お歳暮のお礼は年賀状で伝えればいい?お礼のマナーは?手紙を書く?

お歳暮 お礼 年賀状
自営業ですと年末付近になるとお歳暮を頂く機会って多いと思います。

取引業者やお得意様などであれば、お互いに、お歳暮を送りあっているのであまり気にすることはないと思いますが、場合によっては、一方的にお歳暮を頂くだけといった関係の方もいると思います。

とはいえ、まったく何もお返ししないのではなくお礼の一言ぐらいは伝えますよね?

どんな方法で伝えていますか?

例えば、電話で?口頭で?お礼状で?色々な方法が考えられますよね。

そんななか、どんな形でお礼を伝えればよいか、そんなことをご紹介できればと思います。

スポンサードリンク
  

お歳暮のお礼は年賀状で伝えればいい?

ちょくちょく顔を合わせる方なのであれば、直接、お会いして口頭でお礼をお伝えするということがよいと思います。

でも、直接お会いして口頭でお礼をお伝えすることって、なかなか難しいですよね。

お歳暮シーズンが終わると、年賀状を準備する時期ですよね。

では、年賀状にお歳暮のお礼を書けばいいんじゃないかな?って考えるんじゃないでしょうか。

それって、本当にいいですか?

年賀状は、1年間、お世話になった方にお礼を述べたり、これからの1年間をお世話になりますということを書くという意味では、年賀状で気持ちを伝えるということもよさそうですが、年賀は新年のご挨拶を伝えるものであり、お歳暮のお礼を伝えるものではありません。

しかも、1ヶ月以上もあとになって、年賀状でお礼をするのは、明らかにおかしいですね。

普通に考えれば、失礼ですので、やめた方がよいと思います。

お歳暮のお礼のマナーは?

それでは、直接、お会いしてお歳暮のお礼をお伝えする以外にお礼をお伝えする方法としてどんな方法があるでしょうか。

まず、考えられる方法としては、電話をして、お礼をするって方法があります。

スポンサードリンク

でも、親しい友人など、親しい間柄であれば電話でお礼を伝えるということもよいとは思いますが、仕事関係でのつながりの方に電話だけで済ませてしまうのは、あまり好ましくないですよね。

では、メールではどうでしょうか。

あまりかしこまらないほうがよいというときは、取り急ぎ、メールでお礼をお伝えするって方法もよいかもしれません。

お歳暮ではありませんが、お食事など、ご馳走になったときに、メールをすると思いますが、略式ながら、これも有効なお礼の方法だと思います。

ただ、メールだけですと、ちょっとお礼のご挨拶としてはさびしいですよね。

それで、こんな方法をご提案致します。
電話+メール
メールを事前にお送りしていて、後ほど、お礼の電話を改めする。

略式的なイメージなメールが電話することで相手にとっても丁寧さを感じることになる。なおかつ、こちらもそれほど手間がかからないので、よい方法ではないかと思います。

お歳暮のお礼は手紙を書くべき?

とはいえ、時間があるのであれば、最も、よい方法としては、封書、もしくは、はがきでお礼状書いてお送りすることですね。

また、可能あれば、パソコンで入力したものではなく、手書きでのお礼状であれば、なおよいと思います。

ちょっとしたことかもしれませんが、取引先も、礼を重んじる方には、しっかりした仕事ができると重要な仕事が任されることになるかもしれませんので、やっぱり礼を重んじるように、しっかりとお礼状は書くべきです。

これが将来に仕事につながれば、それに、越したことはないですからね。

まとめ

お歳暮のお礼を年賀状で伝えるというはよろくしありません。親しい方などは電話でお礼を伝えたり、メールでお礼を伝えるということでよろしいのではないかと思います。

ですが、大切なお得意様なのであれば、やはりお礼状を書いてお礼をお伝えした方がよいと思いますよ。

それが、今後の仕事の関係の上でも重要になるかもしれませんからね。

(関連記事はこちら)
寒中見舞いを出す時期っていつからいつまでOK?松の内とはなに?

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする