多摩川花火大会2018の穴場5選!日程・時間・駐車場情報は?


引用:http://www.k-kankou.jp/

昨年は突然の豪雨で中止になってしまった「多摩川花火大会」。

毎年、多摩川を挟んだ東京側の「世田谷区たまがわ花火大会」と同時開催されています。

例年、真夏の8月開催だった花火大会が、今年からはのんびりと10月開催に変更になっていますが、歴史ある注目の花火大会ですし、ラスト10分間の「ハナビリュージョン」は大変人気で毎年多くの方が来場します。

そんな多摩川花火大会の内容、2018年の日程・時間、見どころ、穴場、チケット情報、駐車場情報などをご紹介いたします。

スポンサーリンク

多摩川花火大会の日程・時間・概要

多摩川花火大会の日程は以下の通り開催されます。

【日程】2018年10月13日(土)
※荒天時は中止となります。

【時間】花火打ち上げの時間-18:00~19:00

【場所】
(神奈川県川崎市側ー多摩川花火大会)
〒213-0004 神奈川県川崎市高津区諏訪2丁目

(東京都世田谷区側ー世田谷区たまがわ花火大会)
〒157-0077 東京都世田谷区鎌田1丁目3−1

【有料席】
(川崎会場)
・パイプ椅子席(定員1名):5000円
・ペアシート(定員2名):13000円
・ファミリーシート(定員4名):20000円

(世田谷会場)
Aエリア:二子玉川公園内
・ペア席(1ペア):13000円
・パイプ椅子席(定員1名):4500円
Bエリア:多摩川河川敷内
・テーブル席(定員4名):25000円
・ベンチ席(定員3名):17000円

チケット購入はこちらから⇒
楽天チケット
※楽天ポイントもたまりますよ!!!

【アクセス】
川崎会場:
東急田園都市線二子新地駅から徒歩15分、高津駅から徒歩25分。

上野毛会場:
東急大井川線上野毛駅から徒歩8分、二子玉川駅から徒歩9分

多摩川花火大会の見どころ

1、花火と音楽が連動したハナビリュージョン

多摩川花火大会の花火は150年以上の歴史をもつ花火師「丸玉屋小勝煙火店」が担当している。

「江戸」の伝統を継承しつつ、「東京」の革新を併せもった「江戸・東京スタイル」の花火・音楽連動の花火「ハナビリュージョン」は一見の価値があります。

2、二度おいしい

たまがわ花火大会は、対岸の東京世田谷区側でも開催されています。

神奈川県川崎市の「多摩川花火大会」だけでなく、同じ場所で、東京都世田谷区の「世田谷区たまがわ花火大会」も楽しめる花火大会となっています。

3、いろんな場所から楽しめる

同時開催の神奈川県川崎市の「多摩川花火大会」と東京都世田谷区の「世田谷区たまがわ花火大会」は、同じ場所の対岸ではなく、ちょっとずれた場所で打ち上げが行われています。

多摩川周辺は高層マンションなども多く、死角が多くなりやすいところではありますが、2箇所対岸のずれたところで打ちあがりますので、ちょっと離れた場所からでも、どちらかの花火は楽しめると特長があります。

多摩川花火大会の穴場はこちら

例年8月の開催でしたが、2018年から10月開催へと変更!!!

川崎市側だけでも19万人以上の来場者がある人気の花火大会です。

混雑をさけてのんびり花火を楽しみたいのであれば、有料席がベストですけど、人気の花火大会ですので、有料席を確保するのは大変ですよね。

無料でも楽しめる場所もありますので、無料の穴場スポットをご紹介します。

穴場1:溝の口駅と梶ヶ谷駅の間-トンネル付近

打ち上げ会場からちょっと離れている分、迫力には欠けるかもしれませんが、溝の口駅から徒歩10分ほどで便利な場所です。

世田谷区側の花火はしっかりと見えると思いますが、川崎側の花火は残念ながら見れません。

なお、狭い階段なので、譲り合って通行してください。

穴場2:多摩川遊園

世田谷の打ち上げ会場からは離れてしまっているんですが、川崎側の打ち上げ会場には近くなので、花火はよく見えると思いますよ。

スポンサーリンク

ただ、駅からはちょっと離れているので、ちょっと移動は大変です。その分、混雑は緩やかになっています。

住所:〒158-0092 東京都世田谷区野毛2丁目9

穴場3:丸子橋

打ち上げ会場からちょっと離れているので迫力には欠けるかもしれませんが、その分、混雑は緩和されて、のんびり花火見学ができると思います。

それと、丸子橋は最寄り駅が「多摩川駅」「新丸子駅」「武蔵小杉駅」を利用できるので、交通の便はとってもいいですよ。

住所:〒211-0001 神奈川県川崎市中原区上丸子八幡町

穴場4:等々力陸上競技場

打ち上げ会場からちょっと離れてしまっているので迫力に欠けてしまうのと、駅からちょっと歩く距離が長いというのがデメリットなんですが、その分、みんな敬遠してあまり混雑しない傾向にあります。

ただ、自動車で行こうと思っている方にとっては便利な場所で、近くに駐車場が何か所もあるので、便利です。

住所:〒211-0052 神奈川県川崎市中原区等々力1−1

穴場5:東生田緑地

川崎市の夜景スポットとして有名な場所です。

多摩エリアの夜景と花火ともしかするとスカイツリーのコラボも楽しめるかもしれませんよ。

住所:神奈川県川崎市多摩区枡形4丁目

多摩川花火大会の駐車場情報

イベント当日は道路は大変混雑するので、公共交通機関を利用されるのがベストだと思います。

でも、混雑しても車での移動の方が楽なので、できれば車で行きたいですよね。

そんな方のために、会場周辺の駐車場情報をご紹介いたします。

多摩川花火大会の駐車場

1、タイムズポート溝の口

駐車台数:152台

営業時間:8:00~23:30

駐車料金:
20分毎200円
(最大料金1800円)

住所:神奈川県川崎市高津区溝口1-7

2、タイムズイトーヨーカドー溝ノ口店第1

駐車台数:73台

営業時間:8:30~22:30

駐車料金:
15分毎100円

住所:神奈川県川崎市高津区溝口1-7

3、ノクティ駐車場

駐車台数:518台

営業時間:5:00~24:00

駐車料金:
30分毎250円

住所:神奈川県川崎市高津区溝口1丁目1−4−1

4、タイムズ尾山台第2

駐車台数:31台

営業時間:24時間

駐車料金:
8:00~0:00 20分毎 100円
0:00~8:00 60分毎 100円
(24時間最大料金1300円)

住所:東京都世田谷区尾山台3-9

5、玉川高島屋ショッピングセンタータワーパーキング

駐車台数:228台

営業時間:9:30~23:00

駐車料金:
30分毎300円

住所:東京都世田谷区玉川3丁目25-15

多摩川花火大会のまとめ

2018年から10月開催へ変更となった多摩川花火大会。

世田谷区たまがわ花火大会も同時開催で、川崎側も世田谷側も毎年多くの方でにぎわいます。

混雑が予想されますので、ご紹介した有料席・穴場情報を利用して、ゆったり、のんびりと花火を楽しんできてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする