新潟まつり花火大会2018の穴場3選!日程・時間・駐車場情報は?


引用:http://niigata-matsuri.com/

新潟のまちなか花火「新潟まつり花火大会」

今年の花火大会は、新潟開港150周年を記念にして盛大に開催されます。

音楽花火やナイアガラ、圧巻のワイドスターマインなど見どころの満載の花火大会。

そんな新潟まつり花火大会の穴場スポット情報を中心に、新潟まつり花火大会の内容、2018年の日程・時間、駐車場の情報などをご紹介いたします。

[新潟まつり花火大会の動画]

スポンサーリンク

新潟まつり花火大会の日程・時間・概要

穴場情報に先立って、まずは、新潟まつり花火大会の日程などの内容を整理しますね。

【日程】2018年8月12日(日)
※荒天時は中止

【時間】花火打ち上げの時間-19:15~20:55(予定)

【開催場所】
新潟県新潟市中央区 / 信濃川河畔(昭和大橋西詰)

【予想来場者数】55万人以上

【打ち上げ花火数】約1万発

【有料席(桟敷席)】
・マス席A(定員:8名):24,800円
・マス席B(定員:4名):12,400円
・イス・テーブル席(定員6名):24,600円
・ペア席(定員:2名):5,700円
・ブロック席(定員:1名):2,600円

【アクセス】
R新潟駅から徒歩15分、JR白山駅から徒歩15分


引用:http://niigata-matsuri.com/

新潟まつり花火大会の穴場スポット情報はこちら

50万人以上の来場者数を誇る花火大会ですので、会場は大変混雑します。

有料席がベストポジションだとは思いますが、人気ですので、簡単にはGETできないですよね。

そんな中でもちょっとでも混雑をさけてゆったりと花火鑑賞できる穴場スポットをご紹介します。

穴場スポット情報

穴場1:朱鷺メッセの裏手の信濃川リバーサイド

打ち上げ会場からちょっと離れていますが、十分、花火を楽しめると思いますよ。

レジャーシートを持っていくとのんびりと花火を楽しめますよ。

住所:日本、〒950-0078 新潟県新潟市中央区万代島6−1

穴場2:県庁裏側の道路

ちょっと打ち上げ会場からは離れてしまいますが、その分、ゆったりと花火を楽しめますよ。

ナイアガラやラストのエボリューションも十分堪能できます。

住所:日本、〒950-0965 新潟県新潟市中央区新光町4−1

穴場3:西海岸公園

結構、花火の打ち上げ会場からは距離があるんですが、花火は十分楽しめますよ。

あと、近くに駐車場もあるので、便利ですよね。

住所:日本、〒951-8101 新潟県新潟市中央区関屋 西船見町5932番地626 ほか

スポンサーリンク

新潟まつり花火大会の駐車場の情報

イベント当日は道路は大変混雑するので、公共交通機関を利用されるのがベストだと思います。

でも、混雑しても車での移動の方が楽なので、できれば車で行きたいですよね。

そんな方のために、会場周辺の駐車場情報をご紹介いたします。

新潟まつり花火大会の駐車場

1、パラカ 新潟市東大通第1

駐車台数:220台

営業時間:24時間

駐車料金:
30分毎200円
(24時間最大1200円)

住所:〒950-0087 新潟県新潟市中央区東大通2丁目4

2、アルモべんてん

駐車台数:124台

営業時間:7時~24時

駐車料金:
30分毎 200円
(24時間最大1000円)

住所:〒950-0901 新潟県新潟市中央区弁天1丁目4−30

3、帝石ビル駐車場

駐車台数:96台

営業時間:8時~24時

駐車料金:
15分毎100円
(24時間最大1000円)

住所:〒950-0087 新潟県新潟市中央区東大通1丁目3 東大通1丁目3−1

4、CoCoLo駐車場

駐車台数:826台

営業時間:24時間

駐車料金:
30分毎200円
(入庫当日最大2400円)

住所:〒950-0086 新潟県新潟市中央区花園1丁目1−21

5、タイムパーク 新潟駅南口駐車場

駐車台数:67台

営業時間:24時間

駐車料金:
8:00~0:00 20分毎 100円
0:00~8:00 60分毎 100円

住所:〒950-0911 新潟県新潟市中央区笹口1−14−1

新潟まつり花火大会の穴場情報のまとめ

5万5人以上の来場者を誇る新潟を代表する花火大会「新潟まつり花火大会」。

混雑が予想されますので、ご紹介した穴場情報を利用して、ゆったり、のんびりと花火を楽しんできてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする