医療費控除に車で送っていった交通費も含まれるの?駐車場代はどう?本人がタクシーで行った場合は?

確定申告の医療費控除には、医者で支払っている医療費や薬代だけでなく、病院に行くまでの交通費も含まれるって、ご存知の方って多いと思うんです。

でも、診察を受ける本人の交通費は医療費控除の対象となるとわかっていてもご家族の付き添いでの交通費、特に、車で送迎した場合って、医療費控除の対象の交通費に含まれるの?病院の駐車場代は?って、よくわからないですよね。

そんな悩みに、「医療費控除に含まれる交通費ってこう考えればいい!」っていうことをご説明できればと思います。

スポンサードリンク
  

医療費控除に車で送っていった交通費も含まれるの?

まず、自分の通院のためではなく、付き添いで発生した交通費が医療費控除に含まれるかどうかっていうことをご説明できればと思います。

医療費控除の対象となる交通費は、原則としては、本人が病院に通院する等のために利用している公共交通機関への支払いに関するものです。

でも、診察を受ける方の年齢や病状によっては、通院させることに危険を伴う場合ってありますよね。

例えば、幼児・ご高齢の方を一人で電車に乗せて病院に通院させるような場合をイメージして頂ければと思うのですが、現実的に、これって難しいですよね。

そんな場合には、患者の方だけでなく、付き添いの方の交通費についても医療費控除の対象となるんです。

でも、通院にグリーン車を使ったとか、通常の交通費を超える部分については、それ相応の理由がない限りは、医療費控除の対象となる交通費には認められないことになります。

付き添いで行く家族の交通費も医療費控除の対象となることはわかった、じゃあ、通院されるご家族を車で送っていった場合のガソリン代、有料道路代、高速代なんていうものも医療費控除の対象の交通費になるの?っていうところですが、医療費控除の対象となる交通費って、1、病院などで診療等を受ける人的役務提供の対価として支払った通院費で、
2、その診療を受けるため直接必要なもので、かつ、通常必要なものに限られる
の2つのいずれにも該当するものっていうことになっています。

では、ガソリン代、高速道路などの有料道路代がこれら2つの基準に該当するかどうかを当てはめてみたいと思います。

ガソリン代は、人的役務提供(人から受けたサービス)の対価ではなく、ガソリンそのものの対価として支払うものですよね。

そのため、ガソリン代は、医療費控除の対象となる交通費には該当しないです。

では、高速道路などの有料道路代ですが、これも、人的役務提供の対価ではないですよね。高速道路などの施設を使用するために支払っている対価です。

そのため、高速道路などの有料道路代も通常は、医療費控除の対象となる交通費には該当しないです。

medications-257333_640

医療費控除の交通費に病院の駐車場代は含まれるの?

車で通院していると当然のことながら、駐車場代も発生することになると思います。

スポンサードリンク

これの駐車場代についても、人的役務提供の対価かどうか及び通常必要な診療を受けるための費用なのかに当てはまるかどうかを判断基準として考えれば、大丈夫です。

駐車場代って、駐車場を管理してくれている方に代金をお支払いするような場合もありますが、高速道路代と同じように、人的役務提供の対価ではなく施設利用の対価として利用料を払っています
そのため、病院などの駐車場代についても、医療費控除の対象となる交通費には該当しないです。

医療費控除の交通費にタクシー代は含まれるの?

ですが、ご家族が病院まで車で送っていけないような状況で、本人がタクシーで通院されるような場合もあると思うんです。

こんな場合に支払っているタクシー代も同じ車関連の費用なので、医療費控除の対象となる交通費に含まれないのではないかと思ってしまうかもしれませんが、こちらは、医療費控除の対象となる交通費に含まれる可能性があります。

なぜかと申しますと、先ほど、ご提示して判断基準人的役務提供の対価かどうか及び通常必要な診療を受けるための費用なのかに当てはまるかどうかを判断基準として考えれば、大丈夫です。

タクシー代は、タクシー自体を借りるための料金ではなくて、タクシーによる移動サービスの人的役務提供(運転手さんがタクシーを運転して病院まで連れていってくれたこと)の対価(代金)としてお支払いするものなので、判断基準の1つはクリアできています。

あとは、通常必要な診療を受けるための費用に当てはまるかどうかということが検証できればよいです。

例えば、電車だと疲れてしまうので、タクシーで通院していますといった場合には、通常必要なものではない(疲れてしまっても電車での移動はできる)ので、このタクシー代は医療費控除の対象となる交通費には該当しないです。

しかし、病気の症状から公共交通機関での通院が困難な場合やタクシー以外の交通手段がないような場合には、通常必要な費用ということになると思いますので、そういった場合には、医療費控除の対象となる交通費に該当します

但し、タクシーを利用した場合には、領収書が医療費控除の証明として必ず必要となりますので、忘れずに入手、保管するようにしてください。
領収書がないとタクシーに乗ったかどうかを証明できないですからね。

まとめ

このように、医療費控除の対象となる交通費について、人的役務提供の対価かどうか及び通常必要な診療を受けるための費用なのかに当てはまるかどうかを判断基準として考えてください。

自宅から病院までの車での交通費(ガソリン代等)については、これらの判断基準に当てはまらないため、医療費控除の対象となる交通費には該当しません。

ですが、タクシー代にはついては、これらの判断基準に当てはまることがあるため、医療費控除の対象となる交通費に該当する可能性があります。

なお、タクシーを利用した場合には、領収書の入手・保管は忘れずに!です。
(関連記事はこちら)
確定申告で医療費が還付されるって本当?それっていくら還付されるの?

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする