扶養?保険?年末調整ってなに?年末調整の仕方!確定申告と違う?

calculator-1680905_640
サラリーマンの方ですと、年末付近になると、人事や総務から扶養なんちゃらとか保険なんちゃらとかの申告書を書いて、11月あたりから12月初旬あたりに提出してください。って言われたりしませんか。

簡単にいうと、これが、年末調整(の準備作業)と言うものなんですが、なんでこんなことしているだろう?って思ったことないですか?

これをすると税金がちょっと戻ってきているみたいだけど、なんでなんだろうって思いませんか?

そもそも、年末調整ってどんなもので、それってどんなやり方で、同じ時期に聞く確定申告とはどういった違いがあるのを簡単にご説明できればと思います。

スポンサードリンク
  

扶養?保険?年末調整ってなに?

サラリーマの方ですと、給料、手当、ボーナスなどをもらう思うのですが、その給料、手当、ボーナスって、健康保険だの、厚生年金だの、住民税だの、(源泉)所得税などを控除された後の残額が支給されていると思います。

ここの控除されている項目の中で、年末調整に直接的に関連しているは、(源泉)所得税です。

実は、給料やボーナスから控除されている(源泉)所得税って、毎月の給料の支給額の計算やボーナスの支給額の計算の都度、細かく計算されている訳ではありません。

扶養している人数を縦軸と給料(ボーナス)を一定のレンジごとにグループとしたものを横軸とする表というものが国税庁から公表されておりまして、この表に当てはめて毎月の給料、ボーナス支給時の(源泉)所得税は、決められているんです。
(源泉所得税のこうやってきまっています)
【国税庁HP-源泉徴収税額表】

毎月の給料計算の時に、厳密に計算すると時間がかかるので、それは、省略しましょうということで簡単な計算方法になっているんだと思います。

でも、本当は、給料及びボーナスの年間支給額に税率をかけて税金は算定されなくてはいけない。

そのための調整を年末に一括してやろうということで、毎月の(源泉)所得税の概算額と正確な額との調整「年末調整」でやっているのです。これが、年末調整ってものです。

年末調整のしかたって?

例えば、年の途中(6月)で結婚し、その奥さんが旦那さまの扶養に入ったようなケースがあったとしましょう。

スポンサードリンク

先ほど申しあげましたとおり、毎月の(源泉)所得税は、扶養している人数を縦軸と給料(ボーナス)の額を横軸とする表を基準として、計算されるので、6月以降の給料は、扶養1名のカウントで(源泉)所得税が計算されます。

しかし、税金計算上の扶養(配偶者)控除のカウントは1年単位で行っていて、月割はしません。

そのため、本当は、1月~5月の給料も扶養1名として、(源泉)所得税を計算しておかなくてはならなかったことになります。

人事や総務では、こういった個々人の状況を把握し、税金(所得税)の正確な額を算定するということをまずやります。

その後、各月で控除してきた(源泉)所得税の概算額との比較を個々人ごとに行います。

その差額を、年内最後に支給するボーナスや給料の支給時に調整して、支給します。

年末調整と確定申告って同じこと?

同じぐらいの時期に、確定申告っていうのもあるって聞いたことないでしょうか。

年末調整と確定申告は同じではありません。

簡単にいうと、会社は、税金を納める人(給料をもらっているサラリーマン)に代わって、代理で計算して、本人から徴収して、国に納めています。

この厳密な計算をし、国に納めている税額を正確に計算しなおし、調整するっていうのが、年末調整です。

確定申告は、税金を納める人が自ら所得金額を計算し、その額をもとに計算した税金を国に申告し、納付するものです。

会社で把握できない給料以外の所得があったり、多額の医療費などが発生した場合に所得から控除できたりする制度があるのですが、そういったものは、会社の年末調整ではやってくれないので、自分で確定申告をする必要があるんです。

もちろん、年末調整でやっている作業を会社にやってもらわずに、確定申告で自分ですることもできます。

まとめ

年末調整って、サラリーマンの立場からするといろんな書類を会社に出さなくてはいけないので、ちょっと面倒だな!って思いますが、書類を出すだけで、会社が税金を計算してくれて、なおかつ、払い過ぎていた税金があったら、自分に代わって、国から返してもらってくれる。

確定申告でも、自分の状況を報告して、税金の納め過ぎを返してもらうこともできるのですが、会社に年末調整やって頂いた方が自分で確定申告するよりは楽ですよ。

面倒でも、ちょっとの手間で、確定申告せずに年末調整で大部分の納め過ぎの税金は取り返すことができますので、人事、総務さんにご協力してあげてください。それが、自分のためにもなりますからね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする