お中元お歳暮をやめたい!親戚、義両親にはどういった配慮が必要?

melon-555063_1920

お中元、お歳暮って一度やり取りを始めてしまうと、なかなかやめることってできないですよね?

とはいえ、いろいろと事情をあってやめたいな~って思うことってあるんじゃないでしょうか。

うまいやめ方、相手に配慮したうえで、相手からも嫌われないようなやめ方があったらいいですよね。

そんないいやめ方をご紹介できたらと思います。

スポンサードリンク

お中元お歳暮をやめたい!

お中元、お歳暮は一度、送り始めてしまうと、簡単に、やめることってできないですよね。

例えば、結婚に仲人をお願いしたようなときは、最低3年間はお中元・お歳暮を送り続けるのがマナーなんです。

それだって、3年たったら、突然、ぱたっとやめるわけにはいかないと思うんです。

仲人をしてくださった方から、

「今後はもうお気遣いなく」

といったお断りのご挨拶を頂かない限りこちらからやめるってことできまないですよね。

こんな感じに仲人というと、一応ではあるですが、3年という区切りがありますが、それ以外の場合は、お互いに半年間お世話になりましたってお送りしているものなので、こちらから、今年からはちょっと、、、って言いだしづらいですよね。。。

黙ってやめるなんて失礼なこともできないですし、、、お中元・お歳暮を贈りあっている方々は、本当にどの方もお世話になっている方だとは思うのですが、せめて、親族・親戚ぐらいは、、、やめれたらな~って思うところですよね。

お歳暮をやめたい親戚編

親戚の方とのお中元、お歳暮のやりとり。

実は、先方もやめたいと思っているかもしれませんよ。

でも、やめるわけにもいかないしな~って、お互いに感じているかもしれないですよね。

どっちがきっかけをつくってくれないかと思っているような関係でしたら、思い切って、こちらからきっかけをつくってみてはいかがでしょうか。

とはいっても、突然、こちらからお中元、お歳暮の品を贈らないっていうのは、失礼ですよね。

そうではなく、こんな方法をとってみてはいかがでしょうか。

お中元、お歳暮を頂いたあとに、「今後、このようなお気遣いはご放念ください」といったような内容のお手紙をお中元、お歳暮のお礼とともにお伝えしてみてはいかがしょうか。

スポンサードリンク

それ以外の方法であれば、こちらからいつも時期にお送りするのではなく、先方から贈られてきたら、お返しする。

また、翌年贈られてきたら、お返しするといったようなことを繰り返していると、先方も、こちらの気持ちを察して、贈ってこなくなるような場合もあると思います。

ちょっと時間はかかるかもしれないですが、何気なく、相手に気持ちを伝えられていいと思います。

お歳暮をやめたい義両親編

ですが、両親の場合には、お中元、お歳暮のほかに、ご両親の誕生日やお子さんの誕生日、クリスマス、御年賀に、お年玉といっぱい行事もありますし、法事などでお伺いすることあると思います。

その時のお花やご仏前、、、お中元、お歳暮だけではないので、お中元、お歳暮をお断りしたことで関係が崩れてしまうと、それ以外の行事やイベントの関係も整理しなくてはいけなくなってしまうかもしれませんね。

自分のご両親だったら、子供の行事だったりでお金もかかってきてるから、今年からやめようって言えば、やめれるかもしれません。

旦那様のご両親はなかなかそういかないんじゃないでしょうか。

旦那様がご両親にそのような提案をしても、角が立たずにお中元、お歳暮をやめるってことって難しいと思います。

ですので、ほかの行事(母の日・父の日・お誕生日など)も含めて予算削減というのはいかがでしょうか。

お中元、お歳暮でしたら、今まで、デパートなどで買っていたのであれば、楽天などのネットで購入してみるというのは如何でしょうか。

意外といいものを安く手に入れることができますよ。

それ以外では手間がちょっとかかりますが、ご両親のお誕生や敬老の日のお祝いなどは、お子さんに手作りの絵や工作してもらうというのはいかがでしょうか。

我が家では、子供と一緒に近くの公園にどんぐりを拾ってきて、それを100均で買ってきた白い箱に入れて、どんぐりをその箱に入れて、絵の具などで装飾したものを両親に送ってあげました。

その制作の途中の写真などもあわせて送ってあげたので、両親はとっても喜びました。

製作費は数百円ですが、両親の満足度としては、お金に代えがたいものなんではないでしょうか。

まとめ

いつも通りにお中元、お歳暮を贈るのはちょっときびしいと思っている方。

角を立てずにお断りするのはちょっと難しいようなときに、年間の行事を考えて、ほかで予算を削減するっていう発想の転換もあるんではないでしょうか。

お孫さんが作ったものは、おじいちゃん・おばあちゃんにとってはどんなプレゼントよりもうれしいはずですよね。お中元、お歳暮をやめるよりも効果的で、年間を通しての予算削減になるんではないでしょうか。

(関連記事はこちら)
お歳暮を会社の上司に送った方がいい?その時のマナー、常識とは?

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする