蛍(ホタル)が見られる時期っていつ?東京で見れる場所、見頃は?


夏の風物詩というと花火だったり、お祭りが想像されますが、夜のしずかな中に淡い光を鑑賞するホタルも夏の風物詩のひとつですよね。

ところで、ホタルが鑑賞できる夏っていつぐらいからなんでしょうか?

あと、ホタルっていうと、きれいな水辺にしか生育できないことから、郊外の田舎まで行かないと見られないと思っていませんか。

実は、東京でもホタルが鑑賞できる場所が、、、

そんな夏の風物詩のホタルについて、蛍(ホタル)っていつぐらいから見られるの?東京でホタルが鑑賞できる場所って?東京のホタルの見ごろっていつなの?ということをご紹介します。

スポンサーリンク
  

蛍(ホタル)が見られる時期っていつ?

ホタルって、えっと、ゲンジボタルでしょ。それに、ヘイケボタルでしょ。それに、、、

っていった感じに思いつく種類ってホントにわずかですよね。

でも、世界には2000種、日本でも40種類以上のホタルが生息しています。

種類によって、実は、光る期間もまったく違うんです。

そこで、その中でも一般的に夏のホタルっていうと有名な「ゲンジボタル」について、見られる時期っていうのをご紹介します。

【ゲンジボタルの一生】

1、産卵
6月中旬から7月にかけて水辺の苔に卵を産み付けます。

2、幼虫期
産卵からおよそ1ヶ月ぐらいで生まれ、夜明け頃水の中に入り、約265日間の長い水中生活で6回も脱皮し、成長していきます。

3、さなぎ
気温と土の温度が同じ(約14℃)になる頃の雨の夜、陸に上がり土の中でさなぎになります。

4、成虫
約1ヶ月でさなぎから羽化し、成虫になって土から出ます。成虫になると光り始めるのですが、光る期間はわずか1週間ぐらいなんです。
体長は、メスが約2cm、オスは約1.5cmとややオスの方が小さいですが、ホタルの種類の中では大ぶりな方なんです。
また、成虫になる季節は6月中旬~7月上旬の初夏のころです(ちなみに、ヘイケボタルは7月~8月に成虫になりますので、真夏に鑑賞できるホタルは、ゲンジボタルではなく、ヘイケボタルの可能性が高いです。ヘイケボタルは体長1cmとゲンジボタルと比べるとちょっと小ぶりです)

こういった感じに、ゲンジボタルについては、夏といっても、初夏のころに成虫になって、淡い光のハーモニーを見学することができるんです。

スポンサーリンク

東京でホタルが見られる場所ってあるの?

夏(初夏)の風物詩のホタルですが、できれば、近場で、ホタル観賞したいものですよね。

東京でも23区をさらに西に行き、市を越えていけば、本当に自然豊かな場所があります。

だからといって、東京でホタルを見学できるのは○○市や○○村ですといったら、郊外の豊かな自然があふれる田舎とかわりないですよね。

そんなに郊外に行かなくとも東京の23区内でホタルは鑑賞できるんです。

その中でも特に有名な東京都内のホタル観賞スポットはこちらです。

【東京都23区内のホタル観賞スポットはこちら】

1、ホテル椿山荘

ホテル椿山荘は都内でも有名な広大な庭園をもつホテルです。

実は、初夏の風物詩として1954年からホタルを楽しむことができました。

特に、2000年からは、ホテルの取り組みで、ゲンジボタルを産卵から飛翔まで生息できる環境作りをしてきました。その結果、現在では、産卵から幼虫までの人工飼育を庭園内及びホテルの飼育施設で行って、毎年冬に幼虫を放流できるまでになっています。

きれいな河川にしか生息できないホタル環境をここでは実現しているんです。

ホテル椿山荘では、このホタルの鑑賞に合わせてディナービュッフェなどの企画もありますが、無料でも、ホタル観賞はできます

2、ウェスティンホテル東京

都内ホテルで、ホタルを鑑賞できる場所としては、恵比寿にあるウェスティンホテルでもホタル観賞できます。

ホタルに見ごろに合わせて、ウェスティンガーデンにホタルを幼虫を放流し、初夏のころにホタル観賞ができるようになっています。

こちらも、ホタルにちなんだお食事プランや宿泊プランなどもありますが、無料でも鑑賞できます

東京のホタルが見頃なのはいつ?

ご紹介した2つのホテル(ホテル椿山荘、ウェスティンホテル東京)では、5月下旬ぐらいから7月上旬にかけてホタルが見頃となります。

東京は比較的暖かいということもあり、ホテル椿山荘では、昨年5月中頃からホタルを見ることができました。

ホタルは、先ほど、ご紹介した通り、気温と土の温度が同じぐらいになる14℃ぐらいでさなぎになります。

そして、さなぎから1ヶ月ぐらいで成虫になりますので、4月中頃ぐらいに気温が14℃前後ぐらいまで上がりますと、5月中頃ぐらいには早いとホタルが鑑賞できるといった感じです。

まとめ

ホタル観賞が見頃を迎えるのは、初夏のころ(6月上旬~7月上旬)。

実は、23区内でもご紹介したようにホタルはしっかりと鑑賞できますと、鑑賞できる環境は整えられているんです。

今年は、気軽に都内でホタル観賞なんてのはどうでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする