エアコンのくさい臭いはなんで?カビを防止する方法あるの?


暑くなってきたから、今日ぐらいからクーラーでもつけて寝ようかな~って思って久しぶりにエアコンをつけてみたら、、、

なんか臭いかも???

フィルターはちゃんと掃除したんだけどな~???

やっぱり業者に頼んで掃除してもらわないといけないかな~???

ってなる前に、ちょっと気を付ければエアコンを長くきれいに臭くならずに使えますよ!

そんなちょっとしたことでエアコンをきれいに臭くならずに使うコツをご紹介します。

スポンサーリンク
  

エアコンの臭いの原因ってなに?

エアコンが臭くなる原因って何だと思いますか?

まず、一番の原因は、フィルターにホコリがたまって、そのホコリの臭いがエアコンの風にのって、部屋中に巻き散らかされてしまうことです。

エアコンって、部屋の空気をすって、その空気を冷やして、部屋を冷やしますよね。

部屋には見えないチリやホコリがまっていますので、どんなにきれいにしていても、目に見えないチリやホコリは飛んでいます。

それが、エアコンのフィルターに吸着し、送風の風にのって、部屋にホコリがまた戻されてしまうことによって、エアコンからは臭い香りがします。

このフィルターにたまったホコリから出る嫌な臭いは、フィルターをこまめに掃除機をかけたり、洗ったりすれば解決するので、面倒ではありますが、あまりやっかいな原因ではありません。

ほとんどの人がエアコンの臭いで困ってしまうのは、普通の人では掃除できないエアコンの奥の方にびっしりと育ってしまう「カビ」が原因です。

久しぶりにエアコンをつけるとカビ臭いな~って感じることがあるかもしれませんが、これは、まさに「カビ」が繁殖してしまって、クーラーの風にのって、カビの菌が部屋中を漂うことによって、臭ってしまう「カビ臭」なんです。

さすがに「カビ臭」がするぐらいまでカビが繁殖してしまうと業者に頼まないとカビは除去できないですね。

自分でも分解して掃除できかもしれませんが、分解できてもちゃんと組み立てできるか不安だと思いますし、壊してしまうことを考えると業者にお願いした方がよいと思います。

私も、昨年、エアコンの洗浄をお願いしましたが、それ以来、すっかり臭いもなくなりました。

ですが、できればエアコンの清掃にお金はかけたくなくないですか?

じゃあ、エアコンをお金をかけずに、臭くしない方法ってどうすればいいでしょうか?

そんな方法をご紹介していきます。

エアコン内のカビ防止にはどんな方法があるの?

エアコンをお金をかけずに、臭くしない方法。

それはズバリ、「カビ」を繁殖させないこと!!!

そんなことは、誰もが想像つきますよね。

でも、「カビ」を繁殖させないっていうけど、、、

・それって、結構、難しいことなんじゃないの?
・カビ防止グッズを何か買ってこないとダメなんじゃないの?
・エアコン掃除業者に頼まないとできないんじゃないの?

という風に思いますよね。

いえいえ、全然、簡単ですし、お金もかかりません。

日ごろ、ちょっとしたことに気を付ければ大丈夫です。

ところで、話は変わりますが、「カビ」ってどういうところに発生すると思いますか?

「カビ」は、ちょっと薄暗くて、ジメジメしているところに発生しますよね。

エアコンのファンが回っている奥の方って、光が差し込みませんから、薄暗いんです。

それに、エアコンの奥の方って、意外とジメジメしているんです。

夏場は、エアコンの奥の方で、結露も発生していると思います。

そんな関係で、「カビ」がエアコンの奥の方で発生してしまうんです。

ですので、話を戻しますと、「日ごろ、ちょっとしたことに気を付ける」ことは、エアコンの奥の方に結露を作らないようにするっていうことなんです。

薄暗いのを解消することは、エアコンの構造上、難しいんですが、もう一つのカビの原因のジメジメした環境を作らない(結露を作らない)ことは、ちょっとしたことに気を付ければ全然できます。

ですので、結露を作らないためには、どうしたらよいのかっていうことを続いてご紹介しますね。


スポンサーリンク

エアコン内の結露を防止するには?

結露ができてしまう原因は、周りよりも特定の場所が冷えて空気中の水蒸気が冷やされて水滴になってしまうこと、周りが湿った空気が漂っていること、などがあげられると思います。

夏のエアコンの奥の方はまさにこの環境が整ってしまっているんです。

日本の夏はじめっと湿気が多いですよね。

そんな中、エアコンの中は冷やされていますので、エアコンの奥の方では、空気中の湿気が冷やされて水滴になってしまっているんです。

もちろん、室外機からある程度は水が出ていくんですが、完全には出し切られないですからね。

冬場の窓ガラスの結露を思い出して頂くとよくわかると思うんですが、暖房で温められた空気は窓に触れると結露ができますよね。

まさに、あの現象が夏場のクーラーの中では起こっているんです。

じゃあ、結露を抑えるにはどうしたらよいかっていうところなんですが、冬場の窓みたいに、結露ができても拭けばいいじゃんってわけにはクーラーの奥ではいかないですよね。

ではどうすれば良いかというと、クーラーの奥の方を乾燥&常温に戻してあげればいいんです。

クーラーの奥の方を乾燥させてあげる方法なんですが、

まずは、フィルターを掃除する!!!

っていうことから始めましょう!

フィルターを掃除するってことと、エアコンの奥の方を乾燥させてあげるって無関係のようですが、実はとっても関係しているんです。

クーラーって、奥の方に「ファン」があって、その前に空気を冷やす「熱交換器」っていうものがついていて、その熱交換器がホコリで詰まらないように、「フィルター」がついていますよね。その前に、さらに、エアコンのカバーがついています。

このフィルターが汚れていて、ホコリがいっぱいたまった状態になると、エアコンの内部にふたをしているような状態になってしまうんです。

ですから、まずは、フィルターを掃除するっていうことが重要なんです。

これは、面倒なので、あんまりおススメはできないのですが、乾燥させるって意味合いでは、エアコンを使用していないときは、エアコンのカバーを上にあげておくともっと乾燥することができますよ。

次いで、エアコンの奥の方を乾燥&常温に戻してあげる方法ですが、

クーラーをかけた後に送風運転をしてあげる!!!

除湿運転はダメですよ。除湿運転は部屋の中の湿気をとる運転なので、かえってエアコン内は湿気がこもってしまいますので!!

たまに、送風運転がないってエアコンもあるんですが、そんなときは、エアコンの温度を30℃ぐらいにしてクーラーにしてあげれば、送風と同じ効果が得られます。

これをこまめにしてあげるだけで、エアコン内のカビは防ぐことができます。

クリーン運転もこれと同じような効果がありますので、エアコンを使用した後のクリーン運転も停止せずに、クリーン運転をさせてください。

エアコンの臭いにおいを防止する方法のまとめ

エアコンの臭いにおいの原因は、フィルターの汚れとカビです。

フィルターは掃除をすれば、簡単に臭いを防ぐことができますが、カビは日ごろのお手入れが重要です。

ご紹介した方法で、お金をかけずに、ちょっとの手間で、エアコンはきれいにつかえますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする