寒中見舞いを出す時期っていつからいつまでOK?松の内とはなに?

syougatu03_c_04
年賀状を頂いていたのに、年賀状の返事を出し忘れてしまったのに気が付いてしまったことってないですか?

お正月は色々と行事もありますから、出そう出そうと思って、ハッと気が付いた時には、お正月終わってしまうなんてことも。

年賀状を出すのが遅くなってしまった時には、寒中見舞いを出して、非礼をお詫びするとともに、年賀状のお礼をお伝えすることが必要なんです。

じゃあ、いつから年賀状ではなく、寒中お見舞いで対応しなくてはいけないかわかりますか?

そんななんとなく知ってるけど、ちゃんとは知らない寒中見舞いのルールをご紹介します。

スポンサードリンク

寒中見舞いを出す時期っていつから?

せっかく年賀状を頂いたのに、年賀状での返事をすっかり忘れてしまった。

気が付いたら、すでにお正月が終わってしまっている。。。ん~、こんな時ってどうすればいいだっけ???

そんな時は、年賀状ではなく、寒中見舞いを作って年賀状をいただいた方にご挨拶することになります。

その場合には、一般的には、年賀はがきを使用せず、寒中見舞いのハガキが郵便局などで手に入れることができますので、そういったハガキを使用して頂くか、もしくは、年賀はがきではなく、普通のハガキを用意して寒中見舞いを出すのがよいです。

年賀はがきで寒中見舞いを出すのは、あまりよいことではありません。

書き出しは、
誤)あけましておめでとうございます。
正)寒中お見舞い申し上げます。
といったぐらいに書き出すようにしてください。

ところで、お正月っていつまでの期間がお正月だと思いますか?

1月7日までの期間は、関東では、「松の内」といって、ここまでの期間に、年賀状で頂いた新年のご挨拶については、年賀状でお返事すればよいことになっています。

「松の内」をすぎて、年賀状のお礼をお送りする場合には、寒中見舞いを使用してくださいね。

寒中見舞いを出す時期の松の内ってなに?

前章のところで、年賀状か寒中見舞いかのどちらを送るかのタイミングで、「松の内」ということを書きましたが、松の内って、なに?って思いますよね。

スポンサードリンク

松の内というは、門松(かどまつ)を飾っている間のことです。

お正月の三が日が終わって会社に出社しても門松が残っているのを見かけますよね。

あれって、松の内が終わる7日までは飾っておくものなんです。

それなので、あの門松が飾ってある期間は、松の内なので、そこまではお正月なんです。だから、門松を見かける期間は、寒中見舞いではなく、頂いた年賀状のお返しは、年賀状です。

門松を見かける間は、年賀状って出してもいいんだって思っていただければ大丈夫です。

これを読んでいる方で、松の内って、15日までではって思われている方もいるかもしれないので、ちょっと、補足を。

私は関東在住なんですが、関東では、7日までを松の内っていうのが一般的なんですが、関西では、15日までを松の内っていう地域が多いです。

そもそも、15日が正式な松の内らしいのですが、徳川幕府が徳川家光の亡くなった日が4月20日ということもあり、本来鏡開きとする20日を11日に繰り上げました。

その結果、松の内も繰り上がって、関東では7日になりました。

ですが、関西では、徳川幕府の影響も弱く、本来の松の日の15日という考え方がそのまま使われています。

寒中見舞いを出す時期っていつまで?

さすがに、正月が終わったところで年賀状の返事を出し忘れていたのに気が付かれた方は、すぐに年賀状か寒中お見舞いを出すとは思うので、いつまでだったら、寒中見舞いでいいの?っていうことは知らなくても大丈夫なぐらい、寒中見舞いを出せる期間って長いです。

寒中見舞いとして出してもいい期間は、松の内が終わった、1月7日から節分までなので、2月4日ごろまでに届くまでのものでしたら、寒中見舞いで大丈夫です。

と安心してしまって、さらに忘れてしまわないように、してくださいね。

もしも、2月4日も超えてしまいましたら、「余寒見舞い」というものもございますので、
その時は、余寒見舞いを送ってください。

もしくは、あきらめて頂くような形になってしまいますかね。。。

まとめ

やっぱり年賀状は頂いたら、すぐに返すのが礼儀ですので、1月7日を前に年賀状でお返しをしてください。

どうしても忘れてしまった場合に、1月8日以降は寒中見舞いで年賀状のお礼をぜひともお返しください。最悪、節分(2月4日到着)までですよ。

(関連記事はこちら)
年賀状に書く上司へのコメントは?抱負は書いた方がいい?手書きなの?

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする