喪中のときお歳暮は控えるべき?忌中の時はどうする?送るマナーは?

life-864389_640

昔は、お歳暮というと12月中旬ぐらいまでに送っていたことが多かったですが、最近のお歳暮の準備は早くなっていまして、12月に入ったらすぐにお歳暮を送るということも多くなっています。

喪中はがきが届いた時には、すでに、お歳暮は送り済みということもあるのではないかと思います。

こういった時に、お歳暮送ってしまってよかったのかな?っていう気分になるじゃないでしょうか。

こういった時に役立つ情報をご提供いたします。

スポンサードリンク
  

喪中のお家へのお歳暮は控えるべき?

喪中は、親族のご不幸があってから1年間は、親族の不幸を悲しんで、お祝い事は控えますという期間です。

そういった期間であってもお歳暮を送っても問題ありません

お歳暮を送ったあとに、喪中はがきをもらっても気にする必要はないですよ!

なぜかというと、同じ時期ぐらいに送る年賀状との違いを考えて頂くとよくわかると思います。

年賀状は、「明けましておめでとうございます。」といった言葉からよくわかるように、新年を迎えたことを喜びお祝いするために先方にお送りする挨拶状です。

自分が不幸で悲しんでいるときに、「おめでとうございます。」って言われたら、どう思いますか?いやだなって思うのが普通ですよね。そのため、喪中の方に、年賀状をお送りすることはよろしくありません。

一方、お歳暮は、1年間お世話になりましたという感謝の品を「ありがとうございます。」という気持ちを添えてお送りするものですよね。

自分が不幸で悲しんでいるときに、「ありがとうございます。」という感謝の気持ちを伝えられたとしても、別に悪い気持ちにはならないとは思うのです。

お歳暮はこのように日ごろの感謝を示す品なので、喪中の方に送ってもよいのです。

スポンサードリンク

忌中のお家へのお歳暮は控えるべき?

ですが、喪中といっても、いわゆる四十九日が終わっていない「忌中」の方に対しても、同じような形でお歳暮の品をお送りしてもよいのでしょうか。

一般的には、忌中のご家庭は、四十九日が終わった後には、たとえ喪中の期間であったとしても、贈答品(今回であれば、お歳暮)を送ってもよいとされていますが、送ってあげる側には特に制約はありません。

お歳暮は感謝の品ですので、お歳暮を送ってしまっていたとしても気にすることはないと思います。

ですが、忌中の間の方への贈り物は、香典という意味合いが強くなってしまいます

そのため、もし、送る時期をずらせるのであれば、忌中が明けてから、お歳暮をお送りした方がよいと思います。

年内には、忌中が明けないのであれば、「寒中お見舞い」として送ることもできますよ!

喪中の間にお歳暮を送るときのマナーは?

お歳暮の品を準備していた、喪中はがきを受け取ってしまったけど、まだ、お歳暮の品は送っていない。といった状況の方、そのまま送るのは、ちょっと、待ってください。

ちょっと気遣いがあるとよいと思いますよ!

どんな気遣いかと言うと、すでに送ってしまっている方は、「ご不幸があったのを存知あげなかったので、」となにかの時にお伝えすればよいです。

まだ、送っていない方は、本当に簡単な気遣いなんですが、のし、もしくは、水引について、デパートなどお歳暮を注文したところに、「無地の」のし、水引を準備してもらって、それに、お歳暮として書いてお送りする。これだけです。

自分の手元にお歳暮の品があるのであれば、のし、水引を無地のものに差し替えるようにしてください。

これだけで、受け取った相手の方は、「気遣ってくれたんだな!」って思ってくれると思いますよ!

まとめ

つまり、喪中の方に、お歳暮は送ってもよい。

ですが、忌中(四十九日が終わっていない)のご家庭には、忌中が明けてから、寒中お見舞いとしてお送りするか、お歳暮として送ってもよいが、その際の、のし・水引は無地のものを使って送るということです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする