年賀状に書く上司へのコメントは?抱負は書いた方がいい?手書きなの?

syougatu02_b_01
社会人1年目の方、今まで、友達に年賀状を書いたことがあったけど、お世話になった同じ部署の上司や先輩にも年賀状を書いた方がいいかも?って思っているひと。

友達であったら、メールなどで「あけおめ」と連絡すればよかったかもしれないけど、上司や先輩にはさすがにメールですませるって訳にはいかないですよね。

普段、あまり書きなれていないはがき、年賀状に、どんなことを書いたらいいのだろうか?って思いますよね。

印刷されている年賀状を買ってきて、それに、住所だけ書いて送るのは失礼にあたるかも、って思っていても、どうすればいいのかよくわからないし、、、

そんな人に、年賀状でどんなことを書いた方がいいのかを提案できればと思います。

スポンサードリンク
  

年賀状に書く上司への一言コメントは?

年賀状は、1年間お世話になりましたということとこれから1年間よろしくお願い致します。

という気持ちが伝えられればよいと思います。

「謹賀新年」や「賀正」で冒頭は始まる、
もしくは、「明けましておめでとうございます。

旧年中はお世話になりました。今年もよろしくお願いいたします。」
といったような文章がすでに書かれている年賀状を準備して、それに、宛名だけ書いて出すのは、上司や先輩に年賀状をお送りするのはちょっと失礼かな~って思っていますよね。

一言ぐらいは、言葉を添えて送らなくてはいけないって思うのではないでしょうか。

でも、いざ、上司や先輩に向けて年賀状にコメントを書こうとするとすぐには思いつかないですよね???

そんなとき、どんなことを書いた方がよいかといいますと、
・これまでの一年間、どういったことでお世話になったのか、
・これからの一年間、どういったことを頑張っていきたいのか、
 もしくは、これから一年間頑張っていきます!
といったような内容を書けばよいのではないでしょうか。

別にそれほど、りっぱなことを書かなくとも、まだ、具体的なことが思いつかなければ、「頂いたご指導に応えられるように頑張っていきたいです」といったように、抽象的でもよいので、一言で何かを伝えれられるようなことを書けばよいと思います。


スポンサードリンク

年賀状を出す上司へ一言抱負でアピール!

実際に具体的な目標が定まっている人、今後、こんなことをやってみたいと思っている人は、仕事に関連した今年の抱負を書いてみてはいかがでしょうか。

上司、先輩宛の年賀状を書くのであれば、仕事の関連性があることについて、上司、先輩に自分の抱負を書いた年賀状を送ってみてはいかがでしょうか。

4月から12月まで一緒に上司、先輩と仕事をしてきて、直さなくてはいけないかな~って思ったところがある方や自分として目指していきたい目標がある方は、そういったことを今後1年間の抱負として書くことができると思いますよ。

合わせて、その抱負の実現のために、「今後もご指導よろしくお願い致します。」と一言、添えておくとよいと思いますよ。

年賀状に書く上司への一言は手書きで!

年賀状は、宛名から、裏のご挨拶まですべて手書きの方がよいのではないかと思ったりしますよね。

もちろん、全部、手書きでかけるのであれば、私としては、手書きの方が、一人ひとり手間を惜しまずに、気持ちの入った年賀状だな?って思いますが、、、

宛名書きが印刷だったら、まずいとか、全部手書きじゃないとか、そういったことはまったくないです。

宛名もそうですし、それ以外の部分がパソコンで入力したものを印字したものであっても大丈夫です。

私の経験としてもまったく問題ないです。

「明けましておめでとうございます。」といった文章が印字されている年賀状であれば、一言コメントぐらいは手書きで書いた方がいいとは思いますが、その時でも、宛名書きなどはパソコンでの印字で大丈夫です。

年賀状に書く上司への一言コメントのまとめ

すべての部署の上司、先輩に年賀状を出さなくてもよいと思いますが、同じ部署の上司、先輩にお世話になっているようでしたら、ちょっと一言を添えて年賀状を書いた方がよいと思いますよ。

抱負も書いてあると、なおよいと思いますよ。

(関連記事はこちら)
年賀状は上司に送った方がいい?そんなとき、住所はどうやって調べるの?肩書は書くのかな?

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする