湯島天神梅まつり2018の日程・見どころ・混雑状況をご紹介!


湯島天神(正式名称:湯島天満宮)は、1500年以上の歴史を誇る神社で、学問の神様の『菅原道真』が祀(まつ)られているってことでも有名ですよね。

そのため、年末年始あたりは受験を控えた受験生で賑わいます。

私も東京生まれなので、合格祈願に絵馬を奉納しに行きました。。。

学問の神様ってことで、東京では有名な神社ではあるのですが、温かくなるちょっと前の2月下旬から3月上旬にかけては境内が梅の香りに包まれるぐらい多くの梅の木に囲まれる梅の名所としても有名な神社なんです。

そんな梅の名所『湯島天神』で開催される梅まつり2018の日程・見どころ・混雑状況をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

湯島天神梅まつり2018の日程・時間・概要

福岡の大宰府天満宮とか、湯島天神と同じ東京にある亀戸天神(亀戸天満宮)も同じく、菅原道真が祀られている神社ですね。

これらの神社に共通していることは、菅原道真だけではなく、神社の紋に「梅紋」が使われているということです。

つまり、すべての天神さまには、『梅』『菅原道真』が関係しているってことなんです。

この『梅』と『菅原道真』が関係する有名な伝説で「飛梅伝説」っていうのがあるんです。

菅原道真って方は、平安京の天皇に遣える貴族だったんですが、政治的な争い負けてしまって、京の都から大宰府に左遷されてしまったんです。

京の御所で道真が大切にしていた梅は、主人を追って、一夜のうちに大宰府まで飛んで行って根を降ろしたという伝説があったそうです(これを『飛梅伝説』といいます)。

これと同じような伝説が、各地の天満宮にはありまして、今のように、各地の天満宮で梅が見られるようになったとされています。

実際のとことは、京の御所の梅の木を株分けして各地の天満宮へと広がっていったものかもしれませんね。

そんな歴史ある梅が楽しめる湯島天神梅まつりの開催概要は以下のとおりです。

【湯島天神梅まつり 開催概要】
開催期間:2018年2月8日(木)~3月8日(木)
営業時間:8時~19時30分
※雨天でも営業しています。
入場料:無料
※土日には野点(のだて)=外のお茶会が開催されています。お茶券は600円です。
期間来場者数:約40万人
梅の本数:約300本
梅の樹齢:70年~80年
梅の種類:湯島天神の7割~8割は白梅(白加賀という種類)
その他、白梅・紅梅が約12種類楽しめます。

湯島天神梅まつりの見どころ

1、境内を甘い香りで包む梅の木の本数

湯島天神は、靖国神社とか浅草神社のように境内が広い部類の神社ではありません。

どちらかという小さめの普通の街の片隅にある神社ぐらいのサイズ感です。

そんな狭い敷地内に、なんと『約300本』の梅の花が境内に咲き誇っています。

ですので、湯島天神に入った瞬間に、梅の香りにあたりは包まれますよ。

2、白の世界が広がります

梅というと、大きく2つに分けると紅梅(赤)と白梅(白)ですが、湯島天神の梅の木はその『8割が白梅』です。

あたりを見渡すと白い梅の花があたりを彩っています。

白い梅にわずかに混じる紅梅がまた際立つ色彩を放つところもいいところですね。

3、梅だけじゃない楽しみもあります

梅まつりが開催されている土日祝日には、『イベントが開催』されます。

和太鼓の演奏が毎回開催されるほか、カラオケ大会や日本舞踊の披露、ベリーダンスやフラメンコなどなど和洋折衷の様々な催しものが楽しませてくれます。

4、静かに一服

梅まつり開催期間の毎日曜日(2月11日・18日・25日・3月4日)は『野点(のだて)』が開催されます。

野点(のだて)は、外で楽しむお茶会ですね。

梅の香りを楽しみながら、お茶を楽しむ時間は贅沢な時間ですよね。

5、かなり便利なんです

湯島天神って、意外と交通の便がいいんです。

徒歩10分圏内で、東京メトロが4路線(丸の内線:本郷三丁目駅、千代田線:湯島駅、銀座線:上野広小路駅、日比谷線:仲御徒町駅)のほか、JR線(御徒町駅)、都営大江戸線(上野御徒町駅、本郷三丁目駅)が利用できます。

これだけの路線が徒歩10分圏内でひしめいている梅の名所ってなかなかないですよね。


スポンサードリンク

湯島天神梅まつりの混雑状況

湯島天神にお祀りされている「菅原道真公」って、別名「学問の神様」ですよね。

梅まつりが開催されている期間って、大学の入試はほぼ終わりをぐらいではないかと思うのですが、都立高校の入試は2月後半にあります。

入試を控えている人たちが2月10日~12日の三連休にはまだまだ来ると思うんです。

ですので、2月10日~12日の三連休、その翌週ぐらいまでは、受験生も結構参拝するので、湯島天神はかなりの混雑が予想されます。

ですので、のんびりと見たいのであれば、2月後半~3月上旬ぐらいが比較的混雑が緩和されてゆったりと梅の花を楽しめますよ。

湯島天神梅まつりのまとめ

湯島天神梅まつりは、梅まつりだけでなく、色々なイベントが開催されて、梅だけでなく、楽しめる催しものとなっています。

アクセスも意外と便利ですので、今年の梅の季節には湯島天神の梅まつりに行ってみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする