川崎大師の初詣の混雑を回避して待ち時間を短縮する方法は?

ridge-end-tile-2708025_1920
初詣の参拝者のトップ3に入るほど人気の川崎大師。

毎年300万人もの参拝者が川崎大師を訪れています。

年末になると「厄除けといえば、川崎大師」といったCMも見ますよね。

とっても人気のあるお寺さんなので、初詣には本当に多くの参拝者がくるんです。

そんな人気の川崎大師の混雑状況や混雑の待ち時間を短縮する方法などを川崎市に住む私がご紹介いたします。

スポンサーリンク

川崎大師の初詣の混雑状況って?

私は毎年、川崎大師に初詣に行くのですが、三が日は本当に混雑しています。

もちろん、川崎大師の境内は混雑していて、入場規制がかかっているんですが、それ以前に、川崎大師に向かう電車も混んでいます。

まずは、川崎大師に行くためには、京急川崎駅から大師線という電車に乗るんです。

この大師線なんですが、三が日は、臨時電車など混雑緩和の運行体制採られるのですが、わずか4両編成の車両なんです。

当然ながら、混雑する元旦から3日までは、まずは、京急川崎駅への入場規制がかかります。

京急川崎駅から川崎大師駅まではわずか3駅の10分程度の距離なんですが(徒歩ではかなりの距離なのでやめておいた方がよいのですが)、入場規制の影響もあって、この大師線の乗るまでに30分~1時間ぐらいはかかってしまうんです。

しかも、混雑はこれだけではなく、川崎大師駅に到着してから、川崎大師まで、まったく混雑がなくても徒歩5分ぐらいの距離があるのですが、元旦ですと駅から川崎大師の境内まで行列が続くんです。

2日・3日は若干混雑が緩和されるといっても、境内周辺の道路はやはり混雑するので、境内に入るまで2時間~3時間待ちを覚悟していく必要があります。

川崎大師の初詣の待ち時間を短縮する方法ってある?

お正月休み期間に川崎大師に初詣ご希望であれば、先ほど申し上げたとおり、元旦は、京急川崎駅の時点からかなりの混雑が予想されてしまいます。

ですので、お正月三が日の狙い目としては3日の15時以降がよいです。午前中は大変混雑します。

「そんな混雑するなら、お正月じゃなくてもいいやー。1月中ぐらいに行けたらなーって」ってぐらいに余裕があるなのであれば、本当は、三が日は避けた方がよくて、さらにいえば、七草あたりまでは本当に混雑するので、七草(1月7日)以降がよいですね。

とはいえ、七草以降であっても1月の土日祝日も川崎大師付近はまだまだ混雑します。

川崎大師の近所から列が出来始めていて、境内に入るまで30分ぐらいかかることは覚悟していった方がよいですね。

そんな感じで、1月中〜節分あたりまでは混雑の続く川崎大師なんです。

「でも、お正月しか川崎大師に行けないしなー>_<混雑するのはイヤだけど、、、」っていう方がほとんどですよねー。私もそうなんですが、、、 そんな私がちょっとでも待ち時間を短縮するとして、日にちをピークからずらすという方法以外で実践している方法をご紹介します。

スポンサーリンク

川崎大師の初詣におすすめの駅って?

川崎大師の初詣の混雑って、駅から始まっているんです。

じゃあ、大師線以外の方法で川崎大師に行けるかっていうと、川崎駅から徒歩やタクシーやバスでの移動などもありますが、川崎駅から川崎大師まではかなりの距離なので、徒歩は現実的でない。タクシーやバスも周辺道路が混雑するので、時間とお金がかかってしまいますよね。

そんな中、大体の方は、川崎大師に行こうと、大師線の「川崎大師駅」を利用するんです。。。

その結果、「川崎大師駅」にも入出場規制がかかってしまいます。

ですが、川崎大師駅から一駅先の「東門前駅」は入場規制はほぼなし&実は川崎大師の最寄り駅なんです。

川崎大師の境内への入り口の「大山門」へは、こちらの「東門前駅」の方が近いんです。

ほとんどの人が「川崎大師駅」を利用するので、「東門前駅」はかなりすいているんです。たぶん、地元の人か、毎年、川崎大師に行っている人ぐらいしか利用していないんだと思います。

「東門前駅」を利用するだけで、混雑を緩和して川崎大師に行けるんです。

あと、駅から川崎大師に向かうのとは逆にはなるのですが、駅から徒歩1分ぐらい距離にホームセンターの島忠ホームズがあります。

フードコートもありますので、ちょっとした食事をこちらで楽しむことができます。

あと、スーパーも併設されていますので、ちょっとしたお買い物もできます。

「ファッションセンターしまむら」もありますので、寒いのに手袋忘れちゃった>_<って、時もささっとお買い物できるので、便利ですよ!

川崎大師混雑状況のまとめ

川崎大師の初詣ですが、川崎大師に電車で行くには、大師線しか移動方法がありません。

ですので、元旦の初詣は大変混雑します。三が日だったら、3日15時以降がねらい目です。

また、多くの方が川崎大師の最寄り駅は「川崎大師駅」だと思っていますが、1月は川崎大師の裏門が閉鎖されていることもあり、川崎大師駅から一駅先の「東門前駅」の方が最寄駅となっているんです。

「東門前駅」を利用するだけでも、川崎大師の混雑を緩和して、初詣することができると思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする