昭和記念公園の紅葉の見ごろ、紅葉シーズンの服装、駐車場情報をご紹介!

golden-yellow-2386328_1920
昭和記念公園は、昭和天皇が在位50年を記念してつくられた総面積180ha(東京ドーム約39個分)という広大な敷地の国営公園なんです。

園内にはモミジも多く眺めることができるのですが、昭和記念公園は、入口を入ってすぐの200mにわたって植えられているイチョウの並木が特徴的です。

そんな昭和記念公園の紅葉の見ごろをご紹介するとともに、紅葉の見ごろの昭和記念公園の気温も気になるところですからその時におススメする服装、紅葉見学に便利な駐車場の情報をご紹介します。

[昭和記念公園紅葉風景]

スポンサードリンク
  

昭和記念公園の紅葉の見ごろっていつ?

紅葉の見ごろは、年によって若干違うのですが、10月下旬ぐらいから色づき始め、

11月中旬~11月下旬ぐらい

が紅葉の見ごろとなっています。

昭和記念公園のイチョウの木は、銀杏がなる木ですので、紅葉する時期は銀杏の実が道にも落ちていますので、間違って踏んでしまうと靴が臭くなってしまいますのでご注意ください。

住所:〒190-0014 東京都立川市緑町3173

昭和記念公園の紅葉シーズンってどんな服装でいけばいい?

○昭和記念公園(立川市)の気温
11月中旬:最高 14℃~15℃ぐらい 最低 4℃~5℃ぐらい

11月下旬:最高 12℃~14℃ぐらい 最低 1℃~3℃ぐらい

⇒昭和記念公園の紅葉シーズンの開園時間は、9時30分~16時30分までです。
そのため、早朝の一桁台の気温の時は入園できないので、どんなに寒くても10℃台ぐらいの気温です。日中の日差しがある時間帯は、15℃前後ぐらいにはなりますので、タウンコートまではいらない気温です。
セーターに、軽く羽織れるジャンバーやスプリングコートぐらいで大丈夫な気温です。

昭和記念公園の紅葉スポット近くの駐車場はある?

昭和記念公園には、3ヶ所で約2500台分の駐車場が用意されています。

紅葉シーズンの前には、コスモスが園内に咲き誇っていて、本当にきれいなんですが、その時期でも駐車場に入るにはちょっと渋滞します。

スポンサードリンク

ですので、紅葉シーズンもちょっと渋滞はするとは思いますが、他の観光紅葉スポットよりは駐車場への入場での渋滞は比較的緩やかだと思います。

立川口駐車場

収容台数 普通車1755台、自動二輪70台、障がい者等用20台
料金 普通者820円/1回、自動二輪260円/1回
※障害者手帳及び療育手帳、精神障害者福祉手帳の交付を受けている心身障害者の方もしくは同乗者の方の手帳提示により駐車料が無料。

住所 :〒190-0014 東京都立川市緑町

西立川口駐車場

収容台数 普通車345台、自動二輪40台、障がい者等用6台
料金 普通者820円/1回、自動二輪260円/1回
※障害者手帳及び療育手帳、精神障害者福祉手帳の交付を受けている心身障害者の方もしくは同乗者の方の手帳提示により駐車料が無料。

住所 :〒196-0032 東京都昭島市郷地町3丁目1

砂川口駐車場

収容台数 普通車431台、自動二輪18台、障がい者等用6台
料金 普通者820円/1回、自動二輪260円/1回
※障害者手帳及び療育手帳、精神障害者福祉手帳の交付を受けている心身障害者の方もしくは同乗者の方の手帳提示により駐車料が無料。

住所 :〒190-0015 東京都立川市泉町

昭和記念公園の開園時間・入園料などの情報

【開園時間】
9:30~16:30

【入園料(団体は除く)】
大人(15歳以上)  410円
小人(小・中学生)  80円
シルバー(65歳以上)210円
※年間パスポートは、入園料10回分の料金です。

昭和記念公園の紅葉の見ごろのまとめ

紅葉シーズンの11月中旬~11月下旬であっても日中は15℃前後ぐらいにはなりますので、セーターに軽く羽織れるジャンバーなどの服装がよいと思います。昭和記念公園は入場が9時30分~16時30分までの時間帯ですので、じっかり防寒とまではいかなくとも大丈夫です。

また、車でいらっしゃる方でもちょっと駐車場に入れるまでは時間がかかること&公園からの距離が離れることはありますが、駐車スペースが2500台分もありますので、駐車場に止められないってことはないので、ご安心ください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする