北区花火会2017の穴場3選!日程・時間・駐車場情報は?

fireworks-2470951_1920
北区花火会は、「花火大会」ではなく、「花火会」とされています。

これは、北区民みんなで作り上げていく花火の催しもの、老若男女問わず楽しめる会として「花火会」と名付けられているんです。

北区花火会は、「北区の地域振興」「地域イメージアップ」、そして、「地域の『絆』を深める」を目的として実施されている花火の祭典なんです。

約8千発の花火に、5万人以上の北区民、東京都民、北区花火会ファンによって例年盛り上がりを見せています。

多くの来場者がある花火大会ですので、かなりの混雑は予想されます。その中でも、ご紹介する穴場スポットを鑑賞すれば、のんびりと鑑賞できると思いますよ。

それでは、そんな北区花火会の穴場情報を中心に、北区花火会の内容、2017年の日程・時間、駐車場の情報、有料席の情報、天気予報などをご紹介いたします。

[北区花火会]

スポンサードリンク

北区花火会の日程・時間・概要

穴場情報に先立って、まずは、北区花火会の日程などの内容を整理しますね。

【日程】2017年10月14日(土)

【時間】花火打ち上げの時間-18:30~19:30(予定)

※荒天の場合には、中止となります。

【打ち上げ花火数】:7777発

【場所】
東京都北区志茂 荒川河川敷・赤羽岩淵水門周辺

【予想来場者数】5万人以上

【有料席(桟敷席)】1名1000円~
Pコード:636-644
(チケット購入はこちらから)
チケットぴあ

詳しいチケット情報は後ほど、ご紹介いたします。

【アクセス】
(電車)
JR京浜東北線-赤羽駅東口から徒歩25分
南北線-赤羽岩淵駅・志茂駅から徒歩20分

(車)
首都高川口線-鹿浜橋(下り線【埼玉方面へ向かう路線】のみ出口あり)
首都高川口線-東領家(上り線【東京方面へ向かう路線】のみ出口あり)
※会場へ最寄の首都高出口の「鹿浜橋(下りのみ)」「東領家(上りのみ)」は
それぞれ下り車線or上り車線のみ出口となっていますので、ご注意ください。

北区花火会の駐車場の情報

イベント当日は道路は大変混雑するので、公共交通機関を利用されるのがベストだと思います。

とはいえ、道路は混雑するのはわかっていてもやっぱり車の方が便利だと思うんです。

そんな方のために、会場近くの駐車場情報をご紹介いたします。

なお、当日は、打ち上げ会場付近の隅田川河川敷の道路及び新志茂橋は交通規制で車両が通行不可となる時間帯があります。
詳細はこちらをご覧ください。

http://www.hanabi-kita.com/koutsukisei/

1、赤羽駅西口駐車場

駐車台数:336台

営業時間:24時間

駐車料金:
9時~23時:60分毎 400円(但し60分以降30分毎 200円)
23時~9時:60分毎 100円(但し60分以降30分毎 50円)
(24時間まで最大1000円)

住所:東京都北区赤羽西1-7

2、タイムズダイエー赤羽店

駐車台数:68台

営業時間:24時間

駐車料金:
7時~23時30分:60分毎 300円
23時30分~7時:60分毎 100円
(24時間まで最大1000円)

住所:東京都北区赤羽2-2-2

3、タイムズ志茂第8

駐車台数:17台

営業時間:24時間

駐車料金:
8時~20時:40分毎 200円
20時~8時:120分毎 100円
(24時間まで最大1000円)

住所:東京都北区志茂3-5

4、タイムズ赤羽台

駐車台数:34台

営業時間:24時間

駐車料金:
8時~20時:40分毎 200円
20時~8時:60分毎 100円
(24時間まで最大1500円)

スポンサードリンク

住所:東京都北区赤羽台4-1

5、ピットイン赤羽第8

駐車台数:23台

営業時間:24時間

駐車料金:
8時~24時:60分毎 200円
24時~8時:60分毎 100円
(8時~24時までの区間最大1500円、全日夜間500円)

住所:東京都北区赤羽3-2-4

北区花火会の穴場はこちら

5万人を超える来場者を誇る東京都北区の花火大会ですし、東京の花火大会の中でもかなりの人気を誇る花火会なので、当日、会場は大変混雑します。

そんな中でもちょっとでも混雑をさけてゆったりと花火鑑賞できる穴場スポットをご紹介します。

穴場1:川口側の荒川の土手

打上会場は荒川と隅田川で挟まれた中洲付近で、その荒川をわたった埼玉県川口市側の荒川の河川敷です。

打上会場からもほど近くですので、迫力ある花火を体験できると思います。

住所:埼玉県川口市元郷3丁目

穴場2:鹿浜橋

打上会場から荒川を少し下ったところにかかる橋です。

会場からもそれほど遠くないので、迫力ある花火をゆったりと鑑賞できると思いますよ。

住所:〒123-0864 東京都足立区鹿浜2丁目

穴場3:荒川運動公園

打上会場から少し、荒川を上ったところです。

河川敷も広くて、土手の斜面に腰を掛けてのんびりと花火鑑賞が楽しめますよ。

お尻が汚れてしまいますので、レジャーシートは持参された方がよいと思いますよ。

住所:〒332-0024 埼玉県川口市飯原町荒川町14−1

北区花火会の有料席のチケットの種類と料金は?

もちろん、おすすめの穴場スポットからでも花火を楽しむことができると思いますが、北区花火会の花火では、コンサートレベルの音響で音楽とともに花火を楽しむ「音楽花火」が打ち上げられます。これを存分なく楽しめる「青水門」エリア。

また、隅田川と荒川をつなぐ水門として隅田川に設置されている旧岩淵水門はその水門壁が赤く塗られており「赤水門」と呼ばれています。この赤水門越しにフォトジェニックな花火が見られます。これを楽しめる「赤水門」エリア。

これを楽しみたいなら、ぜひとも有料席をおすすめします。

チケットは、10月9日(土)23時59分まで発売しています

有料の鑑賞シートの種類、料金は次の通りです。
(チケット購入はこちらから)
チケットぴあ


http://www.hanabi-kita.com/ticket/

青水門エリア

コンサートレベルの音響で楽しむ音楽花火を迫力ある距離で堪能できる有料席です。

SOLD OUT!!
・パーソナルA:3500円(税込)/1名用(階段席)
・カップルA:8500円(税込)/2名用(パイプ椅子×2&1枚ひざ掛けプレゼント)
・グループシートA4:10500円(税込)/4名用(1.8m×1.8m)
・グループシートA8:21000円(税込)/8名用(1.8m×3.6m)

赤水門エリア

ライトアップされて赤く浮かび上がる赤水門とそのバックを彩る花火が堪能できる有料席です。

・パーソナルB:3000円(税込)/1名用(パイプ椅子席)
・カップルA:7000円(税込)/2名用(パイプ椅子×2)
・グループシートA4:8000円(税込)/4名用(1.8m×1.8m)
・ファンゾーン:1000円(税込)/シート(0.9m×0.9m-自由席)

気になるお天気は?

(お天気情報はこちら)

北区花火会の穴場情報のまとめ

秋の花火なので、どうしても夏の花火に比べると来場者数はどうしても少ないです。

とはいえ、荒川・隅田川の河川敷に5万人規模の来場者があるとどうしても混雑すると思います。

穴場情報でもお伝えした場所や有料席を利用されて、のんびりと花火鑑賞を楽しんでください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする