インフルエンザの検査したら陰性なのに高熱!再検査した方がいい?陰性から陽性になることってあるの?


2013_kaze_01c_r4_c42
お子さんが突然、高熱を出したりすると本当に心配ですよね。

特に、インフルエンザがはやっているような時期に、夜、熱を出してしまったら、どうしますか?

夜間の小児外来に連れていって、インフルエンザになっていないか検査を受けにいったりしませんか。でも、検査を受けてみたら、陰性だった、、、でも、翌朝になっても熱が下がらないなんてことないですか。

うちにも4歳児の子供がいるんですが、一昨年、夜39度の熱を出して、インフルエンザを心配して小児救急に連れていったことがありまして、同じようにインフルエンザの検査結果は陰性だったのですが、翌日に、熱が下がらずに再検査を受け、インフルエンザと診断されることがありました。

はじめのインフルエンザの検査結果が、陰性であったとしても、私の子供と同じようにインフルエンザの感染が発見されることがあります

スポンサードリンク

インフルエンザの検査したら陰性だったのに高熱が

インフルエンザがはやっている時期ですと、お子さんが高熱を出すとインフルエンザに感染しているのではないかと心配ですよね。

かわいそうだと思いつつ、あの鼻をぐりぐりとする検査を受けると思います。

大人でも涙目になってしまうあの検査どうにかならないのかと思うのですが、あの鼻の粘膜の奥の細胞をとるあの検査が、インフルエンザに感染しているかどうかを検査するに一番効果的のようです。

ですが、あの検査結果が100%正しいわけでなく、あくまでも高確率で、インフルエンザに感染しているかどうかを検査するものなんです。

あの鼻の奥をぐりぐりするあの検査ですが、実は、発熱後24時間~48時間の間がもっとも正確に検査結果がでるようです。

そのため、発熱後すぐにですと、実は正確な検査結果がでないこともあるようです。

熱を出したから、すぐに、夜間外来で子供を病院に連れていっても、検査結果として正確な結果がでないことがあります。

結果として、発熱後すぐ、あの鼻の奥をごりごりする検査で、陰性(インフルエンザでない)と診断されたとしても、それって、本当の結果ではないかもしれません。

これは余談ですが、あの鼻の奥のごりごりの検査ですが、24時間経過後であったとして、80%~90%の確率での検査結果のようですので、10人に1人ぐらいの割合では、間違っているということです。

スポンサードリンク

インフルエンザの検査したら陰性だったけど再検査

ほんとに苦痛な鼻の奥のぐりぐり検査なんですが、ちゃんと24時間経過していれば、インフルエンザになっているかどうかを確認する手段としては、確率が高いと思いますので、もし、24時間立つ前に鼻の奥をぐりぐりする検査をもう一度受けてみると、検査結果が異なっているかもしれませんよ。

もし、1度目の検査を発熱から24時間以内に受けていても、発熱したまま、熱が下がらないようであれば、インフルエンザの可能性がありますので、再度、検査を受けてみるようにしてください。

インフルエンザの検査が陰性から陽性へ

それなので、1回目の検査があまりにも発熱から早い時期に実施されていると、陰性(インフルエンザではない)と診断される可能性が高いです。また、この鼻の奥のぐりぐり検査は、先ほど、書きましたが、80%~90%の確率の検査なので、2回目に実施した結論が陰性から陽性に変わるということはありえます。

インフルエンザの1回目の検査で陰性が出たとしても、熱がなかなか下がらないようであれば、苦しいですが、2回目の検査を実施することをおススメ致します。



まとめ

お子さんが熱を出したら、すぐに病院についていってあげたいと思うのは、同じ子供をもつ親として当然だと思います。
でも、インフルエンザの疑いがあって、なおかつ、発熱後間もない時には、インフルエンザの検査をしてあげても、陽性(インフルエンザである)という結果は出る可能性は低いです。

それに、あの鼻の奥をぐりぐりする検査を何度も受けさせるのは、かわいそうですよね。
朝まで様子を見てあげても大丈夫そうでしたら、次の日の朝に、病院に連れていって検査を受け、治療してあげるのが、いいときもあるかもしれませんね。

(高熱が出てもインフルエンザではないときもありますよ)
冬に幼児が高熱を出したらインフルエンザなの?インフル以外の病気の可能性は?

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする