片貝まつり花火大会2017の穴場3選!日程・時間・駐車場情報は?

fireworks-574739_1920
400年の伝統を誇る片貝まつりは、毎年9月9日、10日の2日間にわたって開催されています。

例年、世界一の四尺玉の花火を始め、多くの尺玉以上の花火を楽しみに多くの人が訪れる片貝まつりですが、今年は土日の開催ということもあり、昨年以上の来場者が見込まれる祭りとなっています。

全国各地から20万人以上の来場者が見込まれる花火大会となりますが、これからご紹介する穴場スポットを鑑賞すれば、のんびりと鑑賞できますよ。

それでは、そんな片貝まつり花火大会の穴場情報を中心に、片貝まつり花火大会の内容、2017年の日程・時間、駐車場の情報、有料席の情報、天気予報などをご紹介いたします。

[片貝まつり花火大会]

スポンサードリンク

片貝まつり花火大会の日程・時間・概要

穴場情報に先立って、まずは、釧路大漁どんぱく花火大会の日程などの内容を整理しますね。

【日程】2017年9月9日(土)・10日(日)

【時間】花火打ち上げの時間-19:30~22:20(予定)

目玉の四尺玉は22時ごろの打ち上げとなります。 

※雨天でも開催されますが、風速10m以上で警戒発令時は順延。

※※10日には、真昼に三尺玉が打ちあがります!!!
同級会古希の皆さんが、午後2時に日本唯一真昼の三尺玉を打上げます。
午後1時~2時の間、真昼のスターマインや連発花火を打上げます。

【場所】
・片貝町浅原神社裏手
住所:〒947-0101 新潟県小千谷市片貝町6548

【予想来場者数】20万人以上

【打ち上げ花火数】1万5千発(9日・10日合計)

【有料席(桟敷席)】
☆☆事前申し込みの桟敷席☆☆
申し込み期間:4月1日~7月31日
席内容:9日・10日の2日券-定員8名の升席
金額:1升-3万円

★★当日券★★
販売日時:9日、10日の午前10時~
販売場所:浅原神社右手 桟敷席中央入口
金額:1人3000円
注)先着順に販売

【アクセス】
(電車)
・JR上越線-小千谷(おぢや)駅から路線バスで約20分
・JR信越本線-長岡駅から路線バスで約30分
詳細はこちらをご覧ください

(車)
・関越高速道小千谷ICから約10分
・関越高速道長岡ICから約20分
・関越高速道長岡南越路スマートインターから約10分

片貝まつり花火大会の駐車場の情報

イベント当日は道路は大変混雑するので、公共交通機関を利用されるのがベストだと思います。

とはいえ、新潟各地・全国各地からなかなか見れない四尺玉をご覧になりたい方は多いですよね。道路は混雑するのはわかっていてもやっぱり車の方が便利だと思うんです。

1、片貝地内道路(無料) 3ヶ所

県道10号線等の3箇所が片側道路が無料駐車場として開放されます。
詳細は、こちらをご参照ください。

・片貝バイパス片側:700台
・市道片貝環状線片側:40台
・市道高見五之町線:60台

大体、このあたりの区間です。

2、片貝地内有料駐車場(有料) 6ヶ所

駐車料金:普通車1台2000円

1、煙火協会駐車場(約60台)

場所:㈱フーゲツのとなり

2、越後製菓㈱片貝西工場(約40台)

場所:〒947-0101 新潟県小千谷市片貝町5085

3、浅田精機(約100台)

場所:〒947-0101 新潟県小千谷市片貝町4481−4

4、㈱フーゲツ【17時以降】(約30台)

場所:〒947-0101 新潟県小千谷市片貝町2489−1

スポンサードリンク

5、JA片貝車両センター(約10台)

場所:〒947-0101 新潟県小千谷市片貝町5050−3

6、越後製菓㈱片貝工場(池津)【17時以降】(約100台)

場所:〒947-0101 新潟県小千谷市片貝町1980−1

3、小千谷方面シャトルバス利用者駐車場(無料) 6ヶ所

シャトルバス利用者は無料の駐車場です。
シャトルバスの運行表はこちらをご参照ください。

バス料金:片道400円(子供200円)

P1:イオン小千谷店(約300台)

場所:〒947-0042 新潟県小千谷市大字平沢新田字荒田339

P2:小千谷総合病院(約400台)

場所:〒947-8701 新潟県小千谷市平沢新田111番地

P3:白山運動公園(約400台)

場所:〒947-0043 新潟県小千谷市山谷2234

P4:第一測範製作所【17時以降】(約200台)

場所:〒947-0044 新潟県小千谷市坪野826−2

P5:西部工業団地造成地(約200台)

P6:越後製菓 小千谷工場

場所:〒947-0045 新潟県小千谷市鴻巣町1260

片貝まつり花火大会の穴場はこちら

穴場1:越後製菓 片貝工場

17時以降からしか開放されない有料駐車場であるのと、会場まで結構距離があるので、穴場スポットです。

穴場2:片貝小学校

片貝小学校とお隣のスポーツセンターは一般自由観覧場所として開放されていて、会場からも近くなので、迫力ある花火を見れますよ。

ちなみに片貝中学校は立入禁止となっていますので、間違えないようにお気を付けください。

住所:〒947-0101 新潟県小千谷市片貝町8643

穴場3:片貝バイパス(県道236号線)

この道路は片側が駐車場として開放される場所です。

早めにここに止めてゆったりと花火鑑賞がいいですよ。

気になるお天気は?

(お天気情報はこちら)

片貝まつり花火大会の穴場スポット情報のまとめ

片貝まつり花火大会は9月9日・10日の2日間とも世界一の四尺玉の花火を見学できます。

今年は、土日開催ですので、全国各地から多くの来場者があると思いますので、穴場情報も参考に、世界一の四尺玉の迫力を堪能してきてください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする