東福寺の紅葉の見ごろ、紅葉シーズンの服装、駐車場情報をご紹介!

autumnal-leaves-1352107_1920
東福寺は、奈良の東大寺の「東」と興福寺の「福」のそれぞれ1字を取って、京都最大の寺院として1255年に完成しました。

本堂から伸びる通天橋から見下ろす約2000本モミジやカエデの紅葉は圧巻です。

そんな東福寺の紅葉の見ごろをご紹介するとともに、紅葉の見ごろの東福寺の気温も気になるところですからその時におススメする服装、紅葉見学に便利な駐車場の情報をご紹介します。

[東福寺紅葉風景]

スポンサードリンク
  

東福寺の紅葉の見ごろっていつ?

紅葉の見ごろは、年によって若干違うのですが、

11月中旬~11月下旬ぐらい

となっています。

住所:京都府京都市東山区本町15−778

東福寺の紅葉を見るためには、拝観料がかかります。

大人400円
小中学生300円

となっています。

拝観時間は8時30分~16時(受付終了16時) 16時30分に閉門となっています。

なお、紅葉シーズンは、東福寺の本堂ではライトアップは行われておりません。

東福寺の紅葉シーズンってどんな服装でいけばいい?

○東福寺の気温
11月中旬:最高 16℃~17℃ぐらい
   最低 7℃~8℃ぐらい
11月下旬:最高 14℃~15℃ぐらい
   最低 5℃~6℃ぐらい

⇒ちょっと肌寒いですから、日中は長袖のシャツ、プラスで、セーターやジャンパーが必要になる気温ですね。
特に、朝晩は寒いので、早い時間やライトアップされる時間帯にお寺を訪れるようであれば、ダウンなども用意しておくとよいと思います。
ユニクロで売っている軽量のダウンなどもよいと思いますし、こんなようなダウンをもっていくとよいと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ダウンジャケット メンズ レディース 軽量 ウルトラ ライトダウン 羽毛 フェザー アウター 持ち運び 男女兼用 AP005
価格:2360円(税込、送料別) (2017/8/19時点)

スポンサードリンク

あと、手袋や防寒用の帽子も準備しておいた方がよいですね。

紅葉の美しさは、寒暖差がある地域の方がより美しくなりますので、ぜひともしっかりと防寒をして、紅葉を美しさを堪能してきてください。

東福寺の紅葉スポット近くの駐車場はある?

紅葉シーズン以外はお寺の駐車場を利用できるのですが、紅葉時期(10月20日~12月10日まで)は駐車場を利用することができません。

京阪本線or奈良線の東福寺駅をご利用になりますと、東福寺までは10分ぐらいで到着できます。

もしくは、京阪本線の鳥羽街道駅をご利用になりますと、同じく、東福寺までは10分ぶらいで到着できます。

なお、近隣にはコインパーキングはありますが、数が限られています。

ただ、駐車場を利用する日時が決まっている場合には、駐車場の事前予約というサービスがありますので、こちらで、「東福寺」と検索して頂くともしかすると近隣の駐車場を利用できますよ。


まとめ

本堂、普通院、開山堂を結ぶ通天橋には、葉が3つ分かれて黄金色になる通天紅葉と呼ばれるカエデ数十本見られます。また、通天橋から見下ろす紅葉は有名で、シーズンには鮮やかな渓谷美を堪能できます。

東福寺は、紅葉だけでなく国宝に指定されている三門や、苔と敷石が市松模様をつくる本坊庭園なども見どころも満載です。

そんな東福寺の紅葉の見学、温かくして楽しんできてください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする