インフルエンザと風邪の発熱の違いって?倦怠感はインフルエンザのサイン?

kit-1704526_640

インフルエンザに感染したことがある方はわかると思うんですが、インフルエンザと風邪って、症状に似ているところがあります。

でも、インフルエンザには、抗インフルエンザ薬があるので、インフルエンザの発症から48時間以内に、タミフルとかリレンザといった抗インフルエンザ薬を摂取することができれば、重症化しなくて済みますよね。

インフルエンザにかかっても早めの対処が重要となると思いますので、一番違いが表れやすい、「発熱」「倦怠感」を中心に私のインフルエンザの感染の経験も踏まえて、インフルエンザと風邪の違いお伝えでればと思います。

スポンサードリンク
  

インフルエンザと風邪の熱の出方の違いは?

インフルエンザと風邪の違いがよく出やすいのが、発熱の仕方です。

風邪の場合は、多くの場合は、発熱があったとしても、37度前後の熱がでることがほとんどだと思います。

しかし、インフルエンザの場合、38度~40度の熱が出て、なおかつ、なんの前触れもなく、突然、発熱が起こるケースが多いです。

朝はとっても元気だったのに、夕方になったら、なんか熱っぽいって思って、熱を測ってみて、38度なんてことになっていたら要注意です。

そんな熱がでたら、病院に行って検査を受けてみることをおススメします。

インフルエンザウィルスは、気温が20度前後、湿度が20%前後が一番活発に活動しやすくなっています。そのため、冬の乾燥している時期に、38度以上の発熱がある場合には、特に、インフルエンザの可能性は高まります。

冬の時期は、血管も収縮して、ウィルスを痰として体外に放出する繊毛活動も弱まっていて、身体も、ウィルスに対する抵抗力も落ちているので、さらに、要注意なんです。

ただ、発熱が37度台だからといって安心はまだできません。

例えば、予防接種をしていても、インフルエンザにかかる可能性があるのですが、予防接種をしていて、インフルエンザにかかった場合には、症状が軽くてすむといったことがあります。

私の場合は、インフルエンザの予防接種を受けていなかった年に、インフルエンザにかったことがありましたが、その時は、発熱が37度台でした。

そんなこともあるので、次の章でご説明します「倦怠感(けんたいかん)」も症状として、出てきていないかをチェックしてみてください。


スポンサードリンク

倦怠感があると風邪ではなくインフルエンザなの?

風邪でもインフルエンザでも、発熱を伴うとけだるいな~って思う倦怠感(けんたいかん)を感じることがあると思います。

倦怠感を感じたからすぐにインフルエンザとはいえないのですが、筋肉痛や関節痛を伴うような重度の倦怠感があるような場合には、インフルエンザの疑いが出てきます。

発熱があったときと同じように病院で検査を受けることをおススメ致します。

ちなみに、私の経験では、実際に私がインフルエンザにかかっていた時、発熱は37度台だったんです。

だから、発熱は本当に大したことはなかったんです。

普段、このぐらいの熱だったら、自宅に置いてある市販の風邪薬を飲んで早めに寝てしまうのですが、この時は、全身がだるく、全身筋肉痛のような痛みと関節の痛みがあったんです。

私のようにあまり病院に行かないような人は、関節痛など普段の風邪と違いを感じたら、病院に行ってみた方がいいですよ。

特に、乾燥して寒い時期になったら、インフルエンザが流行っていなくとも流行を先取りしているかもしれないので、病院で、ぜひとも検査を受けてください。

その他、インフルエンザの症状としては、腹痛や下痢といった風邪と同じような症状もありますが、風邪が、のどの痛み、鼻水、くしゃみ、咳等の症状が中心で、インフルエンザのような頭痛、関節痛、筋肉痛等全身の症状が突然現れることは少ないです。

全身症状が現れたら、注意が必要です。

因みに、当然なんですが、風邪のウィルスとインフルエンザのウィルスって違うんですよね~。

インフルエンザ:A型・B型などのインフルエンザウィルス
風邪:ライノウィルス、コロナウィルス、アデノウィルスなど

このウィルス違いを、長くて細い綿棒のようなもので、鼻の奥の粘膜を採取して調べて、インフルエンザかどうかがチェックされています。



まとめ

インフルエンザが流行していなくても、もしくは、すでに流行が過ぎてしまっていても、乾燥して寒い時に38度以上の高熱の発熱があったら、インフルエンザの可能性が高いです。

私のように、37度台でも、全身の倦怠感があるような場合にもインフルエンザ可能性は高いです。

高熱or全身の倦怠感が出ているようであれば、病院で検査を受けてみた方がよいです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする