奥入瀬渓流の紅葉の見ごろ、紅葉シーズンの服装、駐車場情報をご紹介!

watercourse-2015547_1920
お盆を過ぎると奥入瀬渓流は秋色に変わる準備が始まります。

そして、9月中旬ぐらいになると朝晩ぐっと冷え込むようになり、この冷え込みが10月からの紅葉を美しいものにしていきます。

赤黄茶にそまると葉とまだ少し残る緑が見事に調和され、まるで計算されたかのように渓流の水の流れと合わさって、自然の神秘を感じられる季節へのあたりの景色が変わっていくんです。

そんな奥入瀬渓流の紅葉の見ごろをご紹介するとともに、紅葉の見ごろの奥入瀬渓流の気温も気になるところですからその時におススメする服装、紅葉見学に便利な駐車場の情報をご紹介します。

[奥入瀬(おいらせ)渓流紅葉風景]

スポンサードリンク
  

奥入瀬(おいらせ)渓流の紅葉の見ごろっていつ?

紅葉の見ごろは、年によって若干違うのですが、10月上旬ぐらいから色づき始め、

10月中旬~10月下旬ぐらい

が紅葉の見ごろとなっています。

まだまだ、東京などは暖かい日もありますが、東北青森では、すでに秋から冬の気温に近づくころです。
日中は暖かくても、朝晩は冷え込みがある時期ですし、水が流れる渓流付近での紅葉ですので、寒さの普段以上に感じられると思いますよ。
ぜひ温かくして紅葉をご覧ください。

住所:青森県十和田市

奥入瀬(おいらせ)渓流の紅葉シーズンってどんな服装でいけばいい?

○奥入瀬渓流の気温
10月中旬:最高 15℃~16℃ぐらい
   最低 5℃~6℃ぐらい
10月下旬:最高 12℃~14℃ぐらい
   最低 2℃~4℃ぐらい

スポンサードリンク

⇒さすが本州最北端の県だけはあって、10月中旬以降になると結構気温は下がっていますね。
日中でも紅葉の時期には15℃前後ぐらいになってしまっていますので、セーターはあった方がよいですね。
特に、朝方などの早い時間帯に紅葉をご覧になるのであれば、ダウンコートなどの防寒対策はしっかりとしていかないと紅葉どころではなくってしまいますね。
あと、手袋や防寒用に帽子もあった方がよいですね。
ぜひとも防寒をしっかりとして、紅葉を美しさを堪能してください。

あと、遊歩道がせまいので、雨傘は不向きです。雨が降ることも想定して、カッパなどを用意しておいた方がよいかもしれないですね。

奥入瀬(おいらせ)渓流の紅葉スポット近くの駐車場はある?


(出典:http://www.towadakb.com/kb/oirasemap.html)

子ノ口バス停付近及び奥入瀬湧水館付近に無料の駐車場が用意されています。

ちなみに、子ノ口バス停付近に近い渓流は滝が多いコースになっていますので、滝も一緒に楽しみたい方にはおススメです。

逆に、奥入瀬湧水館付近の渓流は静かな森になっていますので、静かな森を楽しみたいのであれば、こちら側の駐車場に止めて紅葉をご覧になった方がよいと思います。

なお、渓流沿いに14キロにわたって遊歩道が設置されています。

全区間の紅葉をご覧になろうとするとかなりの距離歩くことになります。

また、トイレや休憩できるところも限られていますので、トイレを見つけたら、早めに用を済ませたほうよいと思います。

まとめ

奥入瀬渓流は特別保護地区に指定されていて、動植物(山菜を含む)の採取が禁止されていますし、傷をつけたり、折ったりすることも禁止されています。

そのような保護があるからこそ、きれいな紅葉を見学できるだと思います。

きれいな紅葉をこれから先も見れるように、自然を大切に、紅葉の渓流を楽しんできてください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする