鶴見川花火大会2017の穴場5選!日程・時間・見どころは?

fireworks-1759_640
7月には鎌倉、隅田川。

8月には江戸川と、関東でも1万発以上の花火が打ち上げられる花火大会が目白押しでした。

打ち上げられる花火の数が多いとどうしても来場者数も多い。

鎌倉の花火大会は、平日開催でも14万人以上の来場者を誇る花火大会、隅田川・江戸川ですと100万人規模の来場者がくるんです。

こういった花火大会、どうしても小さなお子さん連れで行くのは、ちょっと危険ですよね。敬遠してしまうと思うんです。

でも、鶴見川の花火大会は、1千7百発の小規模な花火大会。

来場者も5万人ぐらいの規模です。

しかも、これからご紹介する穴場スポットで鑑賞すれば、さらにのんびりと鑑賞できると思いますよ。

それでは、そんな鶴見川花火大会の穴場情報を中心に、鶴見川花火大会の内容、2017年の日程・時間、見どころ、有料席の情報、天気予報などをご紹介いたします。

[鶴見川花火大会]

スポンサードリンク

鶴見川花火大会の日程・時間・概要

穴場情報に先立って、まずは、鶴見川花火大会の日程などの内容を整理しますね。

【日程】2017年8月19日(土)

【時間】花火打ち上げの時間-19:00~19:45(予定) 

※荒天の場合には、8月20日(日)に延期となります。

【場所】北部第一水再生センター
住所:神奈川県横浜市鶴見区元宮2丁目6−1


出典:http://tsurumigawa.com/

【予想来場者数】5万人以上

【有料席(桟敷席)】
※協賛受付は終了しました。

有料席は、協賛席として、「佃野公園」に次の3種類が用意されています。

1、法人企業:1口30,000円(観覧席2席)
2、個人商店・団体:1口15,000円(観覧席2席)
3、個人:1口5,000円(観覧席2席)


出典:http://tsurumigawa.com/

【アクセス】
JR京浜東北線-鶴見駅から徒歩10分ぐらい
京急線-京急鶴見駅から徒歩15分ぐらい

鶴見川花火大会の見どころ

見どころ1:朝から楽しめるイベント

鶴見川花火大会は、鶴見川サマーフェスティバルの一環で実施されていまして、佃野公園では、模擬店・企業PRブースなどの出店がでています。

また、鶴見川コンサートとして、午後から夕方ぐらいまでは、地元吹奏楽部の演奏からアーティストによるコンサートなども開催されます。

Eボート(誰【Everyboby】でも簡単【Easy】に乗れるボート)体験もできて、お子様と一緒に鶴見川をボートに乗ることができますよ。夏休みのいい思い出になるじゃないですかね。

見どころ2:他の花火大会よりもゆったりと鑑賞できる

鎌倉などの神奈川の他の花火大会と比較しても人出はかなり少ないです。

あと、打ち上げ場所から駅までの距離が遠いとそれだけで大変ですよね。鶴見川花火大会は鶴見駅から花火打ち上げ会場までの距離は歩いて10分程度。とっても近いので、移動だけで疲れてしまうってことないですね。

鶴見川花火大会の穴場はこちら

とはいえ、会場付近は混雑しますので、お子様連れでゆったりと鑑賞するために、穴場スポットも心得ておくとよいですよね。

スポンサードリンク

穴場1:イトーヨーカドー鶴見店の屋上の駐車場

こちらのイトーヨーカドーの駐車場は無料で利用できます。

しかも、鶴見川の花火大会の日には、屋上の駐車場をスペースを花火の鑑賞場所として提供してくれています。

打ち上げ会場からは、1km程度は離れていますが、打ち上げ場所からイトーヨーカドーまでは高い建物はほとんどないのでゆったりと鑑賞できますよ。

住所:横浜市鶴見区鶴見中央3-15-30

穴場2:鶴見川橋や鶴見橋などの橋の上

座って鑑賞というわけにはいかないんですが、メイン会場からは少し離れていますので、のんびりと鑑賞できますよ。

(鶴見川橋)

(鶴見橋)

穴場3:鶴見駅周辺

お子さん連れですと、花火打ち上げ前から会場入りして、花火打ち上げまで待って、花火を見て帰るっていう時間だけでもお子さんにとってはとっても長い時間に感じてしまうのではないでしょうか(ま~だ~、、、みたいな感じで、、、)。

その時には、打ち上げが始まる19時ぐらいに鶴見駅周辺に行ってみてください。

鶴見駅周辺でも十分に鑑賞できますよ。

さらに、さらっと鑑賞したいな~って思う方は、鶴見駅のホームでも花火鑑賞できてしまうので、駅のホームで鑑賞するのでもいいかもしれないですね。

(鶴見駅)

穴場4:鶴見川河川敷の土手の斜面

(佃野公園付近ー河川敷)

打ち上げ場所となる水再生センターの対岸の佃野公園付近の河川敷の平面部分はとっても混雑しています。

でも、土手斜面はコンクリートということもあり、比較的、花火大会直前でも席取りができます。

ただ、コンクリートなので、長時間座っているとお尻が痛くなってしまうので、100均などで折りたたみのクッションなどを買ってくるといいですよ。

ちなみに、こちらのスーパー(ベルク)の2階にはダイソーがありますよ。

住所:神奈川県横浜市鶴見区元宮2丁目1−1番63号

穴場5:RAKU SPA(らくスパ)鶴見

有料とはなってしまうのですが、鶴見川沿いに「RAKU SPA(らくスパ)鶴見」っていうスーパー銭湯があります。

男湯の露天風呂からは、お風呂に入りながら、花火鑑賞できます。

こんな贅沢、なかなか味わえないと思います。

また、3階のガーデンからもしっかりと花火鑑賞できますので、お風呂上りに、鑑賞してからお風呂でもゆったりと花火鑑賞できますよ。
(3階のガーデンからの動画です)

ちなみに、RAKU SPA鶴見の利用料金ですが、土日祝日は、税抜きで

大人:1680円(中学生以上)
子供:500円(4歳~小学生)

となっています。

こちらの銭湯は、利用料金はほかのスーパー銭湯よりも若干高めなんですが、タオル・館内着・シャンプー・ボディーソープなど全て備えつけてあって、完全手ぶらで楽しめる銭湯なんです。

内湯・サウナ・露天風呂・岩盤浴のほか、マンガコーナー・飲食コーナーも充実していますので、のんびり花火鑑賞&その前後の食事こともまで考えると本当によい場所だと思いますよ。

住所:神奈川県横浜市鶴見区元宮2丁目1−39

気になるお天気は?

(お天気情報はこちら)

まとめ

鶴見川花火大会、ちょっと規模は小さめの花火大会ではありますが、ゆったり家族連れで楽しめる花火大会だと思いますよ。

おススメの穴場スポットなども活用して頂くとさらに鶴見川花火大会を楽しめますよ。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする