江東花火大会2018の穴場5選!日程・時間・見どころは?

fireworks-535198_1920
先週は、隅田川のほとりで、約2万発の花火が夜空を彩る花火大会が開催されましたね。

江東の花火大会は隅田川の花火大会と比べると打ち上げ数はちょっと少ない4000発。

来場者数も隅田川と比べると平日開催ということもあり、3分の1程度ではありますが、荒川の河川敷に近くで迫力ある花火が観戦できる都内では数少ない花火大会です。

8月に入って初めての花火大会。

迫力ある花火を十分に楽しめるように江東花火大会の内容、2018年の日程・時間、見どころ、穴場、交通規制情報などをご紹介いたします。

[江東花火大会]

スポンサーリンク

江東花火大会の日程・時間・概要

江東花火大会の日程は以下の通り開催されます。

【日程】

2018年8月1日(水)

【時間】

花火打ち上げの時間-19:30~20:30(予定) 

※小雨決行。荒天の場合は中止

【場所】

荒川・砂町水辺公園(江東区東砂8丁目22番地先)

(出典:江東区HP)

【花火の打ち上げ数】

約4,000発

【予想来場者数】

35万人以上(昨年実績)

【アクセス】

(電車をご利用の場合)

東京メトロ東西線 南砂町駅から徒歩15分

(都営バス利用の場合)

1、JR亀戸駅から(乗車場所:亀戸駅北口)

亀21(東陽町駅行)「東砂6丁目」停留所下車 徒歩6分
亀24(東砂6丁目行)「東砂5丁目」」停留所下車 徒歩6分
亀29(西葛西駅・なぎさニュータウン行)「東砂6丁目」停留所下車 徒歩6分

2、都営新宿線 西大島駅から

○乗車場所:A3出口側の新大橋通り沿い
亀24(大島駅経由・東砂6丁目行)「東砂5丁目」停留所下車 徒歩6分
○乗車場所:A4出口側の明治通り沿い
両28(境川経由・東砂6丁目行)「東砂6丁目」停留所下車 徒歩6分
亀29(西葛西駅・なぎさニュータウン行)「東砂6丁目」停留所下車 徒歩6分

3、都営新宿線 大島駅から

○乗車場所:A6出口側の丸八通り沿い
亀21(東陽町駅行)「東砂6丁目」停留所下車 徒歩6分
○乗車場所:A2出口側の新大橋通り沿い
亀24(東砂6丁目行)「東砂5丁目」停留所下車 徒歩6分

4、都営新宿線 東大島駅から

○乗車場所:大島口側の番所橋通り沿い。停留所名は「東大島駅入口」
亀24(東砂6丁目行)「東砂5丁目」停留所下車 徒歩6分
○乗車場所:駅前ロータリー内 1番乗り場
門21(門前仲町行)「東砂5丁目」停留所下車 徒歩6分

5、清澄・白河・扇橋方面から

秋26(葛西駅行)「東砂6丁目」停留所下車 徒歩6分

江東花火大会の見どころ

江東の花火大会は、東京湾に近い荒川の河口で実施される花火大会で、葛西橋付近の台船から打ち上げられます。

打ち上げ場所と主会場となる荒川・砂町水辺公園との距離は、わずか150mです。

スポンサーリンク

都内ではこの近さで迫力ある花火を鑑賞できる場所は限られています。

荒川に浮かべた台船から次々と打ち上げれるスターマインの迫力は圧巻です。

川面に写る花火、空に一本光るスカイツリーとの花火とのコラボ、迫力ある花火を近距離で見れる臨場感、どれをとっても満足できると思います。

江東花火大会のプログラム

19時40分~ 花火打ち上げ開始

1、「ときめきの世界へ」
誰もが持つトキメの心、胸躍る気持ち。色とりどりの花火に乗せて、今夜は心の奥にあるときめの扉を開けてみませんか。あなたの人生が幸せ色に染まりますように。

2、「水彩美」
豊かな水辺と緑に囲まれてた水彩都市「江東区」月の光が川面を漂うさざ波を照らし、神秘的な光の輝きを放ちます。夜空に描かれる水と光のシンフォニーをお楽しみください。

3、「希望を胸に」
人情のまち「江東」の輝く笑顔や勇気が金色に輝く希望の光となって、優しく、温かく、そして力強く江東の空から降り注ぎます。

20時30分  花火打ち上げ終了(予定)

江東花火大会の穴場はこちら

隅田川の花火大会などに比べると来場者数は少ないとはいえ、1時間の花火大会に35万人もの人が集まるイベントですから。

穴場スポットをご存知であれば、混雑している中でも、ゆったりと花火大会を鑑賞できると思いますよ。

穴場スポットをご紹介いたしますので、よろしければご参考になさってください。

穴場1:葛西橋通り付近(江東区側)

打ち上げ会場よりもちょっと北にいった葛西橋付近です。

最寄駅の南砂町駅からちょっと離れていますが、その分、人は少ないです。

穴場2:首都高速下(葛西橋付近)

ちょうど打ち上げ場所の対岸になるので、花火全体をみるのはいい場所ですよ。

穴場3:荒川砂町水辺公園

平日開催なので、打ち上げ会場到着はぎりぎりになる人も多いと思います。

そんな中でも比較的すいているので、ゆったりと鑑賞したい方にはおすすめですよ。

穴場4:清砂大橋

座ってゆっくり鑑賞ってわけにはいかないですが、打ち上げが始まっても鑑賞できますよ。

穴場5:江戸川区球場

東西線西葛西駅からも徒歩でちょっとですから、鑑賞エリアとしては便利でいいですよ。

ここのあたりでも十分に花火は鑑賞できますよ。

江東花火大会の交通規制情報

葛西橋から清砂大橋の間(江東区側)の川にそった道については、15時~21時半まで交通規制がかかっています。

また近隣の住宅につながる道も17時半~21時半までは交通規制がかかっていますので、ご注意ください。

詳細は、こちら

江東花火大会の周辺トイレ情報

荒川・砂町水辺公園内に常設トイレおよび仮設トイレが数か所あります。
※仮設トイレは葛西橋下・清砂大橋下ほかに設置(一部に洋式タイプあり)。

数には限りがありますので、できる限り、下車駅のトイレなどをご利用いただいた方がよろしいと思います。

まとめ

都内で、花火のまじかで鑑賞エリアがある花火大会は限られています。

ぜひ、迫力ある花火、8月初めての花火大会を堪能してください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする