仙台七夕花火祭2017の穴場スポットは?日程・時間・見どころは?

bamboo-167283_1920
東北三大祭りのひとつである仙台七夕まつり

夏祭りとしては、全国的に有名で、集客数としてもベスト5には入る規模のでかいお祭りです。

毎年、曜日に関係なく、8月6日~8日の3日間開催されていて、200万人以上の来場者数があります。

こんな有名な七夕まつりですが、実は、前夜祭も盛大に開かれていて、仙台七夕まつりの前夜祭として、花火大会が開催されています。

七夕まつりも楽しみつつ、この前夜祭の花火大会を楽しむ目的で仙台に行かれる方も多いのではないでしょうか。

せっかく、仙台まで行くのですから、しっかり仙台七夕花火祭を楽しめるように、穴場スポットなどを知っていれば、仙台の七夕まつりの前夜祭の花火大会を堪能できると思うんです。

そんな方のために、仙台七夕花火祭の穴場スポットの情報を中心に、仙台七夕花火祭の内容、2017年の日程・時間、見どころ、桟敷席(有料席)の情報、天気予報などをご紹介いたします。

[仙台七夕花火大会]

スポンサードリンク

仙台七夕花火祭2017の日程・時間・概要

穴場情報の前に、まずは、堪能したい仙台七夕まつり&仙台七夕花火祭ってどんなお祭りか整理したいと思います。

【日程】
2017年8月5日(土)~8日(火)

○詳細
8月5日:
・前夜祭(19:00~20:30頃)
⇒この日に、花火大会が開催されます。
特に、今年の花火大会は土曜日開催なので、多くの人手が見込まれます。
(会場:仙台西公園付近一帯)

8月6日~8日:
・七夕まつり
開催日:2017年8月6日(日)~8月8日(火)

開催時間
[飾り付け時間] 8月6日(日)・8月7日(月)/10:00頃~22:00頃(予定)
8月8日(火)/10:00頃~21:00頃(予定)

[おまつり広場] ※勾当台公園市民広場
8月6日(日)~8月8日(火)/10:00~21:00(予定)

開催場所
仙台市中心部および周辺商店街
※仙台七夕まつり期間中は、七夕飾り掲出エリア周辺並びにおまつり広場をはじめとしたイベント会場周辺での小型無人飛行機(ドローン等)の使用は禁止とさせていただきます。
※5日(土)の仙台七夕花火祭は仙台西公園付近予定

開催内容
[笹飾り] 仙台駅前から中央通り、一番町通りのアーケード街にかけて豪華絢爛な七夕飾りがご覧いただけます。 また周辺部商店街でも昔ながらの素朴な笹飾りがご覧いただけます。

[おまつり広場] ※勾当台公園市民広場
各種ステージイベントや、七夕の歴史を学べる展示、宮城のおいしい食材を集めた出店などを準備し、来場された皆様をおもてなし致します。
七つ飾り作成体験や、短冊記入コーナーなど、七夕ならではのお楽しみがいっぱいです。

星のステージ、七夕伝承館、織姫・彦星ひろば、踊りましょう通り、七夕食堂 etc

【予想来場者数】
約230万人(七夕まつりも含め)
⇒花火大会だけでも約40万人の人々が集まる大きな花火大会です。

【有料席】
前売り券はセブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルK・サンクスで購入できるように調整中です。
※購入方法など詳しい要項を仙台七夕花火祭の公式HPにて公表される予定ですので、詳細がわかりましたら、詳しい内容をアップします。

スポンサードリンク

仙台七夕花火祭の見どころ

1、盛大な花火を堪能

仙台七夕花火祭は、仙台市という大都市でありながら、大規模な花火大会を鑑賞できるということです。

約16,000発の花火がわずか1時間半の間に打ち上げられます。

2、有名な花火師とのコラボレーション

仙台七夕花火祭で注目されているのは、シドニー五輪閉会式の世界五大陸花火でアジア代表を務めた、地元仙台の企業「芳賀火工」が、花火を打ち上げるところにあります。

東北の一都市の花火大会ではありますが、世界で認められた花火を鑑賞できてしまうんです。

青森ねぶた祭りの穴場はこちら

(仙台市野草園)

打ち上げ会場の西公園からは離れてしまいますが、駐車場もあって便利な場所です。きれいな花火も堪能できると思いますよ!

(仙台城跡)

仙台城(青葉城)跡は、高台になっていますので、花火鑑賞スポットとしてはとってもいい場所です。花火打ち上げ会場からも近いです。

(宮城県行政庁舎)

仙台市内を見下ろせる展望台があります。会場からもそれほど遠くないですので、花火鑑賞スポットしておススメですよ。

仙台七夕花火祭の有料席(桟敷席)のチケットの種類と料金は?

椅子やマス席に座ってゆっくり花火を堪能できる有料観覧席です。飲食に便利なテーブル席もご用意! 桟敷席で最高の花火祭の夜をお過ごしいただけます。

○大手町
テーブル2名:5500円
16時開場 桟敷席 テーブル付き2名(大手町桟敷席エリア テーブルペア)=お1人様2枚4組合計8枚まで(2枚1組単位での販売となり、1セットの価格は11000円となります)

○大町西公園
マス4名:6000円
16時開場 マス席4名 (大町西公園 4名用)=お1人様4枚2組合計8枚まで(4枚1組単位での販売となり、1セットの価格は24000円となります)

○仲の瀬グランド
イス席1名:2000円
16時開場 イス席1名掛

○仲の瀬橋
マス4名:3000円
17時半開場 マス席・4名=お1人様4枚2組合計8枚まで(4枚1組単位での販売となり、1セットの価格は12000円となります)

○青葉山
テーブル2名:5000円
テーブル4名:5000円
16時開場 テーブル・2名=お1人様2枚4組合計8枚まで(2枚1組単位での販売となり、1セットの価格は10000円となります)テーブル・4名=お1人様4枚2組合計8枚まで(4枚1組単位での販売となり、1セットの価格は20000円となります)

気になるお天気は?

(お天気情報はこちら)

まとめ

仙台七夕まつりは東北三大祭りですし、アーケード商店街が笹飾りで埋め尽くされている風景は圧巻です。

今年は、曜日の関係で、ちょうど土曜日が仙台七夕まつり前夜祭の花火大会ですので、花火大会もかなりの来場者数になると思います。

こちらで紹介した穴場情報などを参考に、仙台七夕花火祭もぜひともご堪能ください。

☆☆☆東北の夏祭り情報はこちら☆☆☆
(青森ねぶた祭りの情報はこちら)
青森ねぶた祭り2017の穴場スポットは?日程・時間・見どころは?
(弘前ねぷたまつりの情報はこちら)
弘前ねぷたまつり2017の日程・時間・見どころ・周辺ホテル情報をご紹介!
(秋田竿燈まつりの情報はこちら)
秋田竿燈(かんとう)まつり2017の日程・時間・楽しみ方・周辺ホテル情報をご紹介!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする