太鼓はどこで練習すればいい?騒音対策は?練習方法にはタイヤ?

和太鼓に興味がある方は、太鼓教室に通っている方が多いのではないしょうか。
私がバチの購入などで利用している浅草にある宮本卯之助商店でも併設のスタジオでレッスンを行っています。
(宮本卯之助商店の太鼓教室はこちら)
【和太鼓教室-宮本STUDIO】
こういったスタジオレッスンですと、月に2回~3回(1回1時間~2時間)くらいのレッスンを受けるような形です。
でも、それだけの練習だとなかなか上達するまでに期間がかかりますよね。
自分で復習するために練習したいけど、数十万もする和太鼓を自分で買ってこようなんて思いわないですよね。
仮に、余裕があって和太鼓を購入できたとしても、練習でたたく場所って、どうすればいいんだろうって困りますよね。
そんな方のために和太鼓の練習方法をご提案できればと思います。

スポンサードリンク
  

太鼓を練習する場所ってどこ?

私の場合は、地元の太鼓団体に入って、太鼓の練習をしていたので、河川敷に太鼓を持っていって、練習しておりました。
私の所属していた団体では、練習回数も特に制限がなかったですし、練習場所にも特に苦労することはなかったです。
ですが、太鼓教室で防音スタジオを利用して練習されているような方ですと、もし自主練習するような場合には、音楽教室で利用しているスタジオをレンタルし、太鼓をレンタルし、自主練習するといったような形で練習するのが普通ですよね。
もしくは、別の貸スタジオなんかを複数名で借りて、太鼓も借りてきて、合同で練習するとか、、、でもこれって、自分の自主練習するだけで、結構な費用になってしまいますね。
ご参考までに、宮本卯之助商店の太鼓教室のレンタルスタジオ料は1時間あたり1000円~4000円ぐらいです。詳細は、以下をご覧ください。
(和太鼓教室のスタジオレンタル料はこちら)
【宮本STUDIO-料金表】
入会するのに敷居が高そうなイメージの地元の太鼓団体ですが、練習するっていった時に、自由度が高いので、あまり費用をかけずに練習できます。

スポンサードリンク

太鼓の練習は騒音?

でも、河川敷での太鼓は、周りの住人によっては「騒音」と感じる方も多くいたようで、盆踊りがオフシーズンになって、河川敷で練習していると周辺にお住まいの方にとっては、騒音なんです。だって、盆踊りの曲は、周辺のお住いの方の耳には届きませんからね。
盆踊りで踊っている方、盆踊りの太鼓を見に来れられている方、盆踊りの周り縁日を楽しみに盆踊り会場に来られた方などにとっては、「騒音」ではないのだと思いますが、河川敷の風にのって、太鼓の音だけ家に響いてくるような方にとっては騒音以外の何物でもなかったんですね。
この点、スタジオ練習の方は、防音の設備の中で練習していますので、練習しているところに「うるさいんですが?」って、思われないですよね。
少々、お金はかかりますが、河川敷での練習よりも集中して練習に取り組めるっていうところでは、お金を出しているって価値がありますよね。
paper-lantern-827766_640

太鼓のお手軽練習方法にはタイヤ?

ですが、やっぱり自主練習にかなりの費用がかかってしまうのは痛いですよね。
それを解決する方法として、古くなって廃棄するしかなくなってしまった廃タイヤを利用するといった方法があります。
盆踊りの太鼓の基本リズムって「ドドンガドーン」なんですが、太鼓でなくてもバチを振りかざして、それをなにかにたたきつけられれば、十分に練習になります。
そのバチをたたきつけるものとして「廃タイヤ」があればよいのです。
この「廃タイヤ」を使った練習は、スタジオで太鼓を習っている人に限ったものではなく、私のように地元の太鼓団体に所属している人でも、雨が降って河川敷に太鼓を持っていけないような場合や寒すぎて河川敷で太鼓ができないような時などは室内で「廃タイヤ」を使って練習することができます。
ちなみに、私の団体では、「廃タイヤ」は地元の車整備工場で不要となったものをもらってきて練習に利用していました。
この「廃タイヤ」を使ったたたき方の練習なんですが、タイヤだけだと響きますので、私の場合は、「廃タイヤ」の下に座布団を敷いて、自宅でも自主練習しておりました。
マンションなどにお住いの場合には、座布団だけでも響くので、衝撃吸収マットなども合わせて敷くか、もしくは、タイヤを外に持ち出して、外でタイヤをたたいて練習するっていうのもありかもしれませんね。
タイヤを外でたたいて「騒音」問題は出てこないと思いますし、、、

まとめ

スタジオで太鼓を習っている方や地元の太鼓団体に所属して太鼓を習っている方でも、タイヤ専門店などから「廃タイヤ」をもらってくれば、お金をかけずに家で手軽に太鼓の練習ができますよ。
これで、私もいろんな曲を覚えて、上達できたので、よかったら試してみてください。

(関連記事はこちら)
太鼓のたたき方って曲ごとに別々なの?基本はドドンガドーン!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする