博多祇園山笠2017の穴場スポットは?日程・時間・見どころは?

chinese-lantern-932217_640
770年の伝統を誇り、毎年、7月1日~15日にわたって開催されている全国的に有名な博多祇園山笠。

15日間で300万人の人が集まる超がつくほどの大きなお祭りです。

2017年にはユネスコ無形文化遺産にも登録されました。

そんな超ビックイベント、ザ・夏祭り。博多祇園山笠の内容、2017年の日程・時間、見どころ、穴場、桟敷席(有料席)の情報、周辺のホテル情報、天気予報などをご紹介いたします。

[博多祇園山笠]

スポンサードリンク

博多祇園山笠2017の日程・時間・概要

博多祇園山笠の日程(7月1日~15日)までの全体はスケジュール、その他内容は次の通りです。
【全体スケジュール概要】
・飾り山笠見物
博多祇園山笠は7月1日から開幕し、まずは博多部を中心に合計14の飾り山が公開されます。1日から9日までの間はいわゆる「静の期間」で、山笠が走ることはありません。この期間は絢爛豪華な飾り山を見物しながら博多の街を散策するのが良いでしょう。人通りの多い繁華街や商店街の飾り山周辺には賑やかな出店なども立ち並び、お祭りムードを盛り上げてくれます。

・お汐井取り(おしおいとり)(7月1日・7月9日)
箱崎宮参道の先の海岸で行なわれる清めの神事で、山舁き姿で各町が集まる最初の行事。
箱崎浜まで赴いた一行は沖に向かって柏手を打ち、一礼して海に入り波打ち際のお汐井(清めの真砂)を「お汐井枡」や「てぼ」にすくい取る。

流舁き(ながれがき)(7月10日)
待ちに待った山笠シーズン最初の「山舁き(やまかき)」となるのが、7月10日の「流舁き(ながれがき)」です。この日の舁山は、ホームグラウンドである流区域のあちこちを舁き回ります。

朝山(7月11日)
舁山が今年初めて走った10日からわずか12時間後、日がまだ昇らぬ早朝5時、博多の町のあちらこちらで「おっしょい」の声が響き渡ります。11日は「朝山」と呼ばれる流舁きで山笠はスタートします。

他流舁き(7月11日)
朝山が終わった12時間後、11日はもう一つ「他流舁き」という行事が行われます。「流舁き」は自分の流域への披露を込めて舁く行事ですが、「他流舁き」は自分の流域外に出て他の流の流域に舁き入れます。これは、お互いに敬意を表す「陣中見舞い」的な意味合いが込められた行事で、いろいろな他の流の舁き山を見ることが出来る絶好のチャンスです。(※流によっては、流舁きを行ったり、他流舁きを行なわないところもあります)

追山ならし(7月12日)
この日は15日の「追い山」に向けた予行演習の日です。でも予行演習と侮るなかれ。時間とコース距離が若干短い以外は何もかも本番同様。山の男達は他の流よりも1秒でも早く駆け抜けようと本気で山笠を舁きます。

集団山見せ(7月13日)
舁き山が博多部を超えて福岡中心部に渡る唯一の日が13日の「集団山見せ」です。その名の通り、7つの流すべての舁き山が一堂に会し、福岡市役所前の桟敷席を目指します。

流舁き(7月14日)
フィナーレの追い山のスタートを控えた12時間前、今年最後の「流舁き」が行われます。ホームグラウンドである自分たちの流域を走るのもこの日が最後となります。千代流と東流を除く五流が夕方に行います。

追い山(7月15日)
博多祇園山笠のクライマックス「追い山」は午前4時59分、一番山笠が櫛田入り奉納を皮切りに、合計8つの山笠が次々に櫛田入りを行い、まだ薄暗い博多の街へと駆けだしていきます。

【場所】櫛田神社~須崎町石村萬盛堂前(町奉行所跡)

【予想来場者数】約300万人以上(追い山だけでも100万人以上)
※メインイベントの追い山。2017年は土曜日開催のため、更なる来場者数増が見込まれます。

【桟敷席(有料席)】
「追い山ならし」(7月12日):3,000円(300枚)※1
「追い山」(7月15日)   :6,000円(300枚)※2
※1:おひとり様2枚まで購入可
※2:おひとり様1枚限りで購入可
購入方法については、後ほど、詳細にご紹介します。

【アクセス】
山笠期間中はとても多くの観光客が集まります。例年、7月15日早朝の「追山」には、県内外から約100万人もの見物客が訪れるています。

・市営地下鉄(地下鉄中洲川端駅または祇園駅から徒歩で5分)
福岡の主要地域を繋ぐ福岡市営地下鉄は追い山が行われる7月15日早朝は、毎年臨時列車が午前3時から運行します。(臨時列車のダイヤは、6月下旬頃に発表されます)

・西鉄バス、電車
追い山が行われる7月15日の早朝は、西鉄バスの臨時バスが運行します。ただし、午前4時30分より山笠が走る区内は車両通行止めになるため、バスの運行は4時までとなりますのでご注意下さい。 また、福岡天神から熊本県大牟田市を繋ぐ西鉄電車も臨時列車が運行しています。(臨時列車・臨時バスのダイヤは6月下旬~7月上旬に発表されます)

・自動車
交通規制による渋滞の緩和と駐車場不足のため、自動車の利用はお薦めできません。
交通規制については以下をご確認ください。

自動車を利用する場合は、山笠地区から離れた場所の駐車場に駐車することをお薦めします。
高速道を利用する場合、本州および北九州方面から来訪される方は福岡ICから、鳥栖JCT経由(九州他県からの場合)で来訪される方は太宰府ICから、それぞれ福岡都市高速に乗り入れ、呉服町ランプ・築港ランプ・千代ランプで降りることになります。ただし、その際も交通規制情報は忘れずにご確認ください。

・高速バス
九州各地、東京・名古屋・京都・大阪・米子・松江・高知から博多にむけて高速夜行バスが運行されています。 詳しくは西鉄高速バスのページをご参照ください。
高速バスは博多地区の福岡交通センター(博多駅に隣接)または、天神地区の天神バスセンター(福岡三越や西鉄福岡駅と同じビル)での降車となります。

・飛行機
福岡空港に到着してからは、福岡市地下鉄や西鉄バスが利用できます。
福岡空港は市中心部に近いこともあって、どちらの交通手段を利用しても移動時間は10〜20分と非常に便利です。
地下鉄の方が渋滞を避けることが出来るので便利です。

博多祇園山笠の見どころ

このお祭りの最後の締めくくりの神事が「追い山」です。

旧暦時代は6月15日の夜明り満月が西に沈み、東の空が白み始めるころに行われていましたが、新暦の現在では一か月遅れの午前4時59分に設定されています。

舁き山笠は午前1時半ごろから櫛田神社前の土居通りに順番に並べられ、舁き手は各流の町内毎に続々と集合。

お参りをした後はひたすら開始を待ち続ける。

満員の桟敷席、沿道に詰め掛けた見物客が待つ中、午前4時59分、大太鼓の合図とともに一番山笠がドッと“櫛田入り”。

清道旗を回ったところでいったん山笠を止め、見物客を巻き込んで「博多祝い唄」の大合唱。

誰もがゾクゾクとする一瞬で、「魂が震える」と表現する人もいます。

歌い終わると、山笠は境内を出て旧博多部に設けられた“追い山笠コース”(約5キロ)を懸命に舁きます。

なんで、5時ちょうどではなく、4時59分スタートなのか。

これは、一番山笠だけに認められた「博多祝い唄」を歌う時間として一分間前倒ししているためです。

二番山笠は六分後、三番山笠以降は五分間隔の舁き出しで、そのまま須崎町の廻り止め(ゴール)を目指す。

“櫛田入り”“コース”ともに所要時間を計測し、各流はその結果に一喜一憂するが、優勝旗や賞状などがあるわけではない。

これもこのお祭りのすがすがしい一面です。

スポンサードリンク

山笠が駆け抜けた櫛田神社の能舞台では午前6時から荒ぶる神様に捧げる鎮めの能が演じられるんです。

博多祇園山笠の穴場はこちら

博多祇園山笠は、遠くから離れてみたのでは、お祭りを本当に楽しむことができません。

やはりお祭りの迫力を感じて、お祭りに自分も参加するつもりでご覧頂くのがよいと思います。

穴場的な場所ではないのですが、おすすめの場所としては、

旧西町筋

です。

ここは、ちょうど櫛田神社から一本奥に入った路地です。

ここでは、山が通るぎりぎり位の狭い路地ですので、目の前を勢いよく走り抜けていく姿を見ることができます。

ですが、あまりにも目の前すぎるので、勢いあまった舁き手や先走り、後追いなどの人たちが飛び込んでくることもありますし、また勢い水がばんばん掛けられますので、濡れる事も覚悟しておく必要があります。

他は、ゆっくり見たい場合は

大博通り沿い

がよろしいと思います。

最後に走る八番山の上川端通の山が毎年楽しみですのです。

八番山は、唯一動く飾り山でスピードは他の山ほどはでませんが、あの大きさの山が走るという迫力は見物です。

八番山はその大きさゆえ、他の山とは別ルートになりますので、櫛田神社をでて、大博とおり途中までとなります。

博多祇園山笠の桟敷席(有料席)の料金と購入方法は?

櫛田神社の桟敷席は毎年6月26日、櫛田神社で午前9時より発売されます。

プレイガイド及びインターネットでの販売は行っておりませんので、この日に櫛田神社に並ぶしか入手することができません。

この日に発売されるのは、7月12日に行われる「追い山ならし」の桟敷席300枚と、7月15日に行われる「追い山」の桟敷席300枚、合計600枚の桟敷券です。

追い山ならしの桟敷席券は1枚3000円(1人2枚まで)、追い山の桟敷席券は1枚6000円(1人1枚限り)です。

例年大勢が並び、販売開始後30分以内で売り切れるため桟敷券の入手は非常に困難と言われています。

特に追い山(15日)が日曜日に当たる年などはわずか15分で完売した事もある、まさに「プラチナチケット」なのです。
(今年は、15日が土曜日ですから、まさに「プラチナチケット」になる可能性大ですね)

博多祇園山笠の周辺のホテル情報は?

追い山は朝の4時59分からですので、旅行も兼ねていらしている方は、14日に博多付近に泊まって、次の日の追い山に備えた方がよいです。

博多祇園山笠を満喫したいのであれば、『櫛田神社』周辺のホテルがイイのではないかと思います。

お手頃価格で近くに泊まれる宿としては、次のようなホテルがあります。

【博多中洲ワシントンホテルプラザ】

(ご予約はこちら)
博多中洲ワシントンホテルプラザ

【アールイン博多】

(ご予約はこちら)
アールイン博多

【ホテルスカイコート博多】

(ご予約はこちら)
ホテルスカイコート博多

【キャナルシティ・福岡ワシントンホテル 】

(ご予約はこちら)
キャナルシティ・福岡ワシントンホテル

【コートホテル博多駅前】

(ご予約はこちら)
コートホテル博多駅前

気になるお天気は?

(お天気情報はこちら)

まとめ

300万人以上の人が集まる超がつくほどの大きなお祭りの博多祇園山笠。

2017年にはユネスコ無形文化遺産にも登録されましたので、7月15日の追い山見学、7月1日~14日までのお祭りをムードを楽しみにいってみては如何でしょうか。

☆☆☆8月の夏祭り情報はこちら☆☆☆
【東北地方】
(仙台七夕まつり&花火の情報はこちら)
仙台七夕花火祭2017の穴場スポットは?日程・時間・見どころは?
(青森ねぶた祭りの情報はこちら)
青森ねぶた祭り2017の穴場スポットは?日程・時間・見どころは?
(弘前ねぷたまつりの情報はこちら)
弘前ねぷたまつり2017の日程・時間・見どころ・周辺ホテル情報をご紹介!
(秋田竿燈まつりの情報はこちら)
秋田竿燈(かんとう)まつり2017の日程・時間・楽しみ方・周辺ホテル情報をご紹介!
(盛岡さんさ踊りの情報はこちら)
盛岡さんさ踊り2017の日程・時間・見どころ・周辺ホテル情報をご紹介!
(八戸三社大祭の情報はこちら)
八戸三社大祭2017の日程・時間・見どころ・周辺ホテル情報をご紹介!

【東海地方】
(にっぽんど真ん中祭りの情報はこちら)
どまつり2017の日程・時間・見どころ・周辺ホテル情報をご紹介!

★★★7月・8月の花火情報はこちら★★★
(隅田川花火大会の情報はこちら)
隅田川花火大会の穴場でおすすめはどこ?最寄り駅とコンビニをご紹介!
(江戸川花火大会の情報はこちら)
江戸川花火大会おすすめののんびり見れる穴場スポット、最寄駅、近くのコンビニをご紹介!
(足立花火大会の情報はこちら)
足立花火大会の穴場スポット、最寄り駅ときれいなトイレをご紹介!
(鎌倉花火大会の情報はこちら)
鎌倉花火大会2017の穴場5選!日程・時間・見どころは?
(天神祭奉納花火大会の情報はこちら)
天神祭奉納花火2017の穴場スポットは?日程・時間・見どころは?

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする