相手が喪中のときはお中元は控えるべき?送るべき?のしはどうするの?

balance-15712_1920
今まで、お中元のやりとりをしていた友人がお亡くなりなってしまった。

家族ぐるみでのお付き合いだったので、今後もお中元のやりとりを続けていこうと思っているけど、喪中の時って、お中元を控えた方がよいのだろうか?それとも、お送りしてもよいのだろうか?

送るのであれば、のしは、普通通りののしでいいのかな?

そんなお中元を受け取る方が喪中の時のお中元のやり取りについてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク
  

喪中のお家へのお歳暮は控えるべき?

喪中は、親族に不幸があったので、その不幸があってから1年間は、親族の不幸を悲しんで、お祝い事は控えますという期間です。

お中元を受け取るご家庭が、お祝いを控えますという状況でお中元を送ってもよいのでしょうか?

結論から申し上げますと、お中元を贈ってもまったく問題ありません

じゃあ、お中元はOKなんだから、お歳暮はいいだよね?なんで、年賀状はダメなの?って思いませんか。

ひとつひとつ、これはダメ、あれはOKって覚えていってもいいんですが、それぞれお送りものの意味を考えると良いか悪いか見えてきます。

お中元と同じく、お歳暮も送ってもOK!でも、年賀状はダメ!

この違いってなんだと思いますか?

年賀状は、「明けましておめでとうございます。」といった言葉からよくわかるように、新年を迎えたことを喜びお祝いするために先方にお送りする挨拶状です。

自分が不幸で悲しんでいるときに、「おめでとうございます。」って言われたら、どう思いますか?いやだなって思うのが普通ですよね。そのため、喪中の方に、年賀状をお送りすることはよろしくありません。

一方、お中元は、1年間お世話になりましたという感謝の品を「ありがとうございます。」という気持ちを添えてお送りするものですよね。

自分が不幸で悲しんでいるときに、「ありがとうございます。」という感謝の気持ちを伝えられたとしても、別に悪い気持ちにはならないとは思うのです。

スポンサードリンク

お中元はこのように日ごろの感謝を示す品なので、喪中の方に送ってもよいのです。

喪中の間にお中元を送るときののしは普通でいい?

喪中の時であっても、さきほど、お伝えしましたとおり、お中元は日ごろのお世話になっていることについて、「ありがとうございます」って気持ちをお伝えするものなので、「のし」についても他の方にお送りするお中元のものと特に変える必要はないっていう考え方もあります。

とはいっても、気遣いできるようなことがあったら、それをしたうえで、お中元を送りたいものですよね。

では、どんな気遣いかと言いますと、本当に簡単な気遣いなんですが、のし、もしくは、水引について、デパートなどお歳暮を注文したところに、「無地の」のし、水引を準備してもらって、それに、お歳暮として書いてお送りする。これだけです。

自分の手元にお歳暮の品があるのであれば、のし、水引を無地のものに差し替えるようにしてください。

これだけで、受け取った相手の方は、「気遣ってくれたんだな!」って思ってくれると思いますよ!

忌中のときも同じようにお中元は送ってもいいの?

同じ喪中の期間といっても、最近、お亡くなりになられた場合、すでにお亡くなりになられて数か月が経過された場合では状況が違いますよね。

喪中といっても、いわゆる四十九日が終わっていない「忌中」の方に対しても、同じような形でお中元の品をお送りしてもよいものなのでしょうか。

一般的に、喪中のご家庭は、四十九日が終わった後には、たとえ喪中の期間であったとしても、贈答品(今回であれば、お中元)を送ってもよいとされていますが、送る側(お中元をあげる側)には特に制約はありません。

ですが、忌中の間の方への贈り物は、香典という意味合いが強くなってしまいます

そのため、もし、送る時期をずらせるのであれば、忌中が明けてから、お中元をお送りした方がよいと思います。

一般的には、お中元は、7月初め~7月15日までにお贈りするものなので、7月15日を過ぎてしまうようであれば、

7月15日~立秋(8月7日)の前日:暑中お見舞い
立秋(8月7日)以降      :残暑お見舞い

として、お送りすればよいです。

まとめ

つまり、喪中の方に、お中元は送ってもよいです。

水引・のしについて、無地のものを用意し、先方が忌中の場合には、四十九日が明けてから、暑中お見舞いもしくは残暑お見舞いとして送る方がよいです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする