浅草三社祭に車で行きたい!交通規制と駐車場情報をご紹介

asakusa-1441297_1920
5月の3週目の金・土・日で開催される浅草三社祭。

三社祭の会場となる浅草神社・浅草寺・仲見世(なかみせ)・雷門といった場所は、東武線、都営浅草線、つくばエクスプレスなどの浅草駅からも近いですが、浅草まで行くのはちょっとしんどい。

できれば、車で行きたいな~って思っている方もいると思うんです。

当日の交通規制や駐車場情報があれば、安心して、車で三社祭に行くこともできますよね。

三社祭の交通規制・駐車場情報をご紹介します。

スポンサードリンク

三社祭の交通規制ってどうなの?

三社祭は、今年(2017年)でいうと、5月19日(金)、5月20日(土)、5月21日(日)の3日間で開催されているお祭りです。

3日間のお祭りのスケジュールはこのような感じです。

【全体スケジュール】
(初日)
13:00頃      大行列※雨天中止
14:00頃      びんざさら舞奉納(社殿)
15:00頃      びんざさら舞奉納(神楽殿)
15:30頃      各町神輿神霊入れ

(2日目)
10:00頃      例大祭式典(れいたいさいしきてん)
12:00頃      町内神輿連合渡御(ちょうないみこしれんごうとぎょ)
16:00頃      奉納舞踊(神楽殿)
17:00頃      巫女舞奉奏(神楽殿)

(3日目)
 6:00頃      宮出し&本社神輿各町渡御&宮入り
14:00頃      巫女舞奉奏(神楽殿)
15:00頃      奉納舞踊(神楽殿)
16:00頃      太鼓奉奏(境内)
11:00~18:00 雷門通り~馬道通りにてお祭り広場
宮入り後        本社神輿御霊返しの儀

スポンサードリンク

交通規制は、初日、2日目はありません。

しかし、3日目(5月21日(日))には以下のような交通規制がかかっています。

【交通規制】
〇雷門通り・並木通り    9:30~19:00 車両通行止め
〇馬道通り・二天門前通り 11:00~19:00 車両通行止め

三社祭開催時の駐車場情報

初日・2日目は交通規制がかかっていませので、おすすめ駐車場としては、こんなところがあります。

〇雷門地下駐車場
収容台数 197台
営業時間 7:00~23:00
最大料金
駐車後12時間まで (平日のみ)最大料金2400円
最初30分   200円
以降15分ごと 100円

3日目も利用はできますが、交通規制がかかっている時間帯は、浅草通りからの左折のみでの入庫になります。

また、収容台数が197台しかありませんので、すぐにいっぱいになってしまいますので、3日目はご注意ください。

そのため、ほかに利用できる駐車場としては、浅草地区としては「国際通り」に面したコインパーキングがねらい目です。

しかし、これもし烈な争いがあると思います。

そこで、ご提案したいのが、「パーク&ライド」浅草駅の一つ前の駅の駐車場を利用する方法です。

実は、数年前までは近辺に大きな駐車場はなかったのですが、東京スカイツリーができて、ソラマチが出来た結果、大型の駐車場も完備されるようになりました。

その大型の駐車場は、「東京スカイツリータウンの地下駐車場&立体駐車場です」

〇東京スカイツリータウン地下駐車場
収容台数 645台
営業時間 7:30~22:00(出庫は23時まで)
最大料金 なし
30分   350円

〇東京スカイツリータウン立体駐車場
収容台数 273台
営業時間 7:30~22:00(出庫は23時まで)
最大料金 なし
30分   350円
※土・日・祝日は周辺道路の混雑緩和のため、7:30~10:00は閉鎖しています。

まとめ

三社祭は3日目が一番来場者数も多いので、かなり混雑が予想されます。
そのため、周辺の道路・浅草付近の駐車場も混雑すると思いますので、「パーク&ライド」をご検討されてもよいかと思います。

(三社祭の混雑情報はこちら)
子供と見たい!浅草三社祭の混雑は?おすすめの日程、時間ってあるの?

(浅草のお土産情報はこちら)
浅草のお土産でおすすめは?賞味期限は?食べ物以外のおすすめは?

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする