パパでもできる!簡単とうもろこしのおいしいゆで方と冷めてもしわしわにならない方法!!

corn-1624308_1920
6月が過ぎて夏の時期になってくるとスーパーでも生のとうもろこしが売られ始めますよね。

生のとうもろこし買ってきたんだけど、どうやって茹でたらよかったんだっけ?

水から茹でる?

沸騰したお湯から?

お塩っているんだっけ?

レンジじゃ調理できないのかな~?

できれば簡単に調理して、ふっくらと甘くて美味しいトウモロコシ食べたいって思いますよね。

今回は、パパでも簡単にできるとうろもろしのゆで方と冷めてもしわしわにならない保存方法をご紹介します。

スポンサードリンク

パパでもできる!簡単とうもろこしのおいしいゆで方

土日でお休みのお父さん。たまにはお子さんと一緒に、おやつにとうもろこしを茹でてみませんか?

お子さんだけだと、ゆで汁をこぼしてしまったり心配だと思うんですが、パパと一緒だったら大丈夫ですよね。

パパでもできる簡単クッキング!とうもろこしの簡単茹で方をご紹介します。

まずは、用意するものです。

こちらは、ぜひともママの全面協力のもと、ご準備をお願い致します。

(食材)
〇とうもろこし 2本
〇水      1リットル~2リットル
〇塩      スプーン2はい

(その他)
〇鍋      浅めの鍋で2本のとうもろこしが入るサイズ
〇ざる     茹でたとうもろこしを湯きりして、冷ますためです

続いて、茹で方です

1、とうもろこしの皮をむく

とうもろこしって、皮をむくと、むいたところから鮮度が落ちていくんです。

鮮度が落ちる=甘さが落ちる=味が落ちる

なので、スーパーにはこんな状態で売られていると思うんです。

買って来たら、とにかく、すべての皮をむいて、ひげも取ってしまってください。

この皮をむくのと、ひげをとるのはぜひともお子さんに任せて、やらせてあげると楽しんでやると思いますよ。

2、お鍋にとうもろこしを入れて、とうもろこしがひたひたになるぐらい水を入れてください

3、スプーンに2ハイの塩をとうもろこしが入っている鍋に入れてください。

2と3はパパとお子さんで協力してやればできると思いますよ。

4、鍋を火にかけて沸騰させてください。

5、沸騰したら5分ほど待ってください。

スポンサードリンク

6、5分たったら火をとめて、ざるを用意して、ゆで汁と一緒にとうもろこしをざるにあけてください。

7、湯気がなくなるまで、ざるの上で、とうもろこしを冷やしてくれれば完成です。

パパでもできる!簡単とうもろこしのおいしいゆで方(レンジ編)

ちゃんとママが(食材)と(その他-鍋など)を準備してあげても、子供と一緒に、とうもろこしの塩ゆでができなさそうでしたら、次は、こんな方法でチャレンジしてください。

それは、塩ゆでではなく、「レンジでチン」です。

それでは、パパでもできる簡単クッキング!とうもろこしの簡単茹で方(レンジ編)をご紹介します。

まずは、用意するものです。

こちらも、ぜひともママの全面協力のもと、ご準備をお願い致します。

(食材)
〇とうもろこし 2本

(その他)
〇電子レンジ
〇ラップ     皮をむいたとうもろこしをくるんで「チン」するためです。

続いて、レンジでチンするときの方法です

1、とうもろこしの皮をむく

ここは同じなので、ぜひお子さんに皮むきとひげとりをお願いしてください。

2、むいたとうもろこしをラップでくるむ

しっかりときつめにラップをまいてくださいね。

3、ラップでくるんだとうもろこしを電子レンジいれて5分チンする

4、5分たったらレンジから取り出し粗熱がとれれば完成です

意外にも、茹でるのとレンジでチンするのとほとんど味は変わりませんし、茹でたらとうもろこしの甘み成分が溶け出すってこともないです。

お子さんと料理するのに、レンジでチンするはちょっと寂しいかもしれないですね。

冷めてもトウモロコシをしわしわにしない方法

トウモロコシを茹でたり、レンジでチンしたあとに、あとで食べようと思って冷蔵庫で保存しておくと、冷えたトウモロコシがしわしわになっているってことになっているなんてことないですか。

これは、トウモロコシが冷めていく過程で、とうもろこしの水分が蒸発してしまっているからなんです。

実は、ある簡単な方法を使うだけで、塩ゆでした場合もレンジでチンした場合もトウモロコシが冷めてしまってもしわしわにならないです。

とっても簡単なんですが、それは、とうもろこしが暑いうちにとうもろこしをラップでギュッとくるんでしまうことなんです。

塩ゆでの時:ゆであがったら、暑いですけど、湯気が出ているうちに、とうもろこし1個ずつ、ラップでしっかりとくるむ

レンジでチンの時:レンジでチンする前に、とうもろこし1個ずつ、しっかりとラップでくるむ

粗熱が取れても、ラップをとらずに、そのまま冷蔵庫に保存してもらえれば、冷たいとうもろこしでもしわしわにならないです。

まとめ

「茹でとうもろこし」もパパでも簡単にできると思いますので、ぜひ、お子さんと一緒にチャレンジしてみてください。

【おさらいです】

(塩ゆでの場合)
1、とうもろこしの皮をむく&ひげをとる
2、お鍋にとうもろこしを入れる&鍋にとうもろこしがひたひたになるぐらいの水を入れる
3、スプーン2はいの塩をとうもろこしが入っている鍋に入れる
4、鍋を火にかけて沸騰させる
5、沸騰したら5分ほど待つ
6、5分たったら、鍋のお湯と一緒にとうもろこしをざるにあける⇒しわしわにしないためには、ざるにあけたタイミングで、1個ずつラップでしっかりとくるむ
7、粗熱がとれるまで(湯気がなくなるまで)冷ます

(レンジでチンの場合)
1、とうもろこしの皮をむく&ひげをとる
2、むいたとうもろこしを(1個ずつ)ラップでくるむ⇒冷めてもしわしわにしないために、この時点で、しっかりと1個ずつラップでしっかりとくるんでおいてください
3、ラップでくるんだとうもろこしを電子レンジいれて5分チンする
4、5分たったらレンジから取り出し粗熱がとれれば完成です⇒レンジでチンした状態のまま、粗熱がとれたら、冷蔵庫に入れれば冷めてもふっくらとうもろこしの完成です

(子供と一緒に作ったクリスマスケーキの作り方です。お誕生日ケーキとしても使えますよ)
クリスマスケーキを子供と手作り!パパでもできるレシピ、デコレーションを紹介!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする