東京で花見といえば隅田川!東京駅からの移動手段と近場のお弁当屋をご紹介!

   2017/03/23


sakura-1339106_640
最近の東京観光といえば、東京スカイツリーに行くのは外せないのでは?

東京スカイツリーの見学もしつつ、お花見も一緒に楽しめてしまうそんな場所の隅田公園。

東京駅から隅田公園までの交通手段、隅田公園近所のおすすめのお弁当屋さん、歩きながら食べられるお手頃下町スイーツをご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

東京の花見の名所といえばやっぱり隅田川!

ちょっと10年くらい前までだと東京観光といえば、芝大門の東京タワー(333m)だったんではないでしょうか。

今は、やはり、東京スカイツリー(634【ムサシ】m)は外せないですよね。

そんな東京スカイツリーの見物をしつつ、花見も一緒に楽しめてしまう隅田川のほとりのお花見スポットの隅田公園でのお花見などは如何でしょうか。

隅田公園には、隅田川の両岸を挟んで、およそ1キロメートルの間で640本の桜の木が植えられています。

隅田川のリバーサイドには、遊歩道がありまして、川の側を歩きながら、ちょっと見上げるとお花見を楽しむことにできるようになっています。

ベンチもところどころ用意されているので、ちょっと休憩しながらでもいいですし、ぶらぶらと歩きながらのお花見も楽しめますよ。

レジャーシートを持参すれば、のんびりとお花見も楽しめますよね。
でも、わざわざレジャーシートもっていくのは面倒ですよね。

そんな方でも大丈夫!!!レジャーシートは、現地の100円ショップで調達できますので、後ほど、お弁当、お花見しながら楽しめるおすすめスイーツとご一緒に近くの100円ショップもご紹介致します。

スポンサードリンク

隅田川まで電車でどうやって移動すればいい?

隅田公園のある隅田川まで、東京駅からどうやって移動すればいいのか?いくつかの行き方はあるのですが、東京下町の墨田区生まれの私が、ベストな移動手段をご紹介いたします。

電車の乗り換えが何度もあるとわかりづらくないですか?

それなので、今回、ご紹介する交通手段は、東京駅を降りてからは、利用する電車は1つだけ!東京駅から乗り換えは1回だけです!

乗り換えは1回だけだけど、それって、隅田公園までの行き方が面倒だったり、遠回りだったりするんじゃないの?って思うかもしれませんが、むしろ移動時間は私が紹介する方法の方が短いです。

しかも、東京に土地勘がない方でも、次の3つのポイントを押さえて頂ければ、隅田公園の最寄り駅の浅草駅、浅草駅から隅田公園まで簡単にたどり着くことができますよ。

ポイント1:まずは、東京メトロ銀座線「日本橋駅」を目指しましょう!

まず、新幹線や在来線で東京駅までお越しの方は、八重洲北口の改札に向かってください。

(こちらが八重洲北口改札です)
IMG_8546
大丸デパートがあるのが、八重洲北口の改札ですので、ひとまず大丸デパートまで到着できれば大丈夫です。八重洲北口の改札が見つからなくても、八重洲中央口・八重洲南口の改札までわかれば、そこから出て頂いても大丸デパートまで到着できますので、同じく大丸デパートを目指してください。

(八重洲北口改札を出て、まっすぐ行くと大丸「DAIMARU」が見えてきます)
IMG_8553

(大丸にぶつかったら、ちょっと右に行くと、こんな風景がみえると思いますよ)
IMG_8554

(大丸をぬけていくとこんな風景が見えてきます。これが、「外堀通り」です)
IMG_8556

(ちょっと左手に目をやると信号がみえますよ)
IMG_8557

(この「外堀通り」の信号をわたって、ちょっと右に目をやると、この看板がみえると思いますので)
IMG_8558

東京駅(大丸デパート)を背にしながら、ビルの間を抜けてまっすぐ200mぐらい進んでいくと、先ほどおなじぐらいの大きな通り「中央通り」にぶつかります。

(中央通りにぶつかって、左を向くとこんな風景が見えるんじゃないでしょうか)
IMG_8564

左手に100mぐらい進んで頂きますと地下鉄の降り口が見つかると思います。

(MARUZEN【丸善】の看板のところが地下鉄の降り口です)
IMG_8565

地下に降りたところが、「東京メトロ銀座線 日本橋駅」です。
(東京駅から地下鉄の日本橋駅までの地図です)

⇒東京駅から日本橋駅までの移動については、こちらのgoogle mapも参考のなさってください。

ポイント2:次に目指すは、東京メトロ銀座線「浅草駅」!

日本橋(にほんばし)駅には、地下鉄東京メトロの「東西線」と「銀座線」がありますので、必ず、「銀座線」を目指してください。

「東京メトロ銀座線日本橋駅」までつきましたら、「浅草方面」の地下鉄に乗ってください。
「日本橋駅」から終点の「浅草駅」までは10分ぐらいです。

銀座線は短い6両編成なので、どこに乗っても、たいして歩かないのですが、浅草駅は進行方向一番前の改札から出た方がよいので、進行方向一番前に乗るようにした方がわかりやすいと思います。

ポイント3:最後は、「浅草駅」から「隅田公園」!

「浅草駅」についたら、7番出口を目指してください。

改札を出ましたら、7番出口に向かう途中で、後ほどご紹介します駅ビル「エキミセ」地下1Fのお惣菜・お弁当が売っているデパ地下に直結していますので、ふらっと寄ってみるとよいと思いますよ。

ここまでたどり着いてしまえば、あとは、地上に出るとすぐに東京スカイツリーが見えますので、東京スカイツリーが見える方向に通りを渡って頂いて歩いて頂ければ、「隅田公園」に到着です。
(浅草駅から隅田公園までの地図です)

花見のお供のお弁当!ここで買うのはどうですか?

お花見をしながらお弁当を食べるなんてのはどうでしょうか。コンビニ弁当では味気ないですし、東京駅で駅弁を調達してからの移動では、ちょっと大変だと思います。

やっぱり近くでおいしいお弁当が食べたいですよね。
そんな方はやはり、浅草駅直結の駅ビル「エキミセ」の地下1階にある松屋デパートが運営しているデパ地下でお惣菜・お弁当を調達してみてはいかがでしょうか。

東京メトロ銀座線の浅草駅の改札を出てから、ちょっと歩けば、すぐにデパ地下直結になっていますし、隅田公園に向かうまでの通り道なので、ぷらっと寄ってからお花見に迎えます。

この「エキミセ」1Fにあがって頂くと、東京下町のスイーツの販売も含めた和菓子・洋菓子のコーナーがあります。

お花見しながら、歩きながら楽しめる下町おススメスイーツの満願堂の「芋きん」1個130円です。アツアツの芋きんを食べながら、お花見なんていかがでしょうか。
のんびりとお花見を楽しみたい方は、レジャーシートがあるといいですよね。わざわざ家から持ってくるんではかさばるし、面倒だという方は、同じく「エキミセ」7Fに100円ショップのセリアがあります。ここで、レジャーシートも調達してから隅田公園に向かわれてはいかがでしょうか。
(エキミセのフロアガイドはこちら)
http://ekimise.jp/floor

まとめ

東京駅から隅田公園のある「浅草駅」まで行くのって意外と大変かもって思われているかもしれませんが、実は、東京駅からちょっと歩い頂くだけで簡単にいくことができるんです。

今は、花見の名所、かつ、東京スカイツリーのビュースポットしても有名な「隅田公園」。私のご紹介した方法でしたら、東京駅からの徒歩も含めて30分以内で到着できると思いますので、よかったら、今回のお花見は、「隅田公園」なんて選択肢はどうでしょうか。

(スカイツリーと一緒にきれいな夜桜写真なんていうのはどうですか?)
スマホで夜桜写真をきれいに撮るコツ、スマホ設定、無料アプリを紹介!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。